FedoraとUbuntuを比較

    「Fedora」と「Ubuntu」の概要

    「Fedora」と「Ubuntu」はLinuxディストリビューションです。

    ■「Fedora」とは

    Fedoraは、積極的に先進的な技術を取り込んでいる「Red hat Linux」系統のRPM系Linuxディストリビューションです。

    Fedoraが先進性にこだわる理由には、企業向け商用有償Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」へのフィードバックという目的があります。

    ■「Ubuntu」とは

    Ubuntuは「Debian GNU/Linux」ベースのLinuxディストリビューションです。

    開発目標として「誰にでも使いやすいOS」「最新かつ安定したOS」を掲げており、「GUIユーザーフレンドリーな設計思想」が人気を集めるポイントになっています。

    Linuxディストリビューションとしては世界でトップクラスのユーザー数を誇ります。

    パッケージ提供比較

    ■Fedora

    Fedoraは「DNFパッケージマネージャ」を使用します。

    オープンソースソフトウェアのみの提供に焦点を当てています。これは新しいバージョンで変更されていますが、FedoraのリポジトリはUbuntuほど大きくありません。

    ■Ubuntu

    Ubuntuは「APTパッケージマネージャ」を使用してソフトウェア(アプリケーション、ライブラリ、その他の必要なコードなど)を提供および管理します。

    Ubuntuには膨大なソフトウェアリポジトリがあり、「オープンソースソフトウェア」と「非オープンソースソフトウェア」の両方の数千のプログラムを簡単にインストールできます。

    サーバユース比較

    ■Fedora

    Fedoraにはサーバエディションがあり、一部の人々が使用しています。

    しかし、多くのシステム管理者は、9か月ごとにアップグレードして再起動する必要のあるサーバを好みません。

    Fedoraを知ることは「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」の理解に役立ちます。

    ■Ubuntu

    UbuntuはデスクトップOSとして人気があるだけではなく、サーバ側でも存在感があります。

    多くのサーバでUbuntuサーバエディションが動作しています。

     

    参考元サイト
    It's FOSS →Ubuntu or Fedora: Which One Should You Use and Why

    ※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

    基本情報

    概要

    Fedora(フェドラ)は、積極的に先進的な技術を取り込んでいる「Red hat Linux」系統のRPM系Linuxディストリビューションです。

    Linuxディストリビューションとは、「Linuxカーネルとドライバやアプリケーションをパッケージして、利用者がインストールしたり、利用できる形にまとめ上げたもの」です。

    RPM(RedHat Package Manager)とは、RedHat社が開発したソフトウェアパッケージ管理システムです。RPMパッケージには、ソフトウェアのバイナリイメージ、ソースコード、設定ファイル(依存関係設定やインストール用スクリプト)などを収めたcpio形式の圧縮ファイルになっています。

    RedHat社が強力に支援している「Fedora」の最大の特徴は、最新技術を積極的に取り込む方針で開発されているディストリビューションという点です。Fedoraが特段、先進性にこだわる理由には、企業向け商用有償Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」へのフィードバックという目的があります。つまり、Fedoraは、「Red Hat Enterprise Linux」のベータ版としての側面もあり、先進的技術の“実験場"としての役割も担っています。

    Fedoraは、バージョン6まで「Fedora Core」という名称でしたが、バージョン7から「Fedora」に変更されています。

    TOPに戻る

    主な特徴

    【最新技術をいち早く導入】
    半年という短いペースでリリースサイクルが繰り返されています。RPMパッケージとして手に入るアプリケーションは、かなりの数になります。また、最新版のアプリケーションが手に入りやすい環境になっています。

    【システム関連の機能も充実】
    ハードウェア自動検出してインストールする機能、システムロールバック機能などを標準搭載しています。

    【中級者以上の玄人向け】
    Fedoraは、Linuxの中において扱いがやや難しいとされていて、Linux中級者やチャレンジャー向きとされています。「先進技術をいち早く自分の手で試すことができるLinuxディストリビューション」として、技術的好奇心に満ちあふれるユーザを中心に、非常に高い人気を誇っています。

    【安定性を求めるサーバ用途には不向き】
    最新技術を追い求めるがゆえのデメリットがいくつかあります。
     (1)13 ヶ月というサポート期間の短さ。
     (2)Fedoraには原理的に安定版は存在しない点。
     (3)最近のバージョンでは、かなり改善されてきてはいますが、先進性との両立が難しい安定性。
    以上の理由により、長期間の安定稼働性が求められる企業用本番サーバなどへは採用しづらい特徴があります。

    TOPに戻る

    同様製品(概要情報)

    同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

    商用製品:「Red Hat Enterprise Linux」など。

    オープンソース製品:「Ubuntu」、「CentOS」、「Debian GNU/Linux」など。

    TOPに戻る

    導入事例

    Fedoraは、先進的で機能的なLinuxディストリビューションとして、世界中で幅広く利用されています。

    TOPに戻る

    ライセンス情報

    LICENCEFedoraは、主に「GNU General Public License」です。商用として使用する場合には、各バージョンのライセンス条項を確認してください。

    TOPに戻る

    ダウンロード

    ダウンロードページ

    TOPに戻る

    ※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。


    「Ubuntu」基本情報

    ■概要

    Ubuntu(ウブントゥ)とは、Linuxディストリビューションの1つです。「使いやすさ」を最重要視しており、Linuxディストリビューションとしては世界でトップクラスのユーザー数を誇ります。

    ■基本説明

    Ubuntuは「Debian GNU/Linux」ベースのLinuxディストリビューションです。

    開発目標として「誰にでも使いやすいOS」「最新かつ安定したOS」を掲げており、「GUIユーザーフレンドリーな設計思想」が人気を集めるポイントになっています。Linuxユーザーの間では、主にデスクトップOSとして利用されています。

    Ubuntuには、家庭/学校/職場で必要とされる「オフィススイート」「サーバソフトウェア」「プログラミングツール」などさまざまなソフトウェアが含まれています。

    ■経緯

    2004年に、Ubuntu初期版がリリースされました。

    「Ubuntu」は、アフリカの言葉で「他者への思いやり」や「皆があっての私」といった意味を持ちます。

    ■オフィシャルサイト情報

    オフィシャルサイト

    →「Ubuntu」オフィシャルサイト

    →「Ubuntu Japanese Team」オフィシャルサイト

    ライセンス情報

    Ubuntuのライセンスは「GPLおよびその他のライセンス」です。

    詳細について、こちらを参照ください。
    →「Ubuntu」オフィシャルサイト →Licensing

    ダウンロード

    →「Ubuntu」オフィシャルサイト →Get Ubuntu

    →「Ubuntu Japanese Team」オフィシャルサイト →Ubuntuの入手

    ■同様製品

    同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

    オープンソース製品:「Fedora」「Debian GNU/Linux」など。