オープンソース活用研究所 | 【セミナーレポート】Zabbix 4.0機能紹介(2/2)

【セミナーレポート】Zabbix 4.0機能紹介(2/2)

オープンソース活用研究所

2018年10月31日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

2018年9月19日(水)に『いよいよリリース!Zabbix 4.0の機能紹介と、Zabbixを中心とした運用自動化について』セミナーが開催されました。
https://osslabo.doorkeeper.jp/events/79187

本レポートでは、このセミナーでZabbix Japanの寺島氏に講演いただいたセッション『Zabbix 最新バージョン 4.0 機能概要とInterop Tokyo 2018 で実施したShowNet 環境の監視』の内容から、特にZabbix3.0~Zabbix4.0での機能改善内容部分について、2回に分けてレポートします。

シリーズ目次

→【セミナーレポート】Zabbix 4.0機能紹介(1/2)
→【セミナーレポート】Zabbix 4.0機能紹介(2/2)

2回目として、「障害検知・通知機能の改善(2)」「Webインターフェースの改善」「その他の改善」について紹介します。

※タイトルに記載されている『(3.4)』は「Zabbix3.4で導入された改善項目」であることを表しています。

障害検知・通知機能の改善(2)

トリガーのタグ (3.2)

トリガー設定で、タグを「タグ名+値」の形式で複数設定できます。

受信したデータの中から、正規表現を指定して部分文字列を抜き出したものを値に使用できるため、タグの動的設定が可能です。

新しい「障害」画面 (3.2)

Zabbix3.2で障害画面が変更され、それまでの「トリガー画面」や「イベント画面」をマージした構成になっています。

障害発生時刻と復旧時刻が対となるように表示され、タグも表示されます。

イベント相関関係ルール (3.2)

タグとイベントを関連付けてルールを設定することで、自動で障害クローズなどを行える機能です。

トリガーをまたいだイベントの関連付け

1つのアプリケーションに対する複数の監視項目に対して同一タグを設定しておくことで、関連性を明らかにできます。

トリガーが正常へ変化した場合にタグによる関連するイベントをクローズ

障害発生後、ログに「アプリケーションを起動できました」などの表示が出た場合に、「ポートチェック」や「プロセスチェック」などの関連して発生している障害を自動的にまとめてクローズできます。

必要度が低い障害を自動的にクローズできるため、画面上で対応しなければいけない障害を明確化できます。

アクションの並列実行 (3.2)

送信プロセスを複数起動できるようになっています。

並列実行設定による細かい調整も可能です。

障害通知メールに複数宛先を指定可能 (4.0)

メール送信宛先に複数アドレスを指定できます。

「メール通知数を減らせる」「他の誰が同一通知を受け取っているのか把握できる」などのメリットがあります。

Webインターフェースの改善

ダッシュボードの刷新(3.4)

ダッシュボードが改善され、さまざまなウィジェットを柔軟に配置できるようになっています。

ダッシュボードのグラフウィジェット(4.0)

グラフをマウスでポイントすると、「どの監視項目なのか?」「どのデータの値なのか?」などの情報がポップアップで表示されます。

表示期間セレクタの改善 (4.0)

グラフや障害履歴画面などでの期間選択機能が、スライダー形式ではなく、「直近1時間」や「直近1日」のように文字から選択する形式に変更されています。

その他の改善

ホストグループの階層化 (3.2)

スラッシュ区切りでホストグループを階層化できるようになったため、権限割り当ても分かりやすく設定できます。

タグを利用した権限の設定 (4.0)

ユーザーのアクセス権限についてタグを使ってフィルタをかけられるようになっています。

トリガーレベルのメンテナンス (4.0)

特定のタグに対して、メンテナンス状態に設定できます。

「特定のアプリ/サービスのみを停止させるが、他のサービスの監視は続けたい」などのケースに対応できます。

Zabbixプロキシ経由のリモートコマンド (3.4)

リモートコマンドとは、障害発生時に監視対象上で任意のコマンドを自動的に実行させる機能です。

「障害発生時に自動的に再起動」や「調査に必要な情報を保存しておく」などの作業を自動実行できます。

ヒストリ、イベントのリアルタイムエクスポート (4.0)

リアルタイムエクスポートは、「収集データ」や「発生した障害内容」についてリアルタイムでJSON形式テキストファイルに出力できる機能です。

「ログ分析基盤にデータ投入」や「他のツールとの連携活用」に利用できます。

Elasticsearchへ監視データを保存(実験的機能)

ヒストリーデータをElasticsearchに保存する機能です。

寺島氏は「現状では実験的機能であるため、本番環境での利用はおすすめできません」と述べています。

最後に

以上「Zabbix 4.0機能紹介(2/2)」として、ピックアップしてご紹介しました。

講演資料

講演資料は、以下のURLより無料で取得していただけます。

ぜひご参考いただければと思います。

https://majisemi.com/e/c/osslabo-20180919

シリーズ目次

→【セミナーレポート】Zabbix 4.0機能紹介(1/2)
→【セミナーレポート】Zabbix 4.0機能紹介(2/2)


OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【講演資料を公開】11/15 「Oracleの次世代データベース「Autonomous Database」とは? ~Autonomousの解説と、Oracle Cloud 及びマネージドサービスの紹介~」(2019年12月15日 09:00)

2019年11月15日(金)15:30~新丸の内ビルディング14Fにて 「Oracleの次世代データベース「Autonomous Database」とは? ~Autonomousの解説と、Oracle Cloud 及びマネージドサービスの紹介~」 と題したセミナーが開催されました。 多数のお申し込みをいただき、開催前から本テーマへの関心度の高さを感じることができました。ありがとう...

関連オープンソース

バックナンバー

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter