ElasticsearchとFessを比較

    「Elasticsearch」と「Fess」の概要

    「Elasticsearch」と「Fess」は全文検索エンジンです。

    ■「Elasticsearch」とは

    Elasticsearchは、Elastic社が提供しているオープンソースの全文検索エンジンです。「マルチテナント」「スキーマレス」「クラウドネイティブ」などの特徴があります。

    「HTTP Webインターフェース」と「スキーマフリーJSONドキュメント」を備えており、さまざまなユースケースに対応できる分散型RESTful検索が可能です。スケーラビリティに優れたマルチテナント対応のフルテキスト検索エンジン機能を提供します。

    Elasticsearchは、特に「検索速度」「分析柔軟性」に優れているため、強力な検索機能をシンプルに利用できます。「データ蓄積」「データ分析」「データ可視化」などのシステムを構築するための強力な全文検索機能を提供します。

    ■「Fess」とは

    FessはJavaベースの全文検索サーバです。Java実行環境があればどのOSでも実行可能です。

    検索エンジンとして「Elasticsearch」を利用して、「Webサイト」「ファイルシステム」「データベース」などを対象とした全文検索を行えます。

    「5分で簡単に構築可能」な導入容易性が特徴で、簡単に強力なエンタープライズサーチサーバを構築できます。

    役割比較

    Fessがクローリングして検索するプロセスにおいて、内部ではLuceneやElasticsearchが動作しています。

    どのプロダクトのどの機能が動作しているのかを把握することにより、Fessをさらに高度に利用できます。

    ■Lucene

    Luceneは、倒置Indexを作成できる全文検索エンジンです。

    Fessで検索を実行する場合、「全文検索機能」や「構文解析機能」はLuceneで処理されます。

    独自の構文解析機能を開発する場合は、このレイヤーで作成します。

    ■Elasticsearch

    Elasticsearchは、Luceneをラッピングして動作し、Luceneの「インデックス作成機能」や「検索機能」などを操作しやすいAPI形式で提供します。

    プラグイン機能を経由することで、ElasticsearchからLuceneのアナライザーを設定できます。

    ■Fess

    Fessは、Elasticsearchにクエリを投げて返された結果をHTML形式でユーザーに表示します。

     

    参考元サイト

    「Elasticsearch」基本情報

    ■概要

    Elasticsearch(エラスティックサーチ)とは、全文検索エンジンです。マルチテナント、スキーマレスでクラウドに最適化されています。

    ■基本説明

    Elasticsearchは、Elastic社が提供しているオープンソースの全文検索エンジンです。

    HTTP WebインターフェイスとスキーマフリーのJSONドキュメントを備えており、さまざまなユースケースに対応できる分散型RESTful検索が可能です。スケーラビリティに優れたマルチテナント対応のフルテキスト検索エンジン機能を提供します。

    Elasticsearchは、特に、検索速度や分析柔軟性に優れています。強力な検索機能をシンプルに利用でき、データ蓄積/分析/可視化環境を容易に構築できます。

    ■経緯

    ・2010年:初版リリース

    Elasticsearchは、「ユーザーが、もっと簡単に、本当に欲しいものを検索できるように」というコンセプトで開発されています。

    ■ユースケース

    Elasticsearchを利用すると、大容量のデータから必要なデータを素早くに取り出すことができ、「リアルタイムデータ分析」「ログ解析」「全文検索」などさまざまな用途で利用できます。

