MeteorとDjangoを比較

    「Meteor」と「Django」の概要

    「Meteor」と「Django」は、フルスタックWebアプリケーション開発ソリューションです。

    ■「Meteor」とは

    Meteor(メテオ)とは、フルスタックWebアプリケーション開発プラットフォームです。リアクティブプログラミングを前提とし、JavaScriptでのクロスプラットフォーム開発を実施できます。

    MeteorはNode.jsをベースとし、「JavaScript+HTML+CSS」だけで、「Webアプリケーション」や「モバイルアプリケーション」を構築できます。

    Meteorは、単なるフルスタックWebアプリケーションフレームワークではなく、「既存の開発の仕方そのものを変革する仕組み」「デプロイまで支援する枠組み」「モバイル向けネイティブアプリ作成も可能」「開発を迅速/簡単にするためのさまざまな仕組み」など、魅力的な機能が多く含まれています。

    ■「Django」とは

    Django(ジャンゴ)とは、Python実装のフルスタックWebアプリケーションフレームワークです。

    少ないコードで優れたWebアプリケーションを構築できます。プロトタイプ(シンプルWebアプリ)などであれば、数分で構築することも可能です。

    シンプルで学習コストが低いため、Webフレームワーク初心者にも扱いやすい設計になっています。

    長所比較

    ■Meteor

    学習コストが低い

    Meteorは、JavaScriptフレームワークを使い始めたばかりの初心者のために、シンプル性を念頭に置いて開発されています。

    Meteorはフルスタックフレームワークであるため、「バックエンド開発」および「フロントエンド開発」に関して完全な学習体験を得ることができます。

    統合フロントエンドライブラリ

    Meteorは「既存フロントエンドライブラリ」と「独自ライブラリ(Blaze)」の両方を使用できます。

    これらはフレームワークに統合されており、真のMV*フロントエンドフレームワークの目的を満たします。

    クライアントとサーバ間のシームレス通信

    Meteorでは、クライアントとサーバがリアルタイムでシームレスにデータを通信できます。

    「REST API」や「pub/subコード」を記述する必要はなく、Meteorがすべて自動的に処理します。

    ■Django

    迅速なプロトタイプ開発

    Djangoは、経験豊富な開発者が必要なアプリケーションインフラストラクチャの種類について前もって計画する必要がないため、迅速なプロトタイプ開発が可能です。

    ORMサポート

    Djangoはオブジェクトリレーショナルマッピングをサポートしています。

    モデルの各属性はデータベースフィールドとして表され、自動生成されたデータベースアクセスAPIを提供します。

    ドキュメントが充実

    Djangoの公式ドキュメントは丁寧に整備されています。

    経験豊富な開発者が多数いるため、多くの「開発者向けガイド」や「チュートリアル」を利用できます。

     

    参考元サイト
    slant.co →Django vs Meteor detailed comparison as of 2020
    stackshare.io →Django vs Meteor vs Rails | What are the differences?

    ※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

    「Meteor」基本情報

    概要

    Meteor(メテオ)とは、フルスタックWebアプリケーション開発プラットフォームです。リアクティブプログラミングを前提とし、JavaScriptでのクロスプラットフォーム開発を行えます。

    基本説明

    Meteorは、Node.jsをベースとし、「JavaScript+HTML+CSS」だけで、「Webアプリケーション」「モバイルアプリケーション」を構築できるWebアプリケーション開発プラットフォームです。

    Meteorは、単なるフルスタックWebアプリケーションフレームワークではなく、「既存の開発の仕方そのものを変革する仕組み」「デプロイまで支援する枠組み」「モバイル向けネイティブアプリ作成も可能」「開発を迅速/簡単にするためのさまざまな仕組み」など、魅力的な機能が多く含まれています。

    Meteorは、初めて使う人に対しての配慮が非常に行き届いている点も特徴です。

    経緯

    2016年1月時点で、Meteorは、GitHubにおいて「Ruby on Rails」のスター数を上回るスター数を獲得しています。

    TOPに戻る

    主な特徴

    JavaScriptベースのクロスプラットフォーム

    Meteorは、Web/iOS/Androidなどのプラットフォームを問わずに、「サーバのコード」も「クライアントのコード」も、JavaScriptで記述できるため、プロジェクト全体を単一の言語で統一できます。

    迅速開発

    Meteor開発チームが最も注力しているのは、「Webアプリケーション開発を素早く、低コストで行えるようにすること」です。その目的のために、全アーキテクチャが組み立てられています。

    「UIを取り扱うための仕組み」や「MVCアーキテクチャの動作」は非常に洗練されています。一度Meteorの基本開発作法を掴めば、圧倒的速度で開発を行えます。

    また、Meteorには、接続されたクライアントレスポンスアプリケーションを構築するための「ビルドツール」や「JavaScriptコミュニティからパッケージ化された一連のパッケージ」が含まれています。

    クライアント側キャッシュ機能(サーバ/クライアント間のシームレス連携)

    Meteorには「サーバ/クライアント間のシームレス連携」機能が組み込まれています。

    Meteorのクライアントはそれぞれがサーバデータのキャッシュを保持しています。このキャッシュは、常にサーバ上のデータと同期させておくことが可能で、クライアントのキャッシュデータを参照/更新するだけでデータアクセスが完了できます。

    「サーバ上のメソッドをクライアントから呼び出す」ことも可能です。

    リアクティブView生成

    Meteorでは、クライアントサイドで、リアクティブにViewを生成します。

    Viewレンダリングの仕組みとして3つの選択肢があります。
    ①Meteor標準フレームワーク「Blaze」
    ②フロントエンドWebアプリケーションフレームワーク「Angular JS」
    ③JavaScriptライブラリ「React」

    TOPに戻る

    同様製品

    同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

    オープンソース製品:「Angular JS」「Backbone.js」など。

    TOPに戻る

    オフィシャルサイト

    オフィシャルサイト

    →Meteor

    ライセンス情報

    Meteorのライセンスは「MIT License」です。

    詳細について、こちらを参照ください。
    →GitHub →meteor/LICENSE

    ダウンロード

    Meteorは、OS X/Windows/Linuxをサポートしています。
    →Meteor →INSTALL

    導入事例

    →Meteor →SHOWCASE

    TOPに戻る

    参考元サイト

    TOPに戻る

    ※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。


    「Django」基本情報

    概要

    Django(ジャンゴ)とは、Python実装のWebアプリケーションフルスタックフレームワークです。Webアプリケーション/サービスの迅速開発をサポートします。

    基本説明

    Djangoを利用すると、迅速に、少ないコードで、優れたWebアプリケーションを構築できます。プロトタイプ(シンプルWebアプリ)などであれば、数分で構築することも可能です。

    Djangoは、シンプルで学習コストが低いため、Webフレームワーク初心者にも扱いやすい設計になっています。

    経緯

    2005年7月、公式リリースされました。

    TOPに戻る

    主な特徴

    高速開発

    Djangoは、Webアプリ開発において、開発コンセプト段階から完成段階まで、できるだけ迅速に構築できるように設計されています。
    「コンポーネント再利用性」「拡張性」「迅速開発」「DRY(Don't Repeat Yourself)」などを原則としています。

    緩やかな「Model-View-Controller」デザインパターンが導入されており、開発方法に合致する構築を行えます。

    Djangoの設計思想の1つとして、「複雑なデータベース主体のWebサイトを簡単に構築できるようにする」というものがあります。
    特に「ORM(Object Relational Mapping:オブジェクト関係マッピング)」が優れているため、DBアクセス用コードを1行も記述せずに完成させることも可能です。

    Pythonベース

    開発言語ベースとして「Python」が選定され、ファイルモデル/データモデルなどの部分にまで、Pythonが一貫して用いられています。

    「シンプル言語セット」「学習コストが低い」などの特徴を持つPythonを利用した迅速開発を行えます。

    Djangoのコンポーネント

    Djangoには、Webアプリ開発で必要とされる機能があらかじめ搭載されています。拡張機能を利用せずに、Django単体のみで完結することも可能です。

    主な提供機能

    • 管理画面
    • ユーザー認証
    • サイト案内ページ
    • RSSフィード
    • コンテンツ管理
    • サイトマップ
    • O/Rマッパー
    • URLディスパッチャ
    • Djangoモデルインスタンスのシリアル化機構
    • 軽量スタンドアロンWebサーバ
    • HTMLフォーム検証システム
    • キャッシュフレームワーク
    • カスタム処理実行サポート
    • 内部ディスパッチャシステム
    • 多言語化機構
    • テンプレートエンジン機能拡張機構 など
    拡張性

    Djangoで扱う各ファイルは、それぞれ役割が決められており、別々に切り分けて開発できます。

    それぞれの部品の独立性を高く維持できるため、容易に機能拡張を行え、さまざまな要件に対して柔軟に対応できます。

    セキュリティ

    Djangoでは、多くのセキュリティリスクに対する対策が施されています。

    • SQLインジェクション
    • クロスサイトスクリプティング
    • クロスサイトリクエスト偽造
    • クリックジャック など

    また、ユーザー認証システムでは、ユーザーアカウントとパスワードを安全に管理できる方法が提供されています。

    TOPに戻る

    同様製品

    同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

    オープンソース製品:「Flask」「Bottle」「Tornado」など。

    TOPに戻る

    導入事例

    Djangoは、「Instagram」「Pinterest」など、多くの実績があります。

    TOPに戻る

    オフィシャルサイト

    オフィシャルサイト

    →Django(Django makes it easier to build better Web apps more quickly and with less code.)

    ライセンス情報

    Djangoのライセンスは「BSD license」です。

    詳細について、こちらを参照ください。
    →GitHub →django →LICENSE

    ダウンロード

    →Django →Download

    TOPに戻る

    参考元サイト

    TOPに戻る

    ※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。