ざっくりわかる「機械学習」---第3回 機械学習事例紹介~機械学習で何ができる? | 第一線で活躍するオープンソースエキスパートが綴るスペシャルコラム。

ざっくりわかる「機械学習」---第3回 機械学習事例紹介~機械学習で何ができる?

ざっくりわかる「機械学習」シリーズ。第3回は『機械学習事例紹介~機械学習で何ができる?』です。

[2016年12月21日 ]

ざっくりわかる「機械学習」シリーズ。
→目次ページ

第3回は『機械学習事例紹介~機械学習で何ができる?』です。

「機械学習はどのようなことができて、どのような部分に応用されているのか?」について、事例を紹介します。

機械学習は、さまざまな領域/用途で活用が開始されています。その中から、ごくごく一部について紹介します。

「金融」分野

金融業界では「重要データ特定」「ハイリスク顧客特定」「不正防止」などに利用されています。

クレジットカード不正検知

顧客のクレジットカード取引履歴をチェックして、対象顧客が行った取引なのかを推定します。不正利用発生の検出に利用します。

株式取引

トレーダー/アナリスト向けに、株式のリアルタイム情報から、対象株式について買い付け/現状維持/売却などのサジェストを行います。

人に対するサジェストを行うだけではなく、人工知能がトレーダーとして株式の売買を行い、利益を上げている例もあります。

汚職兆候検知

メール内容/社内での行動/ミーティングでの行動を分析して、「汚職/不正をしそうな人」を検出します。業務上横領/賄賂授受/インサイダー情報漏洩などのリスクを事前に察知します。

「製造」分野

機器故障事前予知

各機器にセンサーを取り付け、稼働状況データを蓄積していきます。過去の状況と比較し、異変を察知します。機器が故障してしまう前に部品交換などを行えます。

「医療」分野

医療診断

ウェアラブルセンサーなどで、患者の健康状態をリアルタイムで把握し、診断/治療へのサジェストを行います。患者の症状/医療データベース/医学論文などから、可能性が高い疾病名を提示します。

医師をサポートする存在として、大きく期待されています。

Watsonが人命を救った事例

ある患者の遺伝子情報をAI「Watson」に入力したところ、10分程度で、特殊で難しいタイプの白血病であるという分析結果を出し、患者の回復に大きく役立ちました。

「マーケティング」分野

商品レコメンデーション

顧客の購入履歴から顧客に興味がありそうな品目を予測し、購入を促すように「おすすめ」として提示します。ショッピングサイトでは、すでにおなじみの機能になっています。

顧客セグメンテーション

無料お試し期間中に、ユーザが行った行動パターンから「有料サービス」に移行しそうなユーザを抽出します。対象のユーザに対して早期に移行するようにアプローチを行えます。

「ユーザコミュニケーション」「その他」分野

数字認識

ハガキ/封筒に書いてある郵便番号識別などで利用されています。人によって書き方が異なるさまざまな数字を正確に判別できるように訓練されています。

形状検出

タッチペンなどで書いた文字認識などに使われています。人が書いたラフな絵が何かを当てるアプリケーションも出てきています。

会話理解

ユーザの発言を聞き取り、分析/応答する機能です。スマートフォンの「OK,Google」「Hey Siri」や、銀行受付などでの実用化が始まっています。

顔検出

デジタルカメラでの顔認識機能や、大量の写真データの中から対象の人物が写っている写真を抽出する機能などに使用されています。

スパム検知

受信したメールがスパムメールなのか否かを判別します。個人ごとにスパムに対するカスタマイズも行われるようになっています。

音声個人認証

カナダの銀行で「人の声門」で生体認証を行うことも始まっています。電話などで声だけで個人認証を行えるため、認証手続きの簡素化につながるものとして注目されています。

ざっくりわかる「機械学習」シリーズ。
→目次ページ

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。
インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。
2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。
2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。
オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。
2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【OSS】Google、ディープラーニング研究促進サポートライブラリ「Tensor2Tensor」リリース---主要要素をモジュール的に入れ替えできる、「最初から再訓練しなおし」が不要に(2017年06月22日 11:03)

Googleは、オープンソースのライブラリ「Tensor2Tensor」をリリースした。 【「Tensor2Tensor」とは】 ・オープンソース(Apache License 2.0) ・ディープラーニングシステムの主要要素(モデルなど)について再現/入れ替えをサポート ・それぞれ個々にモジュール的に入れ替えられる ・最初から再訓練しなおし の手間がなくなる ・AI研究において、...

関連オープンソース

Pylearn2(パイラーンツー)

  • AI・人工知能

Pylearn2(パイラーンツー)とは、数値計算ライブラリ「Theano」ベースのオープンソースディープラーニングライブラリです。

scikit-learn(サイキットラーン)

  • AI・人工知能

scikit-learn(サイキットラーン)とは、Pythonのオープンソース機械学習ライブラリです。機能が充実している高品質ライブラリです。

MXNet(エムエックスネット)

  • AI・人工知能

MXNet(エムエックスネット)とは、「効率」と「柔軟性」を両立したディープラーニングフレームワークです。AWSが公式サポートを表明したことで大きな注目を集めています。

Theano(テアノ)

  • AI・人工知能

Theano(テアノ)とは、Python用数値計算ライブラリです。多次元配列を効率的に使用する数式について定義/最適化/評価でき、ディープラーニング計算処理によく利用されます。

DSSTNE(デスティニー)

  • AI・人工知能

DSSTNE(デスティニー)。ディープラーニングライブラリです。Amazonがオープンソース公開したもので、スパース(疎)データに強いという特徴があります。

Caffe(カフェ)

  • AI・人工知能

Caffe(カフェ)。オープンソースのディープラーニングライブラリです。画像認識に特化しており、高速処理が可能です。

Chainer(チェイナー)

  • AI・人工知能

Chainer(チェイナー)。日本製の深層学習フレームワークです。ニューラルネットワークをPythonで柔軟に記述し、学習させることができます。

TensorFlow(テンソルフロー)

  • AI・人工知能

TensorFlow(テンソルフロー)。Googleの機械学習/ディープラーニング/多層ニューラルネットワークライブラリです。データフローグラフを使用したライブラリで、複雑なネットワークを分かりやすく記述できます。

Microsoft Cognitive Toolkit(マイクロソフトコグニティブツールキット)

  • AI・人工知能

Microsoft Cognitive Toolkit(マイクロソフトコグニティブツールキット)。AI技術を利用したディープラーニング(深層学習)ツールキットです。旧称「CNTK」から改名されました。

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

facebook

twitter