「C#」の統合開発環境「Visual Studio」として、「ビジュアルプログラミング」、「開発生産性」、Mac版「Visual Studio for Mac」について紹介します。

「C#」の統合開発環境「Visual Studio」

「C#」の統合開発環境「Visual Studio」として、「ビジュアルプログラミング」、「開発生産性」、Mac版「Visual Studio for Mac」について紹介します。

■関連する比較ページ

「C#」の統合開発環境「Visual Studio」

Microsoftは、C#と共に、統合開発環境「Visual Studio」を提供しています。

一般的に、C#はVisual Studioと共にインストールされるため、Visual Studioで開発するパターンがメインとなります。

日本語化されており、手間のかかる環境構築作業(パス設定など)も不要であるため、初心者にとって導入しやすい環境になっています。

■ビジュアルプログラミング

Visual Studioでは、ビジュアルプログラミングが可能です。

フォームに、ボタン/テキストボックスなどのコントロール部品をドラッグアンドドロップで配置することで、簡単にフォームアプリケーションを作成できます。

■開発生産性

Visual Studioには、高度で強力な「入力候補機能」「自動補完機能」などが備わっているため、メソッド名などを覚えていなくても入力候補から選択して使用できます。

C#と密接に連携している豊富なサポート機能により、開発生産性を向上できます。

■Mac版「Visual Studio for Mac」

Mac用の「Visual Studio for Mac」も提供されています。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

C#最新TOPICS

【IDE+OSS解説】「Visual Studio 15」と「C# 7」---IDEにおける機能改善点、C# 7で導入される予定のパターンマッチ/タプル(2016年09月04日 16:03)

Visual Studioの新バージョン「Visual Studio 15(Preview 4)」が8月22日にリリースされた。 「Visual Studio 15」と「C# 7」について解説。 【C#とは】 http://www.ossnews.jp/oss_info/C_sharp 【解説ポイント】 ・新しいインストーラーでのインストール ・IDEにおける機能改善点 ・C...

C#最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter