オープンソース活用研究所 | 【セミナーレポート】OSSがリードする「AI/Deep Learning」「自動運転」「ロボット開発」(1/3)

【セミナーレポート】OSSがリードする「AI/Deep Learning」「自動運転」「ロボット開発」(1/3)

オープンソース活用研究所

2018年04月11日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

2018年3月12日に開催された特別セミナー「OSSがリードする先進分野の技術」について、全3回に分けてセミナーレポートとしてご紹介します。

「OSSがリードする先進分野の技術」セミナーレポート目次
第1回:「セミナー概要」+「ディープラーニングを利用した音声認識と音声合成」
第2回:「オープンソースの活用が進む、ロボット開発」+「公道実験、実証実験が進む⾃動運転 / Autoware」
第3回:「日本生まれのオープンソース、Deep LearningフレームワークのChainer」+「懇親会/ライトニングトーク」

第1回は、「セミナー概要」と、オープニングセッション「ディープラーニングを利用した音声認識と音声合成」についてレポートします。

最初に、SCSK株式会社 R&Dセンター 技術戦略部 OSS戦略課の丹羽課長より、当勉強会の紹介がありました。「OSSユーザーのための勉強会」は、注目すべきオープンソースソフトウェア(OSS)を題材に、開発コミュニティの当事者とこれからOSSを学びたい人との交流・相互理解を通じて、共に見識を高めるための勉強会シリーズ「OSSユーザーのための勉強会 〈OSS X Users Meeting〉」を、2012年10月から開催しております。本年度5周年を迎え、記念イベントとして、2018年3月12日に「OSSがリードする先進分野の技術」をテーマに特別セミナーを開催いたしました。

AI/Deep Learning、自動運転やロボット開発など、話題のテーマだったこともあり、134名と多くの方にご参加いただきました。

資料はこちら:「ご挨拶:OSSユーザーのための勉強会のご紹介」( https://www.scsk.jp/lib/product/oss/pdf/OSS_D0.pdf

ディープラーニングで人間に近づいた、音声認識と音声合成

オープニングセッションとして、「ディープラーニングを利用した音声認識と音声合成」というテーマで、国立情報学研究所コンテンツ科学研究系の山岸順一准教授が講演されました。

現在、音声技術が組み込まれたさまざまな製品が急速に普及しており、私達の日常で、音声技術を使用したサービスが利用できるようになっています。主な例として、音声検索「Google voice search」、音声翻訳「Google translation」、音声対話エージェント「Siri」「Google Assistant」「Amazon Alexa」などがあります。

ディープラーニング技術の登場により、合成された音声品質も劇的に向上しており、人間が話す音声とほぼ同一レベルの音声合成が行えるようになっているそうです。また、音声認識についても、人間の単語認識精度と同レベルにまで達しているとのことです。

山岸氏は『音声技術がシンプルに利用できるようになったことで、副次的メリットとして、新興企業が参入しやすくなり、新しいビジネスを生み出すことができる技術の1つになっている』と語りました。

「ディープラーニングを利用した音声認識と音声合成」( https://www.scsk.jp/lib/product/oss/pdf/OSS_D1.pdf

次回は、
第2回:「オープンソースの活用が進む、ロボット開発」+「公道実験、実証実験が進む⾃動運転 / Autoware」
についてお届けします。

「OSSがリードする先進分野の技術」セミナーレポート目次
第1回:「セミナー概要」+「ディープラーニングを利用した音声認識と音声合成」
第2回:「オープンソースの活用が進む、ロボット開発」+「公道実験、実証実験が進む⾃動運転 / Autoware」
第3回:「日本生まれのオープンソース、Deep LearningフレームワークのChainer」+「懇親会/ライトニングトーク」


OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【講演資料を公開!】2/20「RPAはどのような業務にどこまで使えるのか?どこまで効果があるのか?」(2018年03月20日 11:15)

2018年2月20日(火)18:30~20:00 マジセミ竹芝オフィス にて「RPAはどのような業務にどこまで使えるのか?どこまで効果があるのか?」と題したセミナーを開催しました。 当日は、RPA導入に興味を持たれている方や課題をお持ちの方々がたくさんご来場くださいました。 とても和やかな雰囲気で質疑応答も多く有意義なセミナーとなりました。 ありがとうございました。 ご参加いただいた皆さま...

関連オープンソース

Torch(トーチ)

  • AI・人工知能

Torch(トーチ)とは、「機械学習ライブラリ」「科学計算フレームワーク」です。GPUを活用する機械学習アルゴリズムを幅広くサポートしています。

Pylearn2(パイラーンツー)

  • AI・人工知能

Pylearn2(パイラーンツー)とは、数値計算ライブラリ「Theano」ベースのオープンソースディープラーニングライブラリです。

scikit-learn(サイキットラーン)

  • AI・人工知能

scikit-learn(サイキットラーン)とは、Pythonのオープンソース機械学習ライブラリです。機能が充実している高品質ライブラリです。

MXNet(エムエックスネット)

  • AI・人工知能

MXNet(エムエックスネット)とは、「効率」と「柔軟性」を両立したディープラーニングフレームワークです。AWSが公式サポートを表明したことで大きな注目を集めています。

Theano(テアノ)

  • AI・人工知能

Theano(テアノ)とは、Python用数値計算ライブラリです。多次元配列を効率的に使用する数式について定義/最適化/評価でき、ディープラーニング計算処理によく利用されます。

DSSTNE(デスティニー)

  • AI・人工知能

DSSTNE(デスティニー)。ディープラーニングライブラリです。Amazonがオープンソース公開したもので、スパース(疎)データに強いという特徴があります。

Caffe(カフェ)

  • AI・人工知能

Caffe(カフェ)。オープンソースのディープラーニングライブラリです。画像認識に特化しており、高速処理が可能です。

Chainer(チェイナー)

  • AI・人工知能

Chainer(チェイナー)。日本製の深層学習フレームワークです。ニューラルネットワークをPythonで柔軟に記述し、学習させることができます。

TensorFlow(テンソルフロー)

  • AI・人工知能

TensorFlow(テンソルフロー)。Googleの機械学習/ディープラーニング/多層ニューラルネットワークライブラリです。データフローグラフを使用したライブラリで、複雑なネットワークを分かりやすく記述できます。

Microsoft Cognitive Toolkit(マイクロソフトコグニティブツールキット)

  • AI・人工知能

Microsoft Cognitive Toolkit(マイクロソフトコグニティブツールキット)。AI技術を利用したディープラーニング(深層学習)ツールキットです。旧称「CNTK」から改名されました。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

機械学習導入にあたって理解したい4つのステップ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 勉強会

facebook

twitter