Cocos2d-xとGodotを比較

    「Cocos2d-x」と「Godot」の概要

    「Cocos2d-x」と「Godot」は、オープンソースのゲームエンジンです。2Dおよび3Dゲームを開発できます。

    ■「Cocos2d-x」とは

    Cocos2d-xは、2Dおよび3Dゲームの作成をサポートする成熟したオープンソースのクロスプラットフォームゲーム開発フレームワークで、ゲーム開発やインタラクティブアプリケーション構築で使用されています。

    このエンジンは豊富な機能を提供しています。
    ・グラフィックレンダリング
    ・GUI
    ・オーディオ
    ・ネットワーク
    ・物理学
    ・ユーザー入力 など

    コアはC++で記述されており「C++」「Lua」「JavaScript」での開発をサポートしています。

    「iOS」「Android」「HTML5」「Windows」「Macシステム」にデプロイできます。

    ■「Godot」とは

    Godot(ゴドー)とは、クロスプラットフォームゲームエンジンです。統合されたインターフェースで2Dおよび3Dゲームを開発できます。開発したゲームは「デスクトップOS」「モバイルOS」「HTML5ベース」「コンソール」などにワンクリックでエクスポートできます。

    Godotは、独自のゲーム開発アプローチを採用しています。

    豊富な包括的ツールセットを提供するため、ユーザーはそれらを組み合わせることで、ゲームを開発できます。

    クロスプラットフォーム比較

    ■Cocos2d-x

    Cocos2d-xは、「JavaScript」+「HTML5」に基づく他のクロスプラットフォームフレームワークとは異なり、グラフィックスAPI「OpenGL ES」を利用して、特定のデバイスでのアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。

    ■Godot

    Godotゲームエンジンは、オープンソースソリューションの中でも「真のクロスプラットフォームゲーム開発ソリューション」を目指して開発されています。

    スクリプト言語比較

    ■Cocos2d-x

    Cocos2d-xは、完全な機能をサポートする「Lua」と「Javascript」をサポートしています。

    また、「Cocos2d-JS」を使用すると、クロスWebとネイティブのゲームを開発できます。

    ネイティブソリューションは、ハイブリッドソリューションよりもはるかに優れたJSバインディングで優れたパフォーマンスを発揮します。

    ■Godot

    Godotには、Pythonライクな「GDScript」と呼ばれる独自スクリプト言語があります。

    スクリプト言語バインディングにより、「C++」「VisualScript」「C#」など、多数の言語も使用できます。




    参考元サイト
    →dzone.com →Top 5 Free and Open Source Game Engines You Should Try
    →slant.co →Cocos2d-x and Cocos Creator vs Godot detailed comparison as of 2021

    ※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

    Cocos2d-xの概要

    Cocos2d-xは、オープンソースのゲームエンジンです。近年、スマートフォン向けにゲームを開発する場合、iOSとAndroid向けのアプリを開発することが一般的になっています。これを利用することにより、1ソースで複数OSのゲームを簡単に開発することができます。開発はGitHubにてプルリクエスト方式で進めており、誰でもCocos2d-xの開発を行うことができます。

    TOPに戻る

    Cocos2d-xの特長

    Cocos2d-xは、次のような特長があります。

    • 商用でも無制限に利用可能なオープンソース
    • クロスプラットフォーム開発(iOS, Android, Windows Phone, Windows, Mac, Linux)
    • 利用可能な開発言語は、C++, Lua, JavaScript
    • コアエンジンがC++で書かれているため、軽量・快速に処理される
    • 専用のUI・アニメーションエディタおよび統合開発環境も無償で公開

    TOPに戻る

    Cocos2d-xのライセンス

    LICENCE

    Cocos2d-xはオープンソースソフトウェアであり、MITライセンスで運用されています。無償で無制限に利用することができます。これから作成しようとしているゲームのため、最適なエンジンにカスタマイズすることが可能です。

    TOPに戻る

    Cocos2d-xの導入事例

    ゲーム開発会社として世界的にも有名なZynga, Wooga, Glu, IGG, Big Fish Games, Fingersoft, Gamevil, GREE, DeNA, Konami, CJ E&M, NHN, LINE, Square Enix, Disney Mobileなど多くの企業様にご利用頂いています。日本においても、大手企業から個人開発者まで多くの方にご利用頂いています。

    TOPに戻る

    Cocos2d-xダウンロードページ

    Cocos2d-xのダウンロードページ

    TOPに戻る

    Cocos2d-xの日本語情報

    Cocos2d-x日本語サイト

    TOPに戻る

    情報提供

    このページは、Chukong Technologies Japan株式会社の協力により作成しました。


    概要

    Godot(ゴドー)とは、クロスプラットフォームゲームエンジンです。統合されたインターフェースで2Dおよび3Dゲームを開発できます。開発したゲームは「デスクトップOS」「モバイルOS」「HTML5ベース」「コンソール」などにワンクリックでエクスポートできます。

    基本説明

    Godotは、独自のゲーム開発アプローチを採用しています。

    豊富な包括的ツールセットを提供するため、ユーザーはそれらを組み合わせることで、ゲームを開発できます。

    オフィシャルサイト情報

    ■オフィシャルサイト

    →godotengine.org

    ■GitHub

    →github.com →godotengine/godot

    ■主要開発元

    Godotは、Software Freedom Conservancyが中心となり開発が進められています。

    →sfconservancy.org

    ■ライセンス情報

    Godotのライセンスは「the permissive MIT license(Expat license)」です。

    詳細について、こちらを参照ください。
    →godotengine.org →license

    ■ダウンロード

    →godotengine.org →download

    ■導入事例

    →godotengine.org →showcase

    同様製品

    同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

    オープンソース製品:「cocos2d-x」など。