DRBD参考情報①DRBDのStandAlone状態

DRBD参考情報①DRBDのStandAlone状態

「DRBD」についての「StandAlone状態」に関する参考情報を紹介します。

■「StandAlone状態」とは

「StandAlone」とは、DRBDノードのステータスを表します。

DRBDノード間でネットワーク分断が発生すると、マスタノードが複数存在してしまう「スプリットブレイン」という状態になります。

DRBDがスプリットブレインを検出すると、ノードのステータスを「StandAlone」に変更して、データを保護するための安全装置として機能します。

ファイルシステムとしては動作可能ですが、DRBDシステムからは切り離されているような状態です。

■スプリットブレインの実験

概要

スプリットブレインを発生させる実験についてまとめられています。

スプリットブレインを解消する手順についても解説されています。

解説テーマ

・スプリットブレインについて
・スプリットブレインの実験
・スプリットブレインの解消
・両ノードにデータを書き込む

ページリンク

→Qiita →DRBD 8.4 インストールから必要な操作まで

■DRBDユーザーズガイド

概要

障害が発生した場合の「StandAlone」状態からの復旧手順について解説されています。

解説テーマ

7.1. ハードドライブの障害の場合
7.1.1. 手動でDRBDをハードドライブから切り離す
7.1.2. I/Oエラー時の自動切り離し
7.1.3. 障害が発生したディスクの交換(内部メタデータを使用している場合)
7.1.4. 障害の発生したディスクの交換(外部メタデータを使用している場合)
7.2. ノード障害に対処する
7.2.1. 一時的なセカンダリノードの障害に対処する
7.2.2. 一時的なプライマリノードの障害に対処する
7.2.3. 永続的なノード障害に対処する
7.3. スプリットブレインからの手動回復

ページリンク

→DRBDユーザーズガイド →第7章 トラブルシューティングとエラーからの回復

DRBD最新TOPICS

【講演資料を公開】9/28『OSS+SBクラウドを活用し、重要業務システムをバックアップ ~「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」をアクシデントから 守る方法』(2017年11月07日 15:00)

2017年09月28日(木)18:00~20:30 ソフトバンク株式会社 セミナールーム にて『OSS+SBクラウドを活用し、重要業務システムをバックアップ ~「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」をアクシデントから守る方法』と題したセミナーが開催されました。 当日は、皆さまお忙しい中ご来場くださいましてありがとうございました。お陰様で盛況の内に終了することができました。 ...

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

大きな改修やリスクなしでAWSのランニングコストを削減する方法 〜ビジネスイノベーションのためのAWSコスト最適化〜

サイバー攻撃の主要な標的となった中小企業 ~顧客企業が望むセキュリティ/データ保護サービスを実現する最適解~

ITシステムの異常予兆が察知できない、24時間365日対応するリソースがない 〜AIOpsを取り入れたサーバー運用自動化〜

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter