nanoとBracketsを比較

    「nano」と「Brackets」の概要

    「nano」と「Brackets」は、両方とも人気のあるテキストエディタです。

    ■「nano」とは

    nanoは、UNIX/Linuxを中心としたシステムで利用できる軽量テキストエディタです。

    「vim」や「Emacs」のように複雑なコマンドを習得する必要はなく、CUIを用いて直感的に利用できる点が最大の特徴です。

    「シンプルインターフェース」「直感的コマンドオプション」「ユーザーフレンドリー」「初心者にも使いやすい」などの点を特徴としており、ターミナル環境で利用できます。

    GNU nanoは、電子メールスイート「Pine」の一部であるテキストエディタ「Pico」の代替プロダクトとして設計されています。「可能な限りPicoをエミュレートし機能追加する」ことを目指しています。

    ■「Brackets」とは

    Bracketsは、Adobe Systemsが開発する軽量で強力なソースコードエディタです。

    Webアプリケーション開発に焦点を当てて設計されており、Webデザイナーやフロントエンドデベロッパー向けとしてゼロから開発されています。

    各種専用ビジュアルツールとプリプロセッサを提供し、HTML/CSS/JavaScriptを中心とするWebアプリケーション開発をサポートします。

    コードエディタ性能比較

    ■nano

    nanoはシンプルなテキストエディタであるため、高度なコーディングサポート機能は備えていません。

    ■Brackets

    Bracketsはコードエディタとして設計されているため、38種類以上のプログラミング言語をサポートし、コーディング生産性を向上させるための多くの機能を搭載しています。

    機能拡張比較

    ■nano

    nanoはシンプルなテキストエディタであるため、nano単体としての機能拡張の仕組みはありません。

    しかし、nanoはGNUプロジェクトのプロダクトであるため、各種GNUプロダクト(パッケージ)と連携させることによる機能拡張は可能です。

    →GNU →GNU Software

    ■Brackets

    Bracketsは機能拡張に対応しており、組み込み拡張マネージャを使用してインストールできます。

    機能拡張はBrackets Extension Registryを介してオンラインでも検索できます。膨大な数の拡張機能がリストされています。

    →Brackets →Brackets Extension Registry

    HTML/CSS/JavaScriptを利用して拡張機能を開発することも可能です。

    「nano」基本情報

    ■概要

    nano(GNU nano)(ナノ)とは、UNIX/Linuxを中心としたシステムで利用できるテキストエディタです。「vim」や「Emacs」のように複雑なコマンドを習得する必要はなく、CUIを用いて直感的に利用できる点が最大の特徴です。

    ■基本説明

    GNU nanoは軽量テキストエディタです。「シンプルインターフェース」「直感的コマンドオプション」「ユーザーフレンドリー」「初心者にも使いやすい」などを特徴としており、ターミナル環境で利用できます。

    GNU nanoは、電子メールスイート「Pine」の一部であるテキストエディタ「Pico」の代替プロダクトとして設計されています。「可能な限りPicoをエミュレートし機能追加する」ことを目指しています。

    ■経緯

    ・2000年:初版リリース

    nanoは、当初「tip」という名称でしたが、別のプロダクトと競合するため「nano」に改名されています。

    ■オフィシャルサイト情報

    オフィシャルサイト

    →nano(The GNU nano homepage)

    ライセンス情報

    nanoのライセンスは「GNU General Public License」です。

    詳細について、こちらを参照ください。
    →nano →Overview →(1.0 release)

    ダウンロード

    GNUプロジェクトの公式プロジェクトに含まれており、「主要Linuxディストリビューション」や「MacOS」に標準搭載されています。

    →nano →Downloading GNU nano

    ■同様製品

    同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

    オープンソース製品:「vi」「Vim」「GNU Emacs」など。


    「Brackets」基本情報

    ■概要

    Brackets(ブラケッツ)とは、Adobe Systemsが開発するソースコードエディタです。Webアプリケーション開発に焦点を当てて設計されています。

    ■基本説明

    Bracketsは、軽量で強力なソースコードエディタです。Webデザイナーやフロントエンドデベロッパーなどのためにゼロから開発されています。

    各種専用ビジュアルツールとプリプロセッサを提供し、HTML/CSS/JavaScriptを中心とするWebアプリケーション開発をサポートします。

    ■動作環境

    Bracketsは「Linux」「macOS」「Windows」のクロスプラットフォームに対応しています。

    ■経緯

    ・2014年 初版リリース

    主な特徴

    ■対応言語

    Bracketsは、38種類以上の言語をサポートしています。
    ・C言語
    ・C++
    ・CSS
    ・HTML
    ・Java
    ・JavaScript
    ・Perl
    ・Python
    ・Ruby
    ・VBScript など

    ■プリプロセッサ操作

    Bracketsでは「プリプロセッサに最適なコードエディタ」を開発目標としています。

    LESSとSCSSファイルでクイック編集とライブハイライト機能を使用できるため、従来より効率的な編集を行えます。

    ■機能拡張

    Bracketsは、機能拡張に対応しています。HTML/CSS/JavaScriptを利用して拡張機能を開発できます。

    拡張機能は、組み込み拡張マネージャを使用してインストールできます。また、Brackets Extension Registryを介してオンラインでも検索できます。

    →Brackets Extension Registry

    主な機能

    ■スプリットビュー機能

    Bracketsでは、メインビューを2つの部分に分割できます。縦または横のいずれかの分割ビューを選択できます。

    ユーザーは同時に「2つのファイルの編集」や「同一ファイルの2箇所部分の編集」を行えます。

    ■インラインエディタ機能

    Bracketsでは対象となるコードの中にウィンドウが開くため、ファイルタブを切り替えずにファイル編集を行えます。

    「CSS」「カラープロパティ」「JavaScript要素」などのインライン編集が可能です。

    ■ライブプレビュー機能

    Bracketsでは、CSSやHTMLに変更を加えると、ブラウザにリアルタイムで接続し、画面上で即座に結果を確認できます。

    CSS/HTMLにおいて、それぞれのコードスニペットをクリックすると、Webブラウザはそのコードスニペットに関連する出力をすぐにブラウザに表示するため、CSSセレクターがどこに適用されているかを確認できます。

    ■ヘルプ機能

    ビジュアルツールとエディタを組み合わせることで、コーディングプロセスを邪魔することなく、必要なときに適切なヘルプを得ることができます。

    補足情報

    ■同様製品

    同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

    オープンソース製品:「Atom」「Visual Studio Code」など。

    ■オフィシャルサイト

    オフィシャルサイト

    →Brackets(Brackets - A modern, open source code editor that understands web design.)

    ライセンス情報

    Bracketsのライセンスは「MITライセンス」です。

    詳細について、こちらを参照ください。
    →GitHub →adobe/brackets →brackets/LICENSE

    ダウンロード

    →Brackets

     

    参考元サイト

    ※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。