    データ検索

    膨大なプロダクトリストから特定のキーワードに合致するプロダクトを検索するなどの用途に利用できます。

    サーバログ解析

    Webサーバのログから、ユーザーのページ閲覧情報を収集して、ユーザーアクション分析に利用できます。

    ビッグデータ処理

    大規模な全文検索を高速に実行できるため、ビッグデータを扱うシステムも構築できます。

    ■オフィシャルサイト情報

    オフィシャルサイト

    →Elastic →Elasticsearch

    ライセンス情報

    Elasticsearchのライセンスは「Apache License Version 2.0」です。

    詳細について、こちらを参照ください。
    →GitHub →elastic →elasticsearch →LICENSE.txt

    動作環境

    Elasticsearchは「Linux」「Windows」「macOS」などに対応しています。

    ダウンロード

    →Elastic →Elasticsearch →Download Elasticsearch

    導入事例

    →Elastic →ユーザーストーリー

    ■同様製品

    同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

    オープンソース製品:「Fess」「Groonga」など。


    「Fess」基本情報

    概要

    Fess(フェス)とは、Javaベースの全文検索サーバです。検索エンジンとして「Elasticsearch」を利用します。「5分で簡単に構築可能」な導入容易性が特徴です。

    基本説明

    Fessは、強力で簡単に配置可能なエンタープライズサーチサーバです。

    Webサイト/ファイルシステム/データベースを対象とした全文検索を行えます。

    Java実行環境があればどのOSでも実行可能です。

    TOPに戻る

    主な特徴

    検索エンジン「Elasticsearch」ベース

    Fessは、検索エンジンとして、強力な検索機能を有するエンタープライズ向け全文検索エンジン「Elasticsearch」を採用しています。

    Fessが「Elasticsearch」を内包しているため、別途インストールの必要はありません。また、「Elasticsearch」に関する深い知識も必要ありません。

    「Elasticsearch」で全文検索システムを構築する場合には、クローラ部分などの各種機能を自分で実装する必要性があります。Fessでは、クローラ部分に「Fess Crawler」を利用できるため、簡単に構築できます。

    「Fess」と「Elasticsearch」で、それぞれで冗長構成を組むことが可能です。高い拡張性を活かせる設計になっています。

    クロールエンジン「Fess Crawler」

    Fessでは「Fess Crawler」を利用して、Webサイト上/ファイルシステム上の各種ドキュメントを巡回して、検索インデックス情報を収集します。

    ポイント

    • Fess管理UIからクロール実行用パラメータ設定が可能
    • 「同時クロール数」「クロール間隔」の指定が可能
    • ファイルシステムクロール---対象ディレクトリ以下のディレクトリもクロール可能
    • 検索対象パスは正規表現指定が可能
    クロール対応形式
    • Webサイト
    • →静的ページ+動的ページに対応
    • ファイルシステム(Windows共有フォルダ)
    • →テキストファイル、PDFファイル
    • →MS Office系ファイル(Word/Excel/PowerPointなど)
    • →アーカイブファイル(zipなど)
    • →画像/音声ファイルなど
    • データベース(JDBCドライバ経由) など
    検索機能
    • シングルサインオン環境でのログイン状態による検索結果出力切り分け機能
    • 地図情報と連携したジオサーチ機能
    • 検索結果ラベル付け分類機能
    • 検索結果プロキシ機能
    Javaベース(OS非依存)

    「Java Runtime Environment」が稼働するすべてのプラットフォームに対応します。

    外部連携機能
    • JSON形式での検索結果出力連携
    • アクセストークン連携
    ユーザーインタフェース

    Fessでは「検索画面」や「管理画面」を提供しています。

    クロール設定などの設定はすべてGUI上で行えます。

    カスタマイズが必要な場合は、JSPを修正することでカスタマイズが可能です。

    TOPに戻る

    同様製品

    同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

    オープンソース製品:「Elasticsearch」「Groonga」「HyperEstraier」「BitFunnel」など。

    TOPに戻る

    オフィシャルサイト

    オフィシャルサイト

    →オープンソース全文検索サーバー Fess

    ライセンス情報

    Fessのライセンスは「Apache License Version 2.0」です。

    詳細について、こちらを参照ください。
    →オープンソース全文検索サーバー Fess →プロジェクトライセンス

    ダウンロード

    →オープンソース全文検索サーバー Fess →ダウンロード

    TOPに戻る

    参考元サイト

    TOPに戻る

    ※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。