「C#」のユースケースとして「Windowsアプリケーション開発」「Webアプリケーション開発」「クロスプラットフォーム開発」「ゲーム開発」について紹介します。

「C#」のユースケース

「C#」のユースケースとして「Windowsアプリケーション開発」「Webアプリケーション開発」「クロスプラットフォーム開発」「ゲーム開発」について紹介します。

■関連する比較ページ

「C#」のユースケース

C#は、主にビジネスアプリケーション開発用途として広く利用されています。

さまざまなプラットフォーム向けアプリケーションを開発できることから、C#を習得するだけでさまざまなアプリケーション開発を行えます。

■Windowsアプリケーション開発

C#はMicrosoftが開発しているプログラミング言語であるため、特にWindows向けアプリケーション開発に対する親和性があります。

■Webアプリケーション開発

Webアプリケーションフレームワーク「ASP.NET」を利用することで、Webアプリケーション開発も行えます。

■クロスプラットフォーム開発

クロスプラットフォームアプリ開発環境「Xamarin」を利用することで、クロスプラットフォームアプリケーションを開発できます。

1つのコードから、「Windows用アプリ」「Mac OS用アプリ」「iPhone(iOS)アプリ」「Androidアプリ」などを開発できます。

→OSS×Cloud News →オープンソースのフレームワーク/Xamarinとは

■ゲーム開発

ゲームエンジン「Unity」を利用すると、C#で、さまざまなゲームプラットフォームに対応する本格的なゲーム開発も行えます。

C#最新TOPICS

【IDE+OSS解説】「Visual Studio 15」と「C# 7」---IDEにおける機能改善点、C# 7で導入される予定のパターンマッチ/タプル(2016年09月04日 16:03)

Visual Studioの新バージョン「Visual Studio 15(Preview 4)」が8月22日にリリースされた。 「Visual Studio 15」と「C# 7」について解説。 【C#とは】 http://www.ossnews.jp/oss_info/C_sharp 【解説ポイント】 ・新しいインストーラーでのインストール ・IDEにおける機能改善点 ・C...

C#最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter