「​Skyve」の主な機能として、「ロールベース認証管理機能」「ジオメトリ管理機能」「バックグラウンドジョブ機能」「バルク通信機能」「インポート/エクスポート機能」について紹介。

「​Skyve」の主な機能

「​Skyve」の主な機能として、「ロールベース認証管理機能」「ジオメトリ管理機能」「バックグラウンドジョブ機能」「バルク通信機能」「インポート/エクスポート機能」について紹介。

Skyveはさまざまなオープンソーステクノロジーを組み込み統合することで、「持続性管理」「リッチUI」「セキュリティ機能」「ナビゲーション機能」「レポート機能」「ジョブ機能」「コンテンツ管理」「ジオメトリ管理」「モバイル統合」などのエンタープライズアプリケーション開発機能を提供します。

ロールベース認証管理機能

Skyveにはユーザーおよびロールベースの認証管理が含まれているため、ユーザー管理に関する基本的機能を簡単に実装できます。

ジオメトリ管理機能

Skyveは組み込みデータ型としてジオメトリをサポートしています。

空間およびマッピング機能により場所と境界を保存し、空間検索条件として利用できます。

バックグラウンドジョブ機能

Skyveにはバックグラウンドジョブ機能が組み込まれているため「長時間実行タスク管理」や「独自バルクプロセス自動化」を実施できます。

バルク通信機能

Skyveには通信機能が組み込まれています。

「クライアント通知用バルクメール作成」「アプリケーション自動通知」「データからレポート作成」などを実施できます。

インポート/エクスポート機能

Skyveは強力なデータインポート/エクスポート機能を備えています。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

​Skyve最新TOPICS

最新情報はありません。

​Skyve最新CLOSEUPコラム

イベント情報

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter