sendmailとEximを比較

    「sendmail」と「Exim」の概要

    「sendmail」と「Exim」は、主要なMTA(Mail Transfer Agent)です。

    ネットワーク上でメールを転送(配送)する機能を提供します。

    ■「sendmail」とは

    sendmail(センドメール)とは、メールを送受信するためのサーバ用オープンソースソフトウェアです。

    UNIXで古くから使われてきており、事実上のメールサーバ標準ソフトウェアとして長い歴史と多くの導入実績があります。

    過去においては、メールサーバ用ソフトウェアの実質的標準の地位を占めていました。

    「TCP/IP」や「UUCP」など異なるタイプの通信プロトコルを使用できます。「SMTPサーバ機能」「メッセージ待ち行列機能」「メーリングリスト機能」も組み込まれています。

    名前解釈は「ドメインベース命名規則」と「特定の命名規則」を共に処理できるパターンマッチングシステムによって行われます。

    ■「Exim」とは

    Exim(エクシム)とは、UNIXライクホスト用の「メール転送エージェント」(MTA:Mail Transfer Agent)です。

    Sendmail互換性により、Sendmail代替ソフトウェアとしても利用できます。

    メールのルーティング方法に柔軟性があり、受信メールをチェックするための広範な機能を利用できます。

    主要なEメールサーバソフトウェアとして「Linux」「Solaris」などのUNIXライクOSを中心に幅広く使用されています。DebianベースのLinuxディストリビューションにおいて、デフォルトMTAとしてEximが含まれています。

    長所比較

    ■sendmail

    ・移植性---Windowsを含むUNIX以外のシステムで利用可能
    ・柔軟性

    ■Exim

    ・複雑な構成を実行可能---独自アプリケーション言語を備えている
    ・マルチステップのメール処理ロジック---複雑な処理に対応可能
    ・Sendmail互換性
    ・大規模かつ協力的な開発コミュニティ
    ・Webベースホスティングコントロールパネル「cPanel」のサポート
    ・優れたスケーラビリティ

    短所比較

    ■sendmail

    Sendmailは商用UNIXオペレーティングシステムの大部分にプリインストールされているにもかかわらず、Eximなどの他のMTAと比較すると、Sendmailを採用する明確な理由はありません。

    ・市場シェア低下---1996年以来大幅に低下
    ・セキュリティメカニズムはかなり弱い
    ・利用しにくい
    ・カスタマイズが難しい

    ■Exim

    ・モノリシックアーキテクチャ
    ・キューイング動作速度は予想より遅い場合がある

    セキュリティ比較

    ■sendmail

    Sendmailは「安全なMTA」として見なすことはできません。

    ■Exim

    Eximは、Sendmailよりも遥かに高いセキュリティ機能を提供します。

    パフォーマンス比較

    ■sendmail

    Sendmailのパフォーマンスは高くありません。

    ■Exim

    Eximは、多くのWebアプリケーションなどでも利用されており、膨大な数のEメールを処理できます。




    参考サイト
    →plesk.com →Postfix vs Sendmail vs Exim
    →slant.co →What are the best Linux mail transfer agents (MTAs)?

    ※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

    基本情報

    概要

    sendmail(センドメール)とは、UNIXで古くから使われてきたオープンソースのメールを送受信するためのサーバ用ソフトウェアです。メールサーバ用ソフトウェアの実質的標準の地位を占めています。

    MTAとは

    インターネットでメールを送受信するためのメールサーバ用のソフトウェアのことを、MTA(Message Transfer Agent)といいます。sendmailはMTAの1つです。

    MTAは、ユーザが送信したメールを受け取って、他のメールサーバに引渡し、更にそのメールサーバがバケツリレー式に目的の宛先まで配送したり、届いたメールをユーザが受け取るまで保管したりするという機能を果たします。

    基本説明

    sendmailは、事実上のメールサーバ標準ソフトウェアとして長い歴史と多くの導入実績があり、世界中の多くのメールサーバで使われています。

    sendmailプログラム本体は、パターンマッチルールによって動作するオートマトンと、MTA動作を支援するユーティリティで構成されています。MTAとしての動作そのものは、「sendmail.cf」ファイルに記述された複雑で莫大な量のパターンマッチルールによって実現しています。

    「TCP/IP」や「UUCP」など、異なるタイプの通信プロトコルを使用できます。SMTPサーバ機能、メッセージ待ち行列機能、メーリングリスト機能も組み込まれています。名前の解釈は、「ドメインベース命名規則」と「特定の命名規則」を共に処理できるパターンマッチングシステムによって行われます。

    経緯

    1982年にアメリカの「Eric Allman」氏によってUNIX用に開発されました。

    1980年代から1990年代にかけて、さまざまなメールプロトコルと、開発企業独自仕様のメールシステムが乱立しており、乱立する各種プロトコルを相互変換するために開発されました。

    現在ではさまざまなプラットフォームに移植されています。

    柔軟性と複雑性

    sendmailは、非常に柔軟で高度な配信設定を行うことができます。

    しかし、その代償として設定方法が複雑で、初心者が扱うには難しく、多くのセキュリティーホールが見つかっています。また、運用管理にも高いスキルが要求されるとされています。

    その設定ファイルの複雑さから、通常は、mcファイルというM4マクロ言語で記述してから、実際のファイル(cf)を生成します。改善するために、いくつか代替のメールサーバも開発されています。

    次世代メールサーバソフトウェア

    sendmailの設定の難解さをGUIで簡略化し、運用管理しやすいように機能追加された商用製品版sendmailが開発されています。

    また、sendmailを参考にして、安全性や性能を高めた次世代MTAと呼ばれるオープンソースソフトウェアも開発されています。

    TOPに戻る

    主な特徴

    ライセンス費用

    ライセンス費用はゼロで、無料で使用できます。

    長い実績

    事実上の標準メールサーバソフトウェアとして長い歴史と、数多くの導入実績を持ちます。

    高機能

    高度な配送設定ができます。

    「Milter API」のサポート

    Sendmailは、「Milter API」で作成されたプラグインを利用することができます。

    有名なMilterとしては「spamassassin」があり、商用RedHat系製品では標準的に用意されています。スパム対策、ウィルス対策、コンプライアンス対策、メールアーカイブなど、Milterによって機能拡張することができます。

    TOPに戻る

    同様製品(概要情報)

    同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

    商用製品:「商用版sendmail」、Microsoft「Exchange Server」など。

    オープンソース製品:「qmail」、「Postfix」など。

    TOPに戻る

    導入事例

    事実上の標準メールサーバソフトウェアとして、中小規模からエンタープライズ規模まで、さまざまな領域で幅広く利用されています。

    TOPに戻る

    ライセンス情報

    LICENCEsendmailのライセンスは、「sendmail License」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

    TOPに戻る

    ダウンロード

    ダウンロードページ

    TOPに戻る

    ※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。


    概要

    Exim(エクシム)とは、メール転送エージェントです。

    Sendmail互換性により、Sendmail代替ソフトウェアとしても利用できます。

    主要なEメールサーバソフトウェアとして、「Linux」「Solaris」などのUNIXライクOSを中心に幅広く使用されています。

    基本説明

    Eximは、UNIXライクホスト用の「メール転送エージェント」(MTA:Mail Transfer Agent)です。

    メールのルーティング方法に柔軟性があり、受信メールをチェックするための広範な機能を利用できます。

    DebianベースのLinuxディストリビューションにおいて、デフォルトMTAとしてEximが含まれています。

    経緯

    ・ケンブリッジ大学にて「GNU General Public License」の条件に基づいたソフトウェアとして開発開始
    ・メール転送エージェント「Smail-3」を参考に開発

    オフィシャルサイト情報

    ■オフィシャルサイト

    →exim.org

    ■GitHub

    →github.com →Exim/exim

    ■ライセンス情報

    Eximのライセンスは「GNU General Public License」です。

    詳細について、こちらを参照ください。
    →exim.org

    ■ダウンロード

    →exim.org →mirrors

    ■導入事例

    「大規模ISPサイト」や「数百万の顧客をサポートするサーバクラスタ」などで使用されています。

    同様製品

    同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

    オープンソース製品:「Sendmail」「Postfix」など。