「iPLAss」はローコード開発プラットフォームとして、コーディング量を最小限に抑えた迅速なアプリケーション開発を実現します。エンタープライズクラスのシステム開発における生産性向上を主目的として「ノンプラグラミング」または「Java(Groovy)プログラミングベース」で迅速な開発を実施できます。

オープンソースのフレームワーク/​​iPLAssとは

「iPLAss」はローコード開発プラットフォームとして、コーディング量を最小限に抑えた迅速なアプリケーション開発を実現します。エンタープライズクラスのシステム開発における生産性向上を主目的として「ノンプラグラミング」または「Java(Groovy)プログラミングベース」で迅速な開発を実施できます。

概要

「iPLAss」はローコード開発プラットフォームとして、コーディング量を最小限に抑えた迅速なアプリケーション開発を実現します。

エンタープライズクラスのシステム開発における生産性向上を主目的として「ノンプラグラミング」または「Java(Groovy)プログラミングベース」で迅速な開発を実施できます。

基本説明

ローコード開発環境「​​iPLAss」を利用すると、少ないコーディング量で「カスタムWebアプリケーション」や「モバイルアプリケーション」を迅速に構築して展開できます。

「ノンコーディング開発」と「コーディングベース開発」のマルチレイヤでの開発をサポートします。

MVCパターンベースの開発フレームワーク上にノンプログラミングでの開発を可能とする機能を提供し、高い生産性とカスタマイズ性を両立させます。

ユースケース

■アジャイル開発プラットフォーム

​​iPLAssをアジャイル開発プラットフォームとして利用することで、短期間開発プロジェクトにおいて、初期リリース後の継続的機能拡張および迅速リリースにも柔軟に対応できます。

■スマホアプリBaaS

エンタープライズクラスのスマホアプリ用BaaS(Backend as a Service)としてWebAPI開発を実施できます。

プロダクト構成

「iPLAss」は、オープンソース無償版「​​iPLAss」と有償版「iPLAss Enterprise Edition」の2つのエディションを提供しています。

→​​iPLAss →iPLAss Enterprise Edition

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→iplass.org

■主要開発元

​​iPLAssは、株式会社 電通国際情報サービスが中心となり開発が進められています。

→isid.co.jp

■ライセンス情報

​​iPLAssのライセンスは「GNU Affero General Public License v3.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →ISID / iPLA →LICENSE

■動作環境

→​​iPLAss →製品仕様

■ダウンロード

「インストーラ」や「Dockerイメージ」が提供されています。

→​​iPLAss →DOWNLOADS

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「​Skyve」など。

​​iPLAss最新TOPICS

最新情報はありません。

​​iPLAss最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter