「Bacula」のコンポーネント(サービス)として、統合管理ノード「Bacula Director」、インターフェース「Bacula Console」、クライアント用ファイル管理デーモン「Bacula File」、ストレージ管理デーモン「Bacula Storage」、カタログサービス、監視サービス「Bacula Monitor」について紹介します。

「Bacula」のコンポーネント(サービス)

「Bacula」のコンポーネント(サービス)として、統合管理ノード「Bacula Director」、インターフェース「Bacula Console」、クライアント用ファイル管理デーモン「Bacula File」、ストレージ管理デーモン「Bacula Storage」、カタログサービス、監視サービス「Bacula Monitor」について紹介します。

「Bacula」のコンポーネント(サービス)

Baculaは以下の主要なコンポーネント(サービス)で構成されています。

■統合管理ノード「Bacula Director」

「Bacula Director」は、Baculaのメインのサーバデーモンで、統合管理ノードとしてBaculaのすべての操作をスケジュールし指示します。

「Bacula Directorサービス」は、すべての「バックアップ」「リカバリ」「検証」「照合」「アーカイブ」などの操作を管理します。システム管理者がバックアップ処理をスケジュールすることで「Bacula Director」が実行します。

■インターフェース「Bacula Console」

「Bacula Console」は、システム管理者やオペレーターに「Bacula Directorとのインターフェース機能」を提供します。

以下の3種類のインターフェースが用意されています。

テキストベースコンソール

「テキストベースコンソール」は最もシンプルで、シェルウィンドウ(TTYインターフェース)で実行します。

さまざまなコマンドでBaculaを操作できます。

QTベースGUI

「QTベースGUI」は「GNOME GUIインターフェース」で、テキストベースコンソールのほとんどの機能を備えています。

wxWidgetsベースGUI

「wxWidgetsベースGUI」もテキストベースコンソールのほとんどの機能を備えています。

さらに「対話型ファイル復元機能」「表形式でのコマンド補完機能」「入力しているコマンドに関するヘルプ表示機能」などを備えています。

■クライアント用ファイル管理デーモン「Bacula File」

「Bacula File」は、バックアップ対象のクライアントコンピュータにインストールされて実行されるデーモンです。「ファイルサービス」「クライアントサービス」「クライアントプログラム」「エージェント」などとも呼ばれます。

「Bacula File」は、「Bacula Director」からの要求に応じて「ファイルの属性やデータを送信」するなどの各種操作を実行します。

ファイルデーモンは、バックアップ操作やリカバリ操作中にファイルの属性とデータを復元する必要があるため、「Bacula File」が実行されているオペレーティングシステム固有のファイルシステムに依存する部分も担当します。そのため「UNIX/Linux用ファイルデーモン」や「Windowsファイルデーモン」など、クライアントのオペレーティングシステム別に用意されています。

■ストレージ管理デーモン「Bacula Storage」

「Bacula Storage」は、ストレージデーモン(サービス)として、物理的なメディアまたはボリュームに対してファイル属性およびデータの「保存機能」や「リストア機能」を提供します。

「Bacula Storage」は、テープドライブなどのバックアップストレージデバイスが接続されているマシン上でデーモンとして動作し、ストレージデバイスに対する読み書き処理を担当します。

■カタログサービス

カタログサービスは、バックアップ処理に関連する各種情報をカタログとしてデータベース管理する機能を提供します。

カタログは、バックアップに関連するデータとして「クライアント情報」「ファイルボリューム」「ボリュームレコード」「ファイル情報」「ファイルインデックス」「バックアップジョブ」などを管理します。

このカタログサービス機能によって、システム管理者またはユーザーは「リストア対象ファイルを迅速に発見して復元できる」など、効率的なボリューム管理やリストア処理が可能です。また、カタログに保存された情報により「実行されたジョブ」「ジョブステータス」「バックアップされた各ファイルの重要な特性」などを把握できます。

Baculaは、カタログサービス用データベースとして「MySQL」「PostgreSQL」「SQLite」の3種類のデータベースをサポートしており、Bacula環境構築時にこれらからどれか1つを選択できます。

■監視サービス「Bacula Monitor」

「Bacula Monitor」により、システム管理者やユーザーは、「Bacula Director」「Bacula File」「Bacula Storage」などの現在の状態を監視できます。

「Bacula Monitor」は、「GNOME」「KDE」「FreeDesktop.org」規格をサポートする任意のウィンドウマネージャで動作します。

Bacula最新TOPICS

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、オープンソース導入ソリューションサービスを強化(2015年07月21日 19:00)

「 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:川口 浩幸)、は、マルチプラットフォーム対応のバックアップ製品「Bacula Enterprise Edition(バキュラ エンタープライズ エディション)」(開発元:スイス Bacula Systems(TM) SA.)の取り扱いを2015年7月6日に開始し、OSS(オープンソース・ソフトウェア)導入ソリュ...

Bacula最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

Function-As-AServiceプラットフォーム、主要プロバイダ9社とその状況

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

「今こそコロナ第2波への対策を!テレワークでの社内問い合わせ管理負荷から解放されませんか」 ~即日導入可能!ITIL準拠社内ヘルプデスクの活用方法~

稼働中のシステム変更時の課題と対策~影響調査が大変、ちょっとしたミスが不具合につながる~

「一人情シス」を助けるAWSのはじめ方(移行・セキュリティ・運用編)

  • Baculaサイド(Bacula)@サードウェア
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter