ざっくりわかる「TensorFlow」---第4回 TensorFlowでのPythonプログラミング | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

ざっくりわかる「TensorFlow」---第4回 TensorFlowでのPythonプログラミング

ざっくりわかる「TensorFlow」シリーズ。第4回は『TensorFlowでのPythonプログラミング』です。TensorFlowでのPythonプログラミングについて、「Hello World」「四則演算」「コード解説」「Ruby on Railsとの連携」など、ざっくりと紹介します。

[2016年12月25日 ]

ざっくりわかる「TensorFlow」シリーズ。
→目次ページ
第4回は『TensorFlowでのPythonプログラミング』です。

TensorFlowでのPythonプログラミングについて、「Hello World」「四則演算」「コード解説」「Ruby on Railsとの連携」など、ざっくりと紹介します。

TensorFlowで「Hello World」

概要

TensorFlowで行うプログラミングの第一歩「Hello World」についての解説です。

解説テーマ

・セットアップ & Hello world
・hello world の解説
 →TensorFlowにおける計算処理
 →Hello worldはどのように実行されているか

ページリンク

→Developers.IO『TensorFlowで Hello Worldを動かしてみた&その解説』

TensorFlow「四則演算」 カンタンなPythonプログラム

概要

カンタンなPythonプログラム
 1: x = 1
 2: y = x + 2
 3: print(y)
を、TensorFlow風に書き直して、詳しく解説しています。

解説テーマ

・TensorFlowのインストール(MacOS編)
・カンタンなPythonプログラムの作成
・TensorFlowでカンタンなPythonプログラムを書き直す

ページリンク

→Qiita『知識ゼロからTensorFlowを使った機械学習で人工知能を作るー入門編1』

TensorFlow「数学関数まとめ」(1) 基礎関数

概要

TensorFlowで主に使う基本的な数学関連関数がまとめられています。
使用例としてサンプルコードも掲載されており、リファレンスとして活用できます。

解説テーマ

・Arithmetic Operators(四則演算)
・Basic Math Functions(基礎的な数学関数)
・使用例(サンプルコード)

ページリンク

→Qiita『TensorFlow入門 - 四則演算と基礎的な数学関数まとめ』

TensorFlow「数学関数まとめ」(2) 応用関数

概要

「行列計算」「複素数計算」「論理積」「セグメント平均計算」などの応用関数がまとめられています。
サンプルコードも併記されています。

解説テーマ

1. 四則演算
2. 基本的な数学関数
3. 行列演算関数
4. 複素数関数
5. テンソルの縮約
6. セグメント
7. シーケンスの比較とインデックス

ページリンク

→みらいテックラボ『TensorFlow はじめの一歩(3)』

TensorFlowコード解説「MNISTチュートリアル」

概要

TensorFlowに付属しているチュートリアル「MNIST」のコードについて解説しています。

ページリンク

→Qiita『tensorflowの初心者向けMNISTチュートリアルをやってみた。』

TensorFlowコード解説 3サンプル

概要

「行列掛け算」「ゆるゆり制作会社識別」「タイタニック号生存者予測」などのコードが解説されています。
サンプルコードも併記されています。

解説テーマ

・TensorFlowを使った開発
・TensorFlowって誰のためのツール? イベントを通じて思ったこと

ページリンク

→CodeZine『Google発の深層学習フレームワーク「TensorFlow」が一般エンジニアに与える可能性』

機械学習のための「Python」+「Ruby on Rails」連携

概要

「RailsアプリケーションからPythonスクリプトをそのまま実行」する2つの方法を紹介。

解説テーマ

・基本的な考え方
・Railsアプリケーションのrakeタスクでpythonのスクリプトを実行する
・Railsで取得したデータを使って、協調フィルタリングのスクリプトを実行してみる

ページリンク

→Qiita『Ruby on Railsから、Pythonの機械学習のスクリプトを実行して、人工知能を作る方法』

ざっくりわかる「TensorFlow」シリーズ。
→目次ページ

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。
インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。
2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。
2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。
オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。
2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【PICKUP】「GAME CREATORS CONFERENCE’17」レポート---『FF15』の仲間達を動かす「人間らしい」AI開発への挑戦(2017年02月23日 20:03)

2月18日に、ゲーム開発者向けイベント「GAME CREATORS CONFERENCE’17」が開催された。 その中から、 「FINAL FANTASY XVが開拓するAIキャラクターによるRPGストーリーテリング」についてレポート。 【テーマ】 ・プレイヤーの体験を深くする物語の語り方 ・複数のAIが連携して状況を判断 ・“心地よい仲間との冒険"という無二の体験を得るために ...

最新CLOSEUPコラム

関連オープンソース

MXNet(エムエックスネット)

  • AI・人工知能

MXNet(エムエックスネット)とは、「効率」と「柔軟性」を両立したディープラーニングフレームワークです。AWSが公式サポートを表明したことで大きな注目を集めています。

Theano(テアノ)

  • AI・人工知能

Theano(テアノ)とは、Python用数値計算ライブラリです。多次元配列を効率的に使用する数式について定義/最適化/評価でき、ディープラーニング計算処理によく利用されます。

DSSTNE(デスティニー)

  • AI・人工知能

DSSTNE(デスティニー)。ディープラーニングライブラリです。Amazonがオープンソース公開したもので、スパース(疎)データに強いという特徴があります。

Caffe(カフェ)

  • AI・人工知能

Caffe(カフェ)。オープンソースのディープラーニングライブラリです。画像認識に特化しており、高速処理が可能です。

Chainer(チェイナー)

  • AI・人工知能

Chainer(チェイナー)。日本製の深層学習フレームワークです。ニューラルネットワークをPythonで柔軟に記述し、学習させることができます。

TensorFlow(テンソルフロー)

  • AI・人工知能

TensorFlow(テンソルフロー)。Googleの機械学習/ディープラーニング/多層ニューラルネットワークライブラリです。データフローグラフを使用したライブラリで、複雑なネットワークを分かりやすく記述できます。

Microsoft Cognitive Toolkit(マイクロソフトコグニティブツールキット)

  • AI・人工知能

Microsoft Cognitive Toolkit(マイクロソフトコグニティブツールキット)。AI技術を利用したディープラーニング(深層学習)ツールキットです。旧称「CNTK」から改名されました。

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

facebook

twitter