オープンソース活用研究所 | 第三回目「SSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』は、なぜ無料で提供できるのか?」

第三回目「SSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』は、なぜ無料で提供できるのか?」

オープンソース活用研究所

2017年05月09日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

2017年3月3日、東京都渋谷区で 「基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』との協業で貴社のビジネスを拡大する」と題したセミナーが開催されました。

「SKUID」(スクイド)とは、GMOグローバルサイン株式会社が2016年年末にリリースしたSSO/ID管理サービスで、基本機能が無料で使えるという大きな特長をもつクラウドサービスです。

同社では、2017年度下半期から「SKUID」の「パートナープログラム」も開始する予定です。本セミナーでは「SKUID」の基本機能、特長を紹介するだけにとどまらず、「SKUID」のビジネスモデルについても話題が広がりました。クラウドサービス、セキュリティベンダー、クラウド商材のシステムインテグレーターなど、各ジャンルの事業者にとって最適なビジネスモデルについての具体的な解説がなされました。

本稿では、セミナーのダイジェストを3回にわたってレポートします。第三回目の今回は、 「SKUID」のビジネスモデルについてご紹介します。

「SKUID」、3つのビジネスモデル

競合との差別化

シングルサインオン、アクセスコントロールをはじめID管理における基本機能を無料で提供する、画期的なクラウドサービス「SKUID」のビジネスモデルについてご紹介します。

ビジネスの観点から「SKUID」を見た場合、その特長は次の三点に集約されます。

(1) 「SKUID」は、無料である。

「SKUID」は、シングルサインオン、アクセスコントロール、ID管理、ログレポートといったID管理に必要な基本サービスが無料で利用できます。その後のバックエンドサービスについては有料で提供しているものもあります。

(2) 「SKUID」は、日本生まれのサービスである。

「SKUID」は、日本企業が提供する日本仕様のサービスです。そもそも日本のユーザーのニーズをもとに開発されたサービスであり、運用後のサポートはもとより、ユーザーの声をサービスに反映させることも迅速に行っています。海外サービスと比べて、運用、連携、サポートのいずれもスピードが違います。

(3) 「SKUID」は、認証局基準のセキュアなシステムである。

「SKUID」は、認証局として20年以上の実績をもつ認証局基準のセキュアなシステムです。クラウドサービスにおける根源的な問いかけ、すなわち「本当にID・パスワードをクラウドに置いてよいのか?」という不安に関する解答が、「GMOグローバルサイン社の認証局としての実績」となります。この信用が決め手になって、導入しているクライアントも少なくないとのことです。

「SKUID」とクラウド事業者様とのアライアンス

クラウド事業者様とのアライアンス

最後に、「SKUID」のアライアンス例をいくつかご紹介します。

●「SKUID」とファイルストレージサービスとの連携

「SKUID」が、法人向けファイルストレージサービスBOXとの連携をした事例では、「SKUID」を導入することで、BOXの導入に対する課題が格段に減りました。

通常、BOXに機密情報を格納した場合には、認証強化を施す必要があります。認証強化の解決策に「SKUID」を活用することで、機密文書もセキュアな環境を保ちつつ、手軽にクラウド上で管理できるようになります。

●「SKUID」と認証デバイスメーカーによる認証サービス

従来、静脈認証のデバイスを持つ認証デバイスメーカーは、金融、官公庁や医療分野に販路を求めておりましたが、昨今の法人向けクラウドサービスの伸長により、一般法人でもログオンの認証強化として静脈認証を選ばれる事が増えてきているようです。そこで「SKUID」とAPIやSAML認証で連携することで、「より敷居が低く」、「より売りやすい」認証サービスとしての販路開拓を検討しています。

●「SKUID」とシステムインテグレーターとの連携

システムインテグレーターとのパートナーシップの事例としては、大企業における認証システムのリプレイスがあります。

本来、「SKUID」が得意とする企業規模は、従業員数が20~100名程度の中小企業です。とはいえ、「SKUID」の機能と特長が注目され、数千名規模の大手企業からの問い合わせも少なくありません。大手企業からの要望として多いのはリプレイスです。すなわち、既存のオンプレミスのシステムからクラウドサービスへの移行です。このような場合は、SI企業と連携しながらカスタマイズした「SKUID」を導入しています。

以上、「SKUID」のビジネスモデルについてご紹介しました。

ぜひ奮ってご参加ください。

ご参考

SKUIDのサービスサイト

過去の同一連載記事

第一回目「基本機能無料のSSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』とは」
第二回目「認証局ならではの強固なセキュリティを提供する、SSO/ID管理クラウドサービス『SKUID』」

過去の関連連載記事

「認証・ID管理の課題と、今後「SKUID」に求められる機能」
第一回目 人事異動への対応やSAML認証への対応
第二回目 SLAや監査への対応
第三回目 利用環境


OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【OSS】Fugue、AWS向けセキュリティ(コンプライアンス)チェックツール「Regula」をオープンソース公開---CI/CDツールと連携して動作(2020年01月23日 11:26)

「Regula」とは Regulaは、AWS環境において、展開前に「セキュリティ構成ミス」や「コンプライアンス違反の可能性」について、インフラストラクチャ定義ツール「Terraform」を使用して評価できるツール。 CI/CDパイプラインに統合することで、セキュリティおよびコンプライアンスの慣行に違反する可能性のあ...

関連オープンソース

バックナンバー

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter