オープンソース活用研究所 | 三回目「基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』への期待」

三回目「基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』への期待」

オープンソース活用研究所

2017年07月18日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

2017年4月5日、渋谷にあるGMOグローバルサイン株式会社において、「【パートナー募集】基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』との協業で貴社のビジネスを拡大する」と題したセミナーを開催しました。

本セミナーでは、基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス「SKUID」を紹介するとともに、「SKUID」やパートナーとの協業プランについて、参加者からご意見をいただきました。

本レポートでは、参加者からいただいたご意見を3回にわたりご紹介します。第3回は、SKUIDと自社サービスとを組み合わせて提供することに関する議論です。

クラウドサービスの代理店でも参加できるプログラムにしてほしい

ファシリテーター:SKUIDの活用に関して、他のアイデアはありますか。

参加者J:弊社はクラウドサービスでいくつかの会社のパートナー、いわゆる代理店になっています。例えばSKUIDを入れた当社のお客様が、SKUIDのマーケットプレイスでクラウドサービスを購入した場合、弊社の代理店契約の範囲外、つまり代理店手数料が入ってこないということですよね。

ファシリテーター:今のところはそうだと思います。それは御社にとってビジネスのネックになりそうですか。

参加者J:代理店はどこで手数料を取るのかという話です。SKUIDのマーケットプレイスで弊社が利益を出せるのであればそれで構いません。しかし、弊社がSKUIDのパートナーとして初期導入を支援したとして、その後はお客様がマーケットプレイスから直接色々なサービスを受けることができるとなると、販売代理店としての役割がなくなっていくのではないかと懸念しています。

ファシリテーター:そこは改善の余地があると思いますので、ご意見も伺いながら何らかの方法を考えさせていただきたいと思います。ご指摘ありがとうございます。

APIの認証にも対応してほしい

ファシリテーター:パートナープログラムの内容について、「もっとこうしてくれると、うちのビジネスが儲かるんだけど」というような話はありますか。

参加者K:私はクラウドのEAIツール、データ連携のためのツールを提供するビジネスを行っています。基本的には代理店を増やし、営業を行ってもらう形をとっています。

ファシリテーター:SKUIDとはどのような協業のイメージでしょうか。

参加者K:私どもの製品とSKUIDを組み合わせたサービスを開発し、それをSKUIDのマーケットプレイスで販売できればと思いました。SKUIDは認証のところだけに特化していますが、弊社のサービスは、例えばマスタデータやWebシステムで入力したデータを他のサービスに連携するというものなので、その認証機能としてSKUIDを使いたいと思います。また、現在は対応していないでしょうが、例えばサイボウズのKintoneであれば、Kintone用のID・パスワードを入れなければKintoneのAPIを使えないところを、SKUIDのID・パスワードを入れることによって各アプリケーションの認証が完了し、APIを使えると面白いと思います。

ファシリテーター:APIの認証のところで、SSOのようなことができれば良いということですか。

参加者K:そうですね。

ファシリテーター:面白いアイデアですね。検討させていただきます。ぜひご一緒させていただければと思います。

ID管理のビジネスとSKUIDを組み合わせていきたい

ファシリテーター:参加者Lさんは、SKUIDをOpenAMに並んで両方提案できるようにしたいということでしょうか。

参加者L:そうです。弊社は統合ID管理のパッケージ商品を主力で提供しており、その統合ID管理はMicrosoft ADのサブツール的な要素です。ほとんどのお客様が1,000ユーザー以上で、自社ではAD管理ができないところに弊社製品を提案しています。私どもはシングルサインオンではOpenAMを使っていますが、苦労した部分があり、SKUIDのようなクラウドを検討しようと思いました。しかし無料ということもあり、どのようにビジネスにすれば良いか悩んでいます。

ファシリテーター:なるほど。恐らく1,000名以上の規模のID管理となると、現状のSKUIDではID管理機能が弱く、個別対応しなければならない部分が必然的に出てきます。「OpenAMだと少し高い」というお客様に対して、SKUIDと御社のID管理をセットで提案することは選択肢の一つになると思います。

いかがでしたか。GMOではこれらのご意見を参考にしながら、今後のサービス拡張や改善に生かしていくとのことです。

ご参考

SKUIDのサービスサイト
講演資料は、マジセミより無料で取得していただけます。

過去の同一連載記事

「基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』への期待」
第一回目 SKUIDのOEM提供に対する要望や、生体認証への対応
第二回目 SKUIDをID管理のマスターや認証強化に使う方法

過去の関連連載記事

「基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』との協業で貴社のビジネスを拡大する」
第一回目 基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』とは
第二回目 認証局ならではの強固なセキュリティを提供する、SSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』
第三回目 SSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』は、なぜ無料で提供できるのか?

「認証・ID管理の課題と、今後「SKUID」に求められる機能」
第一回目 人事異動への対応やSAML認証への対応
第二回目 SLAや監査への対応
第三回目 利用環境


OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【講演資料を公開】10/26『Office365、G Suiteや、AWS、Redmine、Backlogなどのセキュリティを、基本機能無料のIDaaS「SKUID」を活用して強化する方法とハンズオン』(2017年12月13日 14:05)

2017年10月26日(木)10:30~12:30 GMOグローバルサイン株式会社(セルリアンタワー11階 セミナーRoom) にて『Office365、G Suiteや、AWS、Redmine、Backlogなどのセキュリティを、基本機能無料のIDaaS「SKUID」を活用して強化する方法とハンズオン』と題したセミナーが開催されました。当日は、爽やかな秋晴れに恵まれ、多くの方にご来場頂くことがで...

関連オープンソース

OpenVPN(オープンブイピーエヌ)

  • ネットワーク系ツール

OpenVPN(オープンブイピーエヌ)とは、オープンソースのVPN(Virtual Private Network)構築ソフトウェアです。「堅牢なセキュリティと安定性」が特徴です。

Gluu(グルー)

  • シングルサインオン

Gluu(グルー)とは、オープンソースの認証ソリューションです。アイデンティティおよびアクセス管理を行います。多くの認証プロトコルに対応しています。

OpenAM(オープンエーエム)

  • シングルサインオン

OpenAM(オープンエーエム)とは、オープンソースの認証ソリューションです。認証/アクセス認可/フェデレーションなどの高機能を備え、シングルサインオン機能を提供します。

Keycloak(キークローク)

  • シングルサインオン

Keycloak(キークローク)とは、シングルサインオン機能を提供するフレームワークです。「OAuth2」や「OpenID Connect」などの方式をサポートしており、「ソーシャルログイン」にも対応しています。

Snort(スノート)

  • セキュリティソフト

Snort(スノート)とは、ネットワーク型IDS(不正侵入検知システム)です。ネットワーク上を流れるパケットをキャプチャーして、不審なパケットの検出を行います。

WSO2 Identity Server(ダブルエスオーツー アイデンティティ サーバ)

  • シングルサインオン

WSO2 Identity Server(ダブルエスオーツー アイデンティティ サーバ)とは、シングルサインオンソリューションです。アプリケーション/API/クラウド/モバイル間で統合ID管理を行います。

LibreSSL(リブレ エスエスエル)

  • ネットワーク系ツール

LibreSSL(リブレ エスエスエル)とは、SSL/TLSプロトコルのオープンソース実装(通信用ソフトウェア)で、「OpenSSL」の派生改良版です。圧倒的シェアを持つが問題が多い「OpenSSL」を代替できるものとして期待されています。

Vuls(バルス)

  • セキュリティソフト

Vuls(バルス)とは、脆弱性スキャンツールです。Linux(FreeBSD)系OS/各種ミドルウェア/各種フレームワークなどに対する脆弱性存在を検査し、詳細情報をレポーティングします。

OpenSSH(オープンエスエスエイチ)

  • ネットワーク系ツール

OpenSSH(オープンエスエスエイチ)。ネットワーク経由通信を暗号化する「SSH」のオープンソース実装です。おもにUNIX/Linuxサーバに対するネットワーク経由でのリモートログインに使用します。

FreeRADIUS(フリーラディウス)

  • 認証サーバ

FreeRADIUS(フリーラディウス)。オープンソースの高機能RADIUSサーバです。認証用プロトコル「RADIUS」機能を実現するデファクトスタンダードとして広く使われています。

OpenSSL(オープンエスエスエル)

  • ネットワーク系ツール

OpenSSL(オープンエスエスエル)。オープンソースSSL/TLS暗号化ライブラリです。世界中のWebサイトで圧倒的シェアを持っており、事実上の業界標準となっています。

Apache DS(アパッチディーエス)

  • 認証サーバ

Apache DS(アパッチディーエス)。オープンソースのLDAP(ディレクトリ)サーバです。「Apache Directory」プロジェクトで開発されています。

389 Directory Server(389ディレクトリサーバ)

  • 認証サーバ

389 Directory Server(389ディレクトリサーバ)。オープンソースディレクトリサーバです。「Fedora Directory Server」の後継で、商用製品の流れを受けており、ユーザフレンドリーなGUIツールの充実などが特徴です。

OpenIDM(オープンアイディーエム)

  • ID管理

OpenIDM(オープンアイディーエム)。高い柔軟性と拡張性を備え、エンタープライズ/クラウド/モバイル/ソーシャル/レガシーなど多様な環境において、ユーザアカウントのプロビジョニングとライフサイクルの一元管理を実現するID管理製品です。

LISM(リズム)

  • ID管理

LISM(リズム)。シンプルな使いやすさが特徴のID統合管理ソリューションです。

OpenLDAP(オープンエルダップ)

  • 認証サーバ

OpenLDAP(オープンエルダップ)。最も多くの導入実績があり、ディレクトリサービスを提供するオープンソースLDAPサーバです。

OpenDJ(オープンディージェー)

  • 認証サーバ

OpenDJ(オープンディージェー)。OpenAMに内蔵されており、先進的なレプリケーションアーキテクチャや「REST API」を搭載したLDAP準拠の高機能オープンソースディレクトリサーバです。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 20171130-netapp サイド

facebook

twitter