オープンソース活用研究所 | 二回目「基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』への期待」

二回目「基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』への期待」

オープンソース活用研究所

2017年07月11日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

2017年4月5日、渋谷にあるGMOグローバルサイン株式会社において、「【パートナー募集】基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』との協業で貴社のビジネスを拡大する」と題したセミナーを開催しました。

本セミナーでは、基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス「SKUID」を紹介するとともに、「SKUID」やパートナーとの協業プランについて、参加者からご意見をいただきました。

本レポートでは、参加者からいただいたご意見を3回にわたりご紹介します。第2回は、SKUIDをID管理のマスターや認証強化に使う方法に関する議論です。

SKUIDのIDがマスターになる

ファシリテーター:SKUIDを活用に関して、他のアイデアはありますか。

参加者F:私は大学で教授をしております。よく他大学の学生がうちの大学に来て、当大学のシステムにアクセスさせる必要があり、その時に都度アカウントを発行する作業が面倒だと感じています。さらに最近は留学生が増え、また市民講座も開講しているので、それらのアカウントをSKUIDで管理できないかと思っています。つまりIDの発行を独自に行わずに、SKUIDでIDを発行して、学内でそれを使うことができたら良いと思います。

ファシリテーター:大学側のサービスをSAMLなどのプロトコルに対応させて、SKUIDをIdPとしてログインするというイメージでしょうか。

参加者F:そうですね。今の時代、学生も既に何かしらのIDは持っていて、もうこれ以上持ちたくないというのが正直なところだと思います。

ファシリテーター:将来、SKUIDでもSaaSを導入する方々に、認証基盤と顧客データベースを貸出すサービスができないかと考えており、今回のような場合にお使いいただけると思います。やはり、そういうニーズがあることが分かりました。ありがとうございます。

ビジネスパートナーとの認証連係で使いたい

ファシリテーター:他の方はいかがでしょうか。アイデアがあれば教えてください。

参加G:私は、製造業で主に農機を作っている会社のIT部門に所属し、PaaSも使い始めています。グローバル社員だけではなく、ビジネスパートナー企業の社員ID管理をどのようにするかという課題があります。これについてSKUIDで何か改善できないかと思い参加しました。

ファシリテーター:ビジネスパートナーのアカウント管理ですね。このような用途ではSKUIDのようなIDaaSが適していると思います。

Google Appsなどを認証強化したい

参加者H:我々は、どちらかというとISVパートナーのような形で連携させていただければと思っています。

ファシリテーター:SKUIDの機能を部分的に利用したいとお考えですか?

参加者H:そうです。SKUIDにはIPアドレス制限など制限をかける機能があると思います。それはまだ私どもでは提供していないので、生体認証を含めた色々なオプションを使えたら良いと思っています。連携することで、色々なニーズに対応できると思います。

ファシリテーター:なるほど。お客様からIP制限やワンタイムパスワードなどの要望はありますか。

参加者H:具体的な話しはまだありませんが、要望はあると思います。今Google Appsを使っていますが、Google Appsは、IPアドレス制限がありません。そのため何か良いものはないか探していました。

ファシリテーター:そうですか。SKUIDはIP制限、FIDO認証や生体認証も対応予定です。クライアント証明書、デバイスIMEIにも対応できると思います。

アプリの登録やパスワード定期変更を効率化したい

参加者I:私はパスワードを管理するシステムを開発しております。保険代理店向けのシステムで、そこでは定期的なパスワード変更が必要です。各人がパスワード管理をして自分で登録しないといけません。できれば管理者が登録したパスワードを、各人のアカウントに自動的に登録してくれるような機能があれば良いと思いますが可能でしょうか。

ファシリテーター:もちろんです。対応方法としては、SKUIDの管理者が一斉にパスワードを発行して、保険代理店のシステム側に登録します。それをエンドユーザーには知らせず、エンドユーザーにはSKUIDのID・パスワードだけを使っていただくので、エンドユーザーがパスワード変更する手間が軽減されます。

参加者I:なるほど。

ファシリテーター:私どもはSKUIDを無料でサービス提供しているので、皆さんに気軽に登録していただけたらと思います。その意味で、より気軽に使っていただけるような工夫、改善は継続するつもりです。例えば私もそうですが、自分のIDが20個もあって、SKUID登録するのが面倒なので、簡単に登録できる方法を検討しています。一番簡単なのは、各アプリのログインページでログインするタイミングで、「SKUIDに保存しますか」と聞かれ、「はい」と選択すれば、SKUIDに登録されるという仕組みがあれば、使いやすくなるのではないかと思っています。

いかがでしたか。次回は、「SKUIDと自社サービスとを組み合わせて提供する」についてご紹介します。

ご参考

SKUIDのサービスサイト
講演資料は、マジセミより無料で取得していただけます。

過去の同一連載記事

「基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』への期待」
第一回目 SKUIDのOEM提供に対する要望や、生体認証への対応

過去の関連連載記事

「基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』との協業で貴社のビジネスを拡大する」
第一回目 基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』とは
第二回目 認証局ならではの強固なセキュリティを提供する、SSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』
第三回目 SSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』は、なぜ無料で提供できるのか?

「認証・ID管理の課題と、今後「SKUID」に求められる機能」
第一回目 人事異動への対応やSAML認証への対応
第二回目 SLAや監査への対応
第三回目 利用環境

 

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【OSS】Fugue、AWS向けセキュリティ(コンプライアンス)チェックツール「Regula」をオープンソース公開---CI/CDツールと連携して動作(2020年01月23日 11:26)

「Regula」とは Regulaは、AWS環境において、展開前に「セキュリティ構成ミス」や「コンプライアンス違反の可能性」について、インフラストラクチャ定義ツール「Terraform」を使用して評価できるツール。 CI/CDパイプラインに統合することで、セキュリティおよびコンプライアンスの慣行に違反する可能性のあ...

関連オープンソース

バックナンバー

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter