オープンソース活用研究所 | 【セミナーレポート】Zenko Night #01---Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」とは

【セミナーレポート】Zenko Night #01---Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」とは

オープンソース活用研究所

2018年03月07日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

みなさん、「Zenko」というオープンソースをご存じでしょうか。

「Zenko」とは、いま注目されているオープンソースの1つで、Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理できるデータストレージソリューションです。

2018年2月8日(木)に、Zenkoのイベント「Zenko Night #01」が開催されました。

本レポートでは、Zenkoの開発元であるスキャリティ・ジャパンの仁戸様の講演についてお伝えします。

目次

講演『Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」とは(Zenko Night #01)』
■「マルチクラウド」という考え方
・「マルチクラウド」とは
・マルチクラウド要望が高まる理由
・SIerもマルチクラウド体制に
■「Zenko」マルチクラウドコントローラー
■特徴① 単一インターフェース(業界標準Amazon S3 API)でクラウド接続
・Zenkoのインターフェース
・クラウドデータストレージを選択
・オンプレミスストレージにも対応
・対象ストレージを柔軟にコントロール
■特徴② ネイティブのクラウドデータフォーマット
・既存の一般的なゲートウェイ製品の場合
・Zenkoの場合
・ネイティブフォーマットの利点
■特徴③ データワークフローエンジン(ポリシーベースのデータマネージメント)
・データワークフローエンジン「Backbeat」
■特徴④ メタデータサーチ(属性情報検索)
・「メタデータ(属性情報)」とは
・Zenkoがメタデータを保存
・メタデータサーチ(メタデータによる検索)
・メタデータサーチのメリット① 検索精度向上
・メタデータサーチのメリット② トランザクションコストの削減
・メタデータサーチの前提条件
■オープンソース版「Zenko」+エンタープライズ版「Zenko」
■Zenko導入事例「Bloomberg Media」
・Bloombergの要望
・Zenkoの導入効果

まとめ
■ハンズオン+ビアバースト
■講演資料
■次回予定「Zenko Night #02」

講演『Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」とは(Zenko Night #01)』

■「マルチクラウド」という考え方

「マルチクラウド」とは

マルチクラウドとは「複数のクラウドサービスを組み合わせて利用する運用方式」です。

近年、「AWS」「Azure」「Google Cloud Platform」などの複数のクラウドサービスを並行して利用するマルチクラウドに対する要望が高まってきています。

仁戸氏によると『これがZenkoが登場してきた背景』ということでした。

マルチクラウド要望が高まる理由

各クラウドサービスには、それぞれの特徴があり、「得意な分野(非常に優れている機能)」「不得意な分野」「コストパフォーマンス」「使い勝手」などの特色があります。

開発現場(開発者やプロジェクトの単位)からは、「DBとしてAWSのAuroraを利用したい」「Azureのマシンラーニングサービスを利用したい」「分析基盤としてGoogle Cloud PlatformのBigQuery/Bigtableを利用したい」「コスト削減のためにこちらのクラウドに切り替えたい」などのように、さまざまなクラウドサービスを使い分ける要望が出てきています。

そのため、基本としては「オンプレミス+AWS」で運用していたとしても、「このサービスはAzureを利用する」のようなマルチクラウド化が増えてきています。

SIerもマルチクラウド体制に

実際に利用するエンドユーザー様からのマルチクラウド化についての要望が多いため、SIerの体制もマルチクラウド体制に変化してきています。

少し前なら「AWS専属部隊」や「Google Cloud Platform専属部隊」などのようにクラウド単位で分かれていましたが、マルチクラウドに対応できるように組織体制が変更されているとのことです。

■「Zenko」マルチクラウドコントローラー

マルチクラウド化する状況に合わせて、スキャリティ・ジャパンは「Zenko」というソリューションを提供しています。

「Zenko」とは「マルチクラウドでデータを透過的に最適配置するためのソリューション」で、「クラウド環境を統合する機能」を提供します。

■特徴① 単一インターフェース(業界標準Amazon S3 API)でクラウド接続

Zenkoのインターフェース

Zenkoのインターフェースとして、事実上のデファクトスタンダードである「Amazon S3 API」を採用しています。

ユーザーのアプリケーションからは「Amazon S3 API」でZenkoに対してデータのput(get)を行います。

クラウドデータストレージを選択

Zenkoはマルチクラウドコントローラーとして機能します。Zenkoの設定で、実際にデータを書き込む(読み込む)クラウドデータストレージ(AWS/Azure/Google Cloud Platform)を選択できます。

オンプレミスストレージにも対応

スキャリティ・ジャパンが提供する「Scality RING」を利用することで、オンプレミスのデータストレージに対してもデータの書き込み(読み込み)を行えます。

対象ストレージを柔軟にコントロール

つまり、アプリケーション側から「Amazon S3 API」で1つのエンドポイント(Zenko)に対してput/getするだけで、実際にデータが書き込まれる(読み込む)ストレージをコントロールできます。

※スライド上で「S3 API」の下に「NFS」と記述されていますが、「NFS」はエンターブライズ版Zenkoの機能です。

■特徴② ネイティブのクラウドデータフォーマット

Zenkoは、アプリケーションとクラウドストレージの間に入る位置づけで、ゲートウェイ製品のような機能を提供します。

既存の一般的なゲートウェイ製品の場合

既存の一般的なゲートウェイ製品を経由してストレージに書き込まれたデータは、対象のゲートウェイ製品独自のフォーマットでデータの読み書きを行うため、「対象のゲートウェイ製品を経由しなければ読み込めない」という制限があります。

Zenkoの場合

Zenkoは、既存の一般的なゲートウェイ製品とは異なり、ストレージに対して、そのストレージのネイティブフォーマットで書き込みます。

例えば、アプリケーションから「Amazon S3 API」でZenkoに対して書き込みを行い、デフォルトストレージがAzureのストレージであった場合は、ZenkoはAzureストレージに対して、Azureのネイティブフォーマットで書き込みます。

ネイティブフォーマットの利点

各ストレージに対して、それぞれのネイティブフォーマットで書き込むことにより、Zenkoを経由しなくても、さまざまなサービスがそのデータを読み込めます。

AWSストレージの場合では、Zenko経由で書き込まれたデータに対して、「CloudFront」「Amazon EMR」「その他のAWSサービス」が直接アクセスできます。

Azureストレージの場合では、Zenko経由で書き込まれたデータに対して、「AzureマシンラーニングAPI」や「その他のAzureサービス」が直接アクセスできます。

■特徴③ データワークフローエンジン(ポリシーベースのデータマネージメント)

Zenkoを利用することで、「クラウドAからクラウドB」「オンプレミスからクラウド」のように、ポリシーベースでのデータマネージメント(データ移動)を行えます。

データワークフローエンジン「Backbeat」

Zenkoの内部に「Backbeat」というモジュールが搭載されています。

このBackbeatがメタ情報を活用して、「クラウドAからクラウドB」「オンプレミスからクラウド」のような形で、データレプリケーションを実行します。

■特徴④ メタデータサーチ(属性情報検索)

「メタデータ(属性情報)」とは

ファイルシステムベースの場合、「タイムスタンプ」「オーナー」「グループ」「パーミッション」などのメタデータ(属性情報)が付加されます。

オブジェクトストレージベースの場合には、ユーザーがオブジェクトに対して、任意の「タグ」や「ヘッダ」などのメタデータを付加できます。

Zenkoがメタデータを保存

Zenko経由でオブジェクトストレージにデータが書き込まれる場合、オブジェクトデータ自体は、バックエンドの対象オブジェクトストレージ(Azure/AWS/Google Cloud Platform)内に保存されます。

Zenko内部にオブジェクトデータは保存しませんが、Zenkoはオブジェクトデータに付加されているメタデータを抽出し、Zenko内部のデータベースに保存します。

メタデータサーチ(メタデータによる検索)

アプリケーションがZenko経由でデータを読み込む場合、Zenko内部に保存されているメタデータを活用した検索を行えます。

メタデータサーチのメリット① 検索精度向上

アプリケーションが付加したメタデータを検索条件として使用できるため、アプリケーション側が望むデータを検索しやすくなり、ストレージとしての価値を高めることができます。

メタデータサーチのメリット② トランザクションコストの削減

多くのクラウドオブジェクトストレージサービスでは、「データ書き込み時は無料」ですが「データ読み込み時は有料」という料金体系になっています。

一般的な検索システムで、クラウドオブジェクトストレージに大量に保存されているデータに対して検索をかける場合、対象範囲となるすべてのデータを読み込む必要があるため、データ読み込みトランザクションに対する課金が発生してしまいます。

しかし、Zenkoを経由する検索で、検索条件がメタデータのみでカバーできる場合、Zenko内部に保存されているメタデータのデータベースを検索し、合致したオブジェクトデータのみを読み込むことができるため、トランザクション課金を最低限まで削減できます。

メタデータサーチの前提条件

仁戸氏によると『メタデータサーチを十分に活用するためには、アプリケーション側(ユーザー側)で適切にメタデータが付加されるように、アプリケーション設計段階から考慮する必要があります』ということです。

■オープンソース版「Zenko」+エンタープライズ版「Zenko」

Zenkoには、無償オープンソース版「Zenko Open Source」と、有償エンタープライズ版「Zenko Enterprise Edition (EE)」の2つのエディションがあります。

今回の紹介では、主に、無償オープンソース版「Zenko Open Source」について紹介しています。

有償エンターブライズ版「Zenko Enterprise Edition (EE)」は、2018年の前半にリリース予定とのことです。

■Zenko導入事例「Bloomberg Media」

Zenkoを導入している一番大きなユーザーとして、アメリカの金融系メディア「Bloomberg Media」があります。

Bloombergはグローバルで展開しており、世界各国で「記事作成→編集→配信」業務を行っています。

Bloombergの要望

Bloombergはグローバル展開でしているため「クラウドサービスを使いたい」という要望でした。しかし、地域によって、サービス内容/機能/コストなどが異なるため「さまざまなクラウドサービスを使いたい」「オンプレミスにもデータがあるため、これらのデータもシームレスに連携したい」という要望でもあったそうです。

Zenkoの導入効果

そこで、Zenkoが導入され、透過的なデータコントロールにより、世界各地において、「それぞれの地域で利用できる各種クラウドストレージサービス」や「オンプレミスストレージ」などを連携でき、グローバルでの記事作成から配信までの一貫した作業について、大幅な効率化を実現されています。

まとめ

「Zenko Night #01」はいかがでしたでしょうか。

■ハンズオン+ビアバースト

ご紹介した講演の他に、「Zenkoハンズオン」「ビアバースト(懇親会)」も行われ、(ビアバーストならではの)貴重なお話も伺えるなど、参加者された皆様と有意義な時間を過ごすことができました。

■講演資料

講演資料は、以下のURLより無料で取得していただけます。

ぜひご参考いただければと思います。

→マジセミ →Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」、コミュニティ・キックオフイベント(Zenko Night #01)

■次回予定「Zenko Night #02」

次回の「Zenko Night #02」は、3月8日(木)に開催予定です。

Zenkoに興味を持っていただいた方は、ぜひご参加ください!

以下のURLから申し込みできます。

→Doorkeeper →Zenko使ってみた(Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」勉強会/Zenko Night #02)


OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【講演資料を公開】10/31「注目のIDaaS「Okta」の概要と認証基盤選定のポイント ~ガートナー マジック・クアドラント で IBM や Oracle を抑えて5年連続リーダー~」(2018年12月06日 16:25)

2018年10月31日(水)15:30~17:30 株式会社ユニファイドサービス 会議室 にて「注目のIDaaS「Okta」の概要と認証基盤選定のポイント ~ガートナー マジック・クアドラント で IBM や Oracle を抑えて5年連続リーダー~」と題したセミナーを開催いたしました。 Oktaへの関心度が高く、質疑応答も和やかな雰囲気の中終えることができました。ありがとうございました。当...

関連オープンソース

OpenStack(オープンスタック)

  • クラウド基盤

OpenStack(オープンスタック)とは、クラウド環境(プライベート/パブリック/ハイブリッド)を構築するためのソフトウェアプラットフォームです。マルチテナント型のIaaSを提供します。

PrimeCloud Controller(プライムクラウドコントローラー)

  • その他

PrimeCloud Controller(プライムクラウドコントローラー)とは、ハイブリッドクラウド対応クラウド制御コントローラーです。プライベート/パブリッククラウドを簡単なGUI操作で統一的な管理を行えます。

LXC(Linux Containers)

  • 仮想化ソフト

LXC(Linux Containers)とは、Linux用の仮想化ソフトウェアです。OSレベルで単一Linuxカーネルを使用して複数の独立したLinuxシステムコンテナを作成します。

GlusterFS(グラスターエフエス)

  • 仮想化ソフト

GlusterFS(グラスターエフエス)とは、分散ストレージ(ネットワークファイルシステム)です。一般的な既製ストレージハードウェアを利用してストレージシステムを構築できます。

Eucalyptus(ユーカリプタス)

  • クラウド基盤

Eucalyptus(ユーカリプタス)とは、AWS互換のプライベートクラウドを構築するためのオープンソースソフトウェアです。

Cloud Foundry(クラウドファウンドリー)

  • クラウド基盤

Cloud Foundry(クラウドファウンドリー)とは、PaaS(Platform as a Service)ソフトウェアでクラウドアプリケーションプラットフォームを提供します。

vSphere(ブイスフィア)

  • 商用製品

vSphere(ブイスフィア)とは、VMware社の仮想化ソフトウェアパッケージ製品です。業界をリードする仮想化プラットフォームであり、圧倒的シェアを誇ります。

BigQuery(ビッグクエリ)

  • Google Cloud Platform

BigQueryとは、Google Cloud Platformが提供するフルマネージドのエンタープライズ向けアナリティクスデータウェアハウスです。

Azure Web Apps(アジュールウェブアップス)

  • Microsoft Azure

Azure Web Appsとは、ミッションクリティカルなWebアプリケーションを迅速に構築/デプロイできるサービスです。

AWS Organizations(エーダブリューエスオーガニゼイション)

  • Amazon Web Services

AWS Organizationsとは、複数のAWSアカウントを統合し、ポリシーベースで一元管理できるアカウント管理サービスです。

Google Cloud DNS(グーグル クラウド ディーエヌエス)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud DNSとは、マネージド権威DNS(ドメインネームシステム)サービスです。非常に高い可用性を提供します。

Azure Monitor(アジュール モニター)

  • Microsoft Azure

Azure Monitorとは、Azureリソースを監視するためのプラットフォームサービスです。Azureリソースの運用/メンテナンスに必要な詳細監視データのすべてを一元的に把握し管理できます。

Amazon Simple Email Service(アマゾン シンプル イーメール サービス)

  • Amazon Web Services

Amazon Simple Email Service(Amazon SES)とは、Amazonが提供するフルマネージド型のメール配信サービスです。アプリケーションや他のAWSサービスとシームレスに統合されます。

Zenko(ゼンコ)

  • その他

Zenko(ゼンコ)とは、「Amazon S3」ベースのマルチクラウドデータコントローラーです。クラウド間で統一されたインターフェースを提供し、異種環境間のデータワークフローをサポートします。

Kernel-based Virtual Machine(カーネルベースド バーチャルマシン)

  • 仮想化ソフト

Kernel-based Virtual Machine(KVM)(カーネルベースド バーチャルマシン)とは、Linuxカーネルに搭載されているハイパーバイザ型仮想化機能です。Linux内に仮想マシンを作成し、Linux/Windowsなどの複数のゲストOSを起動できます。

Google Cloud Platform(グーグル クラウド プラットフォーム)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud Platform(GCP)とは、Googleのクラウドコンピューティングプラットフォームです。Google社が展開している各種サービスが利用しているテクノロジーやインフラを使用してオンプレミスインフラ環境をクラウド化できます。

CircleCI(サークル シーアイ)

  • クラウドサービス

CircleCIとは、継続的インテグレーション(デリバリー)サービスです。コミットからデプロイまでのパイプラインを作成し、継続的な統合/配信を使用してソフトウェア開発プロセスを自動化できます。

Amazon Kinesis(アマゾン キネシス)

  • Amazon Web Services

Amazon Kinesisとは、AWSのフルマネージド型ストリーミングサービスです。大規模なストリーミングデータについて、リアルタイムで収集/処理/分析を行えます。

Amazon Redshift(アマゾン レッドシフト)

  • Amazon Web Services

Amazon Redshiftとは、AWSが提供するクラウド型データウェアハウス(DWH)サービスです。大容量データを高速処理でき、費用対効果の高いデータウェアハウスを利用できます。

Microsoft Azure(マイクロソフト アジュール)

  • Microsoft Azure

Azure(Microsoft Azure)とは、Microsoft社が提供しているクラウドプラットフォーム(PaaS/IaaS)です。統合ツール/DevOps/マーケットプレースなどにより、シンプルモバイルアプリからエンタープライズソリューションまで効率的に構築できます。

Amazon Web Services(アマゾン ウェブ サービス)

  • Amazon Web Services

AWS(Amazon Web Services)とは、Amazonが提供するインフラストラクチャプラットフォームで、さまざまなクラウドサービスを提供しています。クラウドサービスシェア1位を誇るグローバルクラウドプラットフォームです。

Cloud IoT Core(クラウド アイオーティー コア)

  • Google Cloud Platform

Cloud IoT Coreとは、Google Cloud Platform上で、広範囲に分散したIoTデバイスの接続/管理/データ取り込みの管理を行うためのフルマネージドサービスです。

Azure Table Storage(アジュール テーブル ストレージ)

  • Microsoft Azure

Azure Table Storageとは、NoSQLの構造化データをクラウド内に格納するマネージドサービスです。大規模な半構造化データセットを使用して迅速な開発を行うためのNoSQLキーバリューストアサービスです。

AWS CloudFormation(エーダブリューエス クラウドフォーメーション)

  • Amazon Web Services

AWS CloudFormationとは、Amazon Web Servicesリソースをモデル化するプロビジョニングサービスです。テンプレートファイルからインフラストラクチャを構築し、依存関係の自動調整も行います。

Google Cloud SDK(グーグル クラウド エスディーケー)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud SDKとは、Google Cloud Platformのプロダクト/リソース/サービスなどをコントロールするためのコマンドラインツール群です。

Azure Blob Storage(アジュール ブロブ ストレージ)

  • Microsoft Azure

Azure Blob Storageとは、Azureのオブジェクトストレージサービスです。あらゆる種類の非構造化データを格納できます。

Amazon API Gateway(アマゾン エーピーアイ ゲートウェイ)

  • Amazon Web Services

Amazon API Gatewayとは、AWSのマネージドAPI管理サービスです。APIについて作成/配布/保守/監視/保護などを行え、大規模APIにも対応できます。

Mackerel(マカレル)

  • クラウドサービス

Mackerelとは、エージェント常駐型のSaaS型サーバ監視サービスです。「ロール」概念を用いて、ホストの運用/管理を容易に行えます。

Datadog(データドッグ)

  • クラウドサービス

Datadogとは、運用監視クラウドサービスです。スタック全体(アプリケーションレベルからホスト/VMレベルまで)について、リアルタイムでの詳細なメトリック監視を行えます。

Docker(ドッカー)

  • 仮想化ソフト

Docker(ドッカー)。オープンソースのコンテナ型仮想化ソフトウェアです。ソフトウェアコンテナ内のアプリケーションデプロイメントを自動化します。コンテナ管理の手軽さ/インスタンス操作(起動など)の高速性は、クラウドサービス/ビッグデータ基盤などを管理するためのIT基盤として高く評価されています。

Google Cloud Endpoints(グーグル クラウド エンドポインツ)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud Endpoints(GCE)とは、Google Cloud Platformの分散API管理サービス(APIゲートウェイ)です。API の開発/デプロイ/保護/モニタリングを行えます。

Azure API Management(アジュール エーピーアイ マネジメント)

  • Microsoft Azure

Azure API Managementとは、API用マネージドサービスです。APIゲートウェイを作成し、外部/内部に対して安全かつ大規模に発行できます。

AWS Direct Connect(エーダブリュエス ダイレクト コネクト)

  • Amazon Web Services

AWS Direct Connectとは、AWSの専用線接続サービスです。「社内オンプレミス環境」と「AWSクラウド環境」を専用線で接続できます。インターネット経由では確保できない高品質なネットワークパフォーマンスを得られます。

Azure Content Delivery Network(アジュールコンテントデリバリーネットワーク)

  • Microsoft Azure

Azure Content Delivery Network(Azure CDN)とは、Azureのコンテンツ配信ネットワークサービスです。静的コンテンツ(Webコンテンツ/画像/動画など)を大多数に対して安定して配信するためのソリューションです。

AWS コマンドラインインターフェイス(エーダブリュエス コマンドライン インターフェイス)

  • Amazon Web Services

AWSコマンドラインインターフェイス(AWS CLI)とは、AWSサービスを管理するコマンドラインツールです。コマンドラインから多種多様なAWSサービスを制御し、スクリプトで処理を自動化できます。

Amazon Elastic Block Store(アマゾン エラスティック ブロックストア)

  • Amazon Web Services

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)とは、AWSの永続的ブロックストレージボリュームです。「Amazon EC2」インスタンスと組み合わせて使用できます。

Sansan(サンサン)

  • クラウドサービス

Sansanとは、法人向けクラウド型名刺管理サービスです。社内のすべての名刺を一元管理することで「名刺を企業の資産に変える」がコンセプトになっています。

freee(フリー)

  • クラウドサービス

freeeとは、株式会社freeeが提供するクラウド型会計ソフトです。「経理/簿記知識に詳しくなくても利用できる」「入出金明細を取り込み自動記帳」などの特徴があります。

Google Cloud Launcher(グーグル クラウド ランチャー)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud Launcherとは、Google Cloud Platformで動作するソフトウェアパッケージをすばやく導入するためのツールです。さまざまなパッケージが用意されており、GCP上でデプロイ/統合できます。

Google Cloud SQL(グーグル クラウド エスキューエル)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud SQLとは、Google Cloud Platformの「MySQL」および「PostgreSQL」のPaaSデータベースサービスです。リレーショナルデータベースの設定/メンテナンス/運用/管理のフルマネージドサービスを提供します。

Azure Marketplace(アジュール マーケットプレイス)

  • Microsoft Azure

Azure Marketplaceとは、Azure仮想マシン上でのサービス構築に役立つオンラインマーケットプレースです。Azureユーザーは、数クリックで、さまざまなアプリケーション/サービスについて、検索/購入/デプロイが可能です。

Visual Studio Tools for Azure(ビジュアルスタジオツールズ フォー アジュール)

  • Microsoft Azure

Visual Studio Tools for Azureとは、統合開発環境「Visual Studio」でAzure上のアプリケーション/サービスを開発するための機能群です。

AWS Identity and Access Management(エーダブリュエス アイデンティティ アンド アクセスマネージメント)

  • Amazon Web Services

AWS Identity and Access Management(AWS IAM)とは、AWSユーザーに対して、各種AWSリソースへのアクセス権限について設定/制御を行うサービスです。ユーザーとグループに対する詳細なアクセス権限設定を行えます。

AWS Simple Monthly Calculator(エーダブリュエス シンプルマンスリーカリキュレーター)

  • Amazon Web Services

AWS Simple Monthly Calculatorとは、AWSの料金をシミュレーションできる見積作成サービスです。各サービスの使用想定に応じて詳細な見積が可能です。

Twilio(トゥイリオ)

  • クラウドサービス

Twilioとは、電話/SMS/ビデオ/チャットを用いたクラウドアプリケーションを構築するための「クラウド電話API」サービスです。数行のコードを書くだけで「ネット」と「電話/SMS」をつなぐサービスを構築できます。

Speak2Leads(スピークツーリード)

  • クラウドサービス

Speak2Leads(S2L)とは、API経由での通話サービスを提供する「クラウド電話サービス」です。「1行のAPIコールで実装できる」点が特徴で、用途にマッチしていれば、すぐに使い始めることが可能です。

Google Cloud Virtual Network(グーグル クラウドバーチャルネットワーク)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud Virtual Networkとは、仮想ネットワークを構築できるサービスです。Google Cloud Platformのリソースをプロビジョニングして、「リソース間接続」や「Virtual Private Cloud(VPC)内での相互接続/分離」などを行えます。

Google Cloud Vision API(グーグル クラウドビジョンエーピーアイ)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud Vision APIとは、Google Cloud Platform(GCP)が提供する画像認識サービスです。機械学習モデルを利用して、対象画像を分析し、さまざまな情報を取得できます。

Azure Virtual Machines(アジュール バーチャルマシン)

  • Microsoft Azure

Azure Virtual Machines(Azure VM)とは、Azureの仮想マシン提供サービスです。Windows系/Linux系/各種オープンソースプロダクトなどの多くのマシンイメージが用意されています。

Azure Active Directory(アジュール アクティブディレクトリ)

  • Microsoft Azure

Azure Active Directory(Azure AD)とは、クラウドベースのID(ディレクトリ)管理サービスです。統合的なID管理により、「シングルサインオンによる生産性向上」「ITプロセス効率化」「セキュリティ強化」「コスト削減」などの効果を見込めます。

Amazon Virtual Private Cloud(アマゾン バーチャルプライベートクラウド)

  • Amazon Web Services

Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)とは、AWS上で利用者が占有可能な仮想プライベートネットワークを構築できるサービスです。「ネットワーク設計自由度」「多様な外部通信」「セキュリティ」などの特徴があります。

Amazon CloudWatch(アマゾン クラウドウォッチ)

  • Amazon Web Services

Amazon CloudWatchとは、「AWSクラウドリソース」と「AWS上で実行されるアプリケーション」のモニタリングサービスです。アラーム設定による自動対応も可能です。

IBM Bluemix Infrastructure(アイビーエム ブルーミックス インフラストラクチャ)

  • クラウドサービス

IBM Bluemix Infrastructure(旧名:SoftLayer)とは、IBMのクラウドサービスです。IaaSサービスを提供し、「独自グローバルネットワーク」「物理サーバプロビジョニング」「プライベートネットワーク内のデータ転送料が無料」などの特徴があります。

Box(ボックス)

  • クラウドサービス

Boxとは、企業向けファイルストレージサービスです。米国Fortune500社においてビジネスユース実績No.1のシェアを獲得しています。

Cloud Console(クラウド コンソール)

  • Google Cloud Platform

Cloud Consoleとは、Google Cloud Platformの統合型管理コンソールです。Webベースのシンプルインタフェースで各種管理を行えます。

Cloud Storage(クラウド ストレージ)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud Storageとは、Google Cloud Platformの統合型オブジェクトストレージです。「頻繁にアクセスするホットデータ」や「アーカイブ用データ」などの各種クラスによるデータライフサイクルに対応できます。

Azure Backup(アジュール バックアップ)

  • Microsoft Azure

Azure Backupとは、Azureのバックアップサービスです。クラウド環境データ、オンプレミス環境データ、仮想マシン環境データなどをAzure上ストレージにバックアップし、元環境へ復元できます。

Azureポータル(アジュール ポータル)

  • Microsoft Azure

Azureポータルとは、Azureの統合コンソールです。さまざまなクラウド機能について構築/管理/監視を行えます。デプロイ管理機能も統合されている点が特徴です。

Amazon Relational Database Service(アマゾン リレーショナル データベース サービス)

  • Amazon Web Services

Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)とは、AWS上で各種リレーショナルデータベースを利用できるマネージドサービスです。各種DBのセットアップ/運用/スケーリングを容易に行なえます。

AWSマネジメントコンソール(エーダブリューエスマネジメントコンソール)

  • Amazon Web Services

AWSマネジメントコンソールとは、AWSの管理用Webインタフェースです。AWSの各サービスへのアクセスなどを行い、シンプルで直感的な操作が可能です。

Compute Engine(コンピュート エンジン)

  • Google Cloud Platform

Compute Engineとは、「Google Cloud Platform」の仮想マシン提供サービスです。「Googleアカウント一元管理」「ライブマイグレーション」「高速性」「大規模クラスタ対応」などの特徴があります。

OneDrive(ワンドライブ)

  • クラウドサービス

OneDriveとは、Microsoftのクラウドストレージサービスです。「Microsoft Officeとの親和性」「高度な写真管理機能」などが特徴です。

Googleドライブ(グーグル ドライブ)

  • クラウドサービス

Googleドライブとは、Googleが提供するオンラインストレージサービスです。「使いやすい共有機能」「ファイル形式変換機能」「Googleドライブ形式ファイルは容量無制限」などの特徴があります。

Commerce Cloud Einstein(コマースクラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Commerce Cloud Einsteinとは、Salesforceの電子商取引(EC)向けクラウドサービスです。さまざまなチャネル(Web、モバイル、ソーシャル、実店舗など)を横断した運営業務を支援します。

Stream Analytics(ストリーム アナリティクス)

  • Microsoft Azure

Stream Analyticsとは、Azureのリアルタイムストリーム処理サービスです。デバイス、センサー、アプリケーションなどのデータをリアルタイム集計するIoT対応分析ソリューションを開発できます。

Azure Bot Service(アジュール ボット サービス)

  • Microsoft Azure

Azure Bot Serviceとは、AzureのサーバレスBOTサービスです。テンプレートを使用して迅速なBOT開発を行えます。

Amazon Polly(アマゾン ポリー)

  • Amazon Web Services

Amazon Pollyとは、テキストをリアルな音声に変換するAWSのサービスです。フルマネージド型の「Text-to-speech」機能を提供します。

Amazon Lex(アマゾン レックス)

  • Amazon Web Services

Amazon Lexとは、会話型インタフェースアプリケーションを構築するためのAWSサービスです。音声やテキストを使用したアプリケーション(対話ボットなど)を構築できます。

Aipo.com(アイポ)

  • クラウドサービス

Aipo.comとは、グループウェアサービスです。35000社以上の企業に導入されている実績があります。

サイボウズLive(サイボウズ ライブ)

  • クラウドサービス

サイボウズLiveとは、チーム運営に必要な機能を提供するグループウェアサービスです。利用者が100万人を超える日本最大級のグループウェアです。

App Cloud(アップ クラウド)

  • Salesforce

App Cloudとは、Salesforceのアプリケーション開発プラットフォームです。アプリ開発/実行/管理/最適化の各種機能を提供します。

Analytics Cloud Einstein(アナリティクス クラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Analytics Cloud Einsteinとは、Salesforceが提供する分析プラットフォームです。AI「Einstein」を取り入れた効率的な分析機能が特徴です。

Azure HDInsight(アジュール エイチディ インサイト)

  • Microsoft Azure

Azure HDInsightとは、クラウドによって機能強化されたHadoopディストリビューションです。エンタープライズ向けの大規模データ分散処理サービスを提供します。

Azure Machine Learning(アジュール マシンラーニング)

  • Microsoft Azure

Azure Machine Learningとは、Microsoft Azureの機械学習サービスです。コーディングを行なうことなくドラッグ&ドロップで機械学習を行える点が特徴です。

Amazon Rekognition(アマゾン リコグニション)

  • Amazon Web Services

Amazon Rekognitionとは、ディープラニング技術を利用したフルマネージド型の画像認識サービスです。画像分析機能を簡単にアプリケーションに追加できます。

Amazon Machine Learning(アマゾン マシン ラーニング)

  • Amazon Web Services

Amazon Machine Learningとは、AWSが提供する機械学習用プラットフォームです。どのスキルレベルの開発者でも、簡単に機械学習テクノロジーを使用できるサービスです。

Brabio!(ブラビオ)

  • クラウドサービス

Brabio!とは、国産のプロジェクト管理用クラウドサービスです。プロジェクト進捗をガントチャートで管理できます。「ガントチャートをExcelより遥かにラクに作れる」サービスです。

Dropbox(ドロップボックス)

  • クラウドサービス

Dropboxとは、代表的なクラウドストレージサービスです。世界中で多くのユーザーに利用されています。

Community Cloud Einstein(コミュニティ クラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Community Cloud Einsteinとは、Salesforceが提供するコミュニケーションプラットフォームです。「企業」「顧客」「パートナー」「社員」などをつなげるコミュニティを作成できます。

Marketing Cloud Einstein(マーケティング クラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Marketing Cloud Einsteinとは、Salesforceの統合マーケティングサービスです。AI「Einstein」を活用した豊富なマーケティングサービスを提供します。

Cloud Services(クラウド サービス)

  • Microsoft Azure

Cloud Servicesとは、PaaS(Azureのホスティングサービスの1つ)です。アプリケーション(API)をデプロイして動作させます。OSのメンテナンスから解放されるメリットがあります。

Azure Storage(アジュール ストレージ)

  • Microsoft Azure

Azure Storageとは、Azure用のストレージサービスです。用途に応じたストレージタイプを選択して利用します。「拡張性」「柔軟性」「安全性」が特徴です。

AWS Database Migration Service(アマゾン データベース マイグレーション サービス)

  • Amazon Web Services

AWS Database Migration Serviceとは、既存データベースをAWSへ移行するサービスです。データベースプラットフォームの同種異種を問わず、ダウンタイム最小限で移行できる点が特徴です。

Amazon Aurora(アマゾン オーロラ)

  • Amazon Web Services

Amazon Auroraとは、クラウドネイティブなリレーショナルデータベースエンジンです。MySQLおよびPostgreSQL互換で、「高速性」「可用性」「コストメリット」が特徴です。

Xen(ゼン)

  • 仮想化ソフト

Xen(ゼン)とは、仮想化ソフトウェアです。1つのホストサーバ上で複数OSを同時並行で動作させます。

ChatWork(チャットワーク)

  • クラウドサービス

ChatWorkとは、メール/電話/会議に代わるコミュニケーションツールです。業務効率化を目的としていて、ビジネスチャットNo1を獲得しています。

kintone(キントーン)

  • クラウドサービス

kintoneとは、Webデータベース型ビジネスアプリ構築クラウドサービスです。「cybozu.com」プラットフォーム上のサービスで、ドラッグ&ドロップで簡単にさまざまなビジネスアプリを作成できます。

Service Cloud Einstein(サービス クラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Service Cloud Einsteinとは、Salesforceのカスタマーサービスを支援するオペレーター向けクラウドサービスです。AI「Salesforce Einstein」によるインテリジェントなサポート機能が特徴です。

Sales Cloud Einstein(セールス クラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Sales Cloud Einsteinとは、クラウド型CRM/SFAサービスです。世界トップシェアを誇るサービスで、AI「Salesforce Einstein」によるサポート機能が特徴です。

SQL Database(エスキューエル データベース)

  • Microsoft Azure

Azure SQL Databaseとは、「Microsoft SQL Server」ベースのクラウドネイティブリレーショナルデータベースサービス(PaaS/DBaaS)です。開発者の生産性を向上させる点に重点が置かれています。

App Service(アップ サービス)

  • Microsoft Azure

Azure App Serviceとは、Microsoft Azureが提供するPaaS(Platform as a Service)です。統合クラウドアプリケーションサービスとして、各種プラットフォーム用Web/モバイルアプリケーション環境を提供します。

Amazon Simple Storage Service(アマゾン シンプル ストレージ サービス)

  • Amazon Web Services

Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)とは、AWSの中核となるオブジェクトストレージサービスです。「シンプル」「可用性」「スケーラブル」などの特徴があります。

Amazon Elastic Compute Cloud(アマゾン エラスティック コンピュート クラウド)

  • Amazon Web Services

Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)とは、商用パブリッククラウドタイプの仮想サーバホスティングサービスです。仮想マシンをWebサービスとして提供します。「堅牢性」を特徴としており、非常に多くのシェアを誇ります。

CephFS(セフエフエス)

  • 仮想化ソフト

CephFS(セフエフエス)。分散ファイルシステムです。分散マルチプロトコルストレージシステム「Ceph」のストレージクラスタで使用されます。

Ceph(セフ)

  • 仮想化ソフト

Ceph(セフ)。分散マルチプロトコルストレージシステムです。オブジェクト単位/ブロック単位/ファイル単位のアクセスが可能で、OpenStack環境向けストレージとしても利用されています。

Oracle VM VirtualBox(オラクルブイエムバーチャルボックス)

  • 仮想化ソフト

Oracle VM VirtualBox(オラクルブイエムバーチャルボックス)。マルチプラットフォーム仮想化ソフトウェアです。コンピュータ上に仮想的コンピュータ(仮想マシン)を構築し、その中でゲストOSを起動して操作できます。

CoprHD(カッパーヘッド)

  • 仮想化ソフト

CoprHD(カッパーヘッド)。ストレージ仮想化ソリューションです。「SDS(Software-Defined Storage、ソフトウェア定義ストレージ)」により、マルチベンダーストレージを一元管理して、シンプルで拡張可能なプラットフォームを実現します。

CloudStack(クラウドスタック)

  • クラウド基盤

CloudStack(クラウドスタック)。オープンソースのIaaSクラウド基盤ソフトウェアです。「Amazon EC2」に相当する機能を備えており、パブリック/プライベートクラウドを構築できます。

バックナンバー

関連記事

  • 勉強会

facebook

twitter