「Cygwin」のユーティリティとして、Cygwin環境のUNIXエミュレーション部分を管理するために使用される多数のコマンドラインユーティリティを紹介します。

「Cygwin」のユーティリティ

「Cygwin」のユーティリティとして、Cygwin環境のUNIXエミュレーション部分を管理するために使用される多数のコマンドラインユーティリティを紹介します。

「Cygwin」のユーティリティ

■概要

Cygwinには、Cygwin環境のUNIXエミュレーション部分を管理するために使用される多数のコマンドラインユーティリティが付属しています。

これらの多くはUNIXの対応物を反映していますが、それぞれCygwin専用に書かれています。

■ファイル属性設定「chattr」

chattrによりファイル属性を設定できます。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →chattr

■診断ユーティリティ「cygcheck」

cygcheckは、Cygwinプログラム用診断ユーティリティです。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →cygcheck

■ファイル名変換ユーティリティ「cygpath」

cygpathは「CygwinのPOSIXスタイルのパス名」と「Windowsのネイティブファイル名」を変換するユーティリティです。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →cygpath

■ダンパーユーティリティ「dumper」

dumperにより、実行しているWindowsプロセスのコアダンプを作成できます。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →dumper

■コンフィグ設定値取得「getconf」

getconfは指定されたコンフィギュレーション変数の値を出力します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →getconf

■アクセス制御リスト表示「getfacl」

getfaclは、ファイルおよびディレクトリのアクセス制御リスト(ACL)を表示します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →getfacl

■プロセスへシグナル送信「kill」

killプログラムにより他のCygwinプログラムに任意の信号を送信できます。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →kill

■共有ライブラリ依存関係表示「ldd」

lddは、実行可能ファイルまたはDLLの実行時にロードされた共有ライブラリ(DLL)の依存関係を表示します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →ldd

■ロケール環境設定情報取得「locale」

localeは、現在のロケール環境設定に関する情報を出力します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →locale

■ファイル属性一覧表示「lsattr」

lsattrはファイル属性を一覧表示します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →lsattr

■Windowsプロセスのミニダンプ作成「minidumper」

minidumperは、ユーティリティを実行しているWindowsプロセスのミニダンプを作成します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →minidumper

■ローカルグループ設定「mkgroup」

mkgroupのデフォルト動作としては、ローカルマシンとドメインのローカルグループを出力します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →mkgroup

■アカウント設定「mkpasswd」

mkpasswdによりアカウント設定できます。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →mkpasswd

■ファイルマウント「mount」

mountはファイルシステムをマウントします。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →mount

■パスワード設定「passwd」

passwdはユーザーアカウントのパスワードを変更します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →passwd

■ロード済み共有ライブラリ出力「pldd」

plddは、プロセスによってロードされた共有ライブラリ(DLL)を指定されたPIDで出力します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →pldd

■プロセス状態出力「ps」

PSは、システム上で実行されているすべてのCygwinプロセスの状態を示します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →ps

■Windowsレジストリ操作「regtool」

regtoolは、シェルスクリプトにアクセスし、Windowsレジストリを変更できます。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →regtool

■アクセス制御リスト変更「setfacl」

setfaclは、ファイルおよびディレクトリのアクセス制御リスト(ACL)を変更します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →setfacl

■メタキーコード設定「setmetamode」

setmetamodeは、メタ(Alt)キーによって送信されるキーコードを決定して設定するために使用できます。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →setmetamode

■ASMプログラム実行「ssp」

sspは、Win32デバッグAPIを使用して、1度に1つのASM命令でプログラムを実行するプログラムです。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →ssp

■システムコールトレース「strace」

straceは、システムコールおよびシグナルのトレースを実行できます。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →strace

■Windowsタイムゾーン取得「tzset」

tzsetは、Windowsから現在のタイムゾーンを読み取り、その情報からTZ環境変数のPOSIX互換のタイムゾーン情報を生成します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →tzset

■ファイルシステムマウント解除「umount」

umountは、現在のセッションでマウントテーブルからマウントを削除します。

→Cygwin →Cygwin User's Guide →Cygwin Utilities →umount

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Cygwin最新TOPICS

最新情報はありません。

Cygwin最新CLOSEUPコラム

イベント情報

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter