Oracle JDKとOpenJDKを比較

「Oracle JDK」と「OpenJDK」の比較

「Oracle JDK」と「OpenJDK」は、Java言語用開発ツールキットです。

「Oracle社が提供するOracle JDK」と「コミュニティによるオープンソース実装OpenJDK」という関係です。

■「Oracle JDK」とは

概要

Oracle JDK(オラクルジェーディーケー)とは通称であり、Oracle社が提供するJava言語用開発ツールキット「JDK(Java SE Development Kit)」を指します。

JavaSEを利用してJava言語でプログラム開発を行う際に必要な開発用ソフトウェアをまとめたパッケージです。

サポート

2018年9月にリリース予定のJava 11以降の「Oracle JDK(LTS版)」は、Oracle社と有償サポート契約を結んだユーザーにのみ提供されるようになる予定です。

■「OpenJDK」とは

概要

OpenJDK(Open Java Development Kit)は、通称「Oracle JDK」とされる「JDK(Java Development Kit)」のオープンソース実装です。

■機能比較

両者とも、ほぼ同じコードで書かれており、機能的な差異はほぼありません。

■性能比較

「Intel」CPUの場合

IntelCPU環境におけるMac/Linux/Windowsにおいて、性能差は見られないようです。

「ARM」CPUの場合

ARM上においては差異が認められ、特に64bit上では、「OpenJDKのほうが40%も性能がよい」というデータもあります。

■Java 11からは「OpenJDK」が「Oracle JDK」の代替に

Java 11から「Oracle JDK」と同じ機能と品質を備えたオープンソース実装「OpenJDK」がリリースされバイナリが無償で提供される予定です。

つまり、Java 11以降は「OpenJDK」が「Oracle JDK(非LTS無償版)」の代替となります。

■参考記事 Oracle JDKの有償化①+②

「Oracle JDK」と「OpenJDK」の関係については、こちらも参照ください。

→Oracle JDKの有償化①---「Javaリリースモデル変更」と「Oracle JDKの有償化」

→Oracle JDKの有償化②---Oracle JDK有償化に伴うサポート内容変更

 

参考元サイト

「Oracle JDK」基本情報

■概要

Oracle JDK(オラクルジェーディーケー)とは通称であり、Oracle社が提供するJava言語用開発ツールキット「JDK(Java SE Development Kit)」を指します。

■Java前提知識

「Java」とは

Javaとはプログラミング言語の1つです。

「汎用的でOSに依存しない」などの特徴があり、グローバルで非常に多くの採用実績があります。

「JavaSE」とは

「JavaSE」とは「Java Standard Edition」の略称です。

旧バージョンでは「J2SE(Java 2 Platform Standard Edition)」と呼ばれていました。

「JavaSE」は、多くのJavaプラットフォームプログラムで利用されるJava APIの集合体で、標準的機能を提供します。

JVM(Java仮想マシン)やAPIなどで構成されています。

「JavaEE」とは

「JavaEE」とは「Java Enterprise Edition」の略称です。

旧バージョンでは「J2EE(Java 2 Platform Enterprise Edition)」と呼ばれていました。

「JavaEE」は「JavaSE」にサーバサイド用拡張ライブラリなどを追加したものです。

「JRE」とは

「JRE」とは「Java Runtime Environment」の略称です。

Javaで作られたアプリケーションを動かすために必要なソフトウェアです。

■「JDK」基本説明

JavaSE用開発キット「JDK」

「JDK」とは「Java SE Development Kit」の略称です。

JavaSEを利用してJava言語でプログラム開発を行う際に必要な開発用ソフトウェアをまとめたパッケージです。「コードエディタ」や「IDE(統合開発環境)」などは付属しておらず、Javaプログラム開発を始めるための最低限のソフトウェアのセットです。

JDKには以下のものが含まれます。
・コンパイラ
・デバッガ
・アーカイバ
・Javaプログラム実行環境(JRE) など

JavaEE用開発キット「JavaEE SDK」

JavaEE用の開発キットは「JavaEE SDK」として提供されています。

「Oracle JDK」と「OpenJDK」の関係

■「OpenJDK」とは

OpenJDK(オープンジェイディーケー)とは、「Oracle JDK」のオープンソース実装です。

→OSSxCloudNews →OpenJDKとは

■参考記事 Oracle JDKの有償化①+②

「Oracle JDK」と「OpenJDK」の関係については、こちらも参照ください。

→Oracle JDKの有償化①---「Javaリリースモデル変更」と「Oracle JDKの有償化」

→Oracle JDKの有償化②---Oracle JDK有償化に伴うサポート内容変更

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「OpenJDK」など。

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→Oracle →Oracle Technology Network →Java

ダウンロード JDK(Java SE Development Kit)

→Oracle →Oracle Technology Network →Java →Java SE →Downloads

ダウンロード JavaEE SDK

→Oracle →Oracle Technology Network →Java →Java EE →Downloads

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。


「OpenJDK」基本情報

■概要

OpenJDK(オープンジェイディーケー)とは、プログラミング言語Javaの「Oracle JDK(Java SE)」のオープンソース実装です。

■基本説明

OpenJDK(Open Java Development Kit)は、通称「Oracle JDK」とされる「JDK(Java Development Kit)」のオープンソース実装です。

■参考「JDK」とは

JDK(Java Development Kit)とは、Java開発者向けのさまざまなツールがパッケージされた開発キットです。Oracle社が提供しています。

JDKの主なコンポーネント

・「Javac」:JavaソースコードをJavaバイトコードにコンパイル
・「jar」:Javaライブラリファイルを生成
・「javadoc」:JavaソースコードからHTML形式のAPI仕様書を生成
・「JVM(Java Virtual Machine)」:Java仮想マシン
・API機能 など

Java実行環境「JRE(Java Runtime Environment)」

開発者向けのツールであるJDKに対して、Java実行環境のみの製品はJREと呼ばれます。

Javaプログラムを実行するための必要最低限のソフトウェアのセットで、「コードエディタ」「コンパイラ」「ビルドツール」「IDE(統合開発環境)」などは含まれていません。

※JDKはJREを内包しています。

■「OpenJDK」と「Oracle JDK(Java SE)」との関係

「OpenJDK」=「Oracle JDK(Java SE)」のオープンソース実装

両者は、ほぼ同じコードで書かれており、機能的にも性能的にも、ほぼ違いはありません。

参考記事 Oracle JDKの有償化①+②

「Oracle JDK」と「OpenJDK」の関係については、こちらも参照ください。

→Oracle JDKの有償化①---「Javaリリースモデル変更」と「Oracle JDKの有償化」

→Oracle JDKの有償化②---Oracle JDK有償化に伴うサポート内容変更

主な特徴

■サポートJavaバージョン

OpenJDKは、Java言語のそれぞれバージョンに合わせて、リリースされています。

■Linuxへのデフォルトインストール

主要なLinuxディストリビューションでは、OpenJDKがデフォルトでインストールされています。

■GPLリンク例外付きGNU GPLライセンス

OpenJDKのライセンスは「GPLリンク例外つきの GNU General Public License (GNU GPL)」とされています。

Javaクラスライブラリのライブラリとしての使用をGPLライセンスの適用外とするために、「GPLリンク例外つき」とされています。

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Apache Harmony」など。

TOPに戻る

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→OpenJDK

ライセンス情報

OpenJDKのライセンスは「GPLリンク例外付きGNU General Public License (GNU GPL)」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→OpenJDK →GNU General Public License, version 2, with the Classpath Exception

ダウンロード

→OpenJDK →How to download and install prebuilt OpenJDK packages

TOPに戻る

 

参考元サイト

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。