オープンソース活用研究所 | 第二回目「Ansibleの使い方と、そのベストプラクティス」

第二回目「Ansibleの使い方と、そのベストプラクティス」

オープンソース活用研究所

2017年05月30日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

2017年3月、都内でTIS株式会社レッドハット株式会社による共催セミナー「Ansibleを活用しインフラ構築を自動化(Infrastructure as Code)した、プロジェクト工期短縮事例 ~インフラエンジニアの働き方をSHIFTする~」が開催されました。

レッドハット社が提供するAnsibleは、既存ツールの弱点を克服し、IaC (Infrastructure as Code:インフラのコード化)を具現化するための自動化実行エンジンです。自動化プラットフォームである「Ansible Tower」とともに、システムの運用自動化を目指す企業のIT担当者、システムインテグレーターから注目を浴びています。

このセミナーでは、Ansible及びAnsible Towerの概要紹介をはじめ、TIS社によるAnsible導入事例とベストプラクティス、さらにはインフラエンジニアのみならずIT業界全体の働き方改革についての提言もなされました。本レポートでは、このセミナーの概要を3回にわけてご紹介します。

第2回目のテーマは、TIS株式会社 IT基盤技術推進部 主査 浪川英雄氏によるセッション『【SIerも逃げられない】Ansibleによる自動構築事例と活用のスタンダード化』です。

Ansibleが求められる背景

構成管理ツールとしてのAnsible誕生の背景についてご紹介します。

従来から根強く存在しているシステムインテグレーターの課題には、ヒューマンエラー、属人化、デグレードなどがありました。ビジネスのスピードが加速するなかで、より早く品質のよいシステムの構築が求められる反面、QCD(品質・コスト・納期)のトレードオフは許されず、これまでのやり方では限界が見えてきました。

一方インフラ側の技術的な進化は、ダウンサイジングやオープン化の後に、ストレージやネットワークも含めて仮想化されクラウドファーストになり、さらにカプセル化されてコンテナとなりました。すなわち、インフラとそのオペレーションはソフトウェアに抽象化されたと言えます。

このソフトウェアを基軸としたインフラ運用を踏まえて登場したのが、「DevOps」という開発手法と、IaCという概念です。

そして、このような時代背景をもとに、コードによるインフラ構成管理などの自動化を行うことができるツールとして誕生したのがAnsible、そしてそのベストプラクティスとなります。

まとめ

Ansible導入におけるベストプラクティス

実際のAnsible導入にあたっては、「開発・利用者の学習・育成コストがかかる」、「PJ規模が小さいためコストを回収できない」などの課題があり、結局、従来の手法を踏襲してしまう企業も少なくありません。

TIS社では、こういった課題のソリューションとして、「Ansibleを簡単に使えるようにする」ことと、「インフラエンジニアのスキルを向上させる」というふたつの方向性からAnsibleのベストプラクティスを構築しました。

Ansibleベストプラクティス:コードライブラリ・シェアリポジトリ

コードライブラリ

TIS社では、ベストプラクティスとして実績検証済みのコードライブラリ・シェアリポジトリを作成しました。汎用化されたAnsibleのコードライブラリを簡単にそのまま実行したり、リファレンスとして利用することができます。

Ansibleベストプラクティス:フレームワーク化

Excel2YAML

TIS社では、ベストプラクティスとしてAnsibleのフレームワーク化を行いました。周辺機器を加えたフレームワークによって、エンジニアのスキルに依存することなく、Ansibleの実装を可能にしています。

たとえば、設定したいパラメータをExcelの項目に記入するだけで、Ansibleを記述する言語であるYAMLフォーマットに自動変換する機能があります。設定したパラメータのチェック結果をCSVに出力することもできます。

Ansibleベストプラクティス:人材育成・運用サポートツール

さらにTIS社では、ベストプラクティスとしてAnsibleを活用するための人材育成ツールも構築しています。社員がブラウザ上でセルフスタディできるセルフハンズオンサービスであり、実際にサーバにコマンドを打って試すことができます。

そのほかにも、勉強会やOJT、QAサポート等をメニュー化して、必要に応じてサポートやトレーニングを行っています。

同社では、組織のなかで自動化できる仕組みを構築するために、企業ごとにカスタマイズできて品質を向上させることができるようなソーシャル開発も目指しているとのことです。

Ansibleベストプラクティスまとめ

インフラの構成定義・構成管理をより効率的、効果的に活用するためにAnsibleが求められています。

TIS 社のAnsibleベストプラクティスを活用したAnsible導入事例では、構築費用を7割に抑えたという声も届いています。

TIS 社のAnsibleベストプラクティスは、今後サービスとしての提供も検討中で、オープンソース化も含めたノウハウ公開も視野に入れているとのことです。

いかがでしたでしょうか。

次回は、TIS株式会社 倉持氏によるセッション『インフラエンジニアの働き方を「SHIFT」する~撲滅!長時間労働~』をご紹介します。

ご参考

Ansible紹介ページ
本セミナーの講演資料は、マジセミからダウンロードできます(無料)。

過去の同一連載記事

第一回目「注目の運用自動化ツールAnsibleとAnsible Towerとは」


OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【講演資料を公開】12/11【システム運用の効率化と、Zabbixによるクラウド・コンテナや、IoTの監視 ~そしてZabbix最新バージョン4.4の解説と、Zabbix5.0への道】(2020年01月10日 09:15)

2019/12/11(水)13:30~電気ビル共創館3F カンファレンスCにて 【システム運用の効率化と、Zabbixによるクラウド・コンテナや、IoTの監視 ~そしてZabbix最新バージョン4.4の解説と、Zabbix5.0への道~】 と題したセミナーが開催されました。 当日は、寒空のなか掲題にご興味をお持ちの58名もの方々にご来場頂くことができました。ありがとうございます。 ...

関連オープンソース

バックナンバー

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter