オープンソース活用研究所 | 第三回目「AWSから見た、クラウドとオンプレミスとの使い分けと、クラウドの監視サービスの紹介」

第三回目「AWSから見た、クラウドとオンプレミスとの使い分けと、クラウドの監視サービスの紹介」

オープンソース活用研究所

2017年02月14日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

「高機能で安全」なことから、大手企業でも導入が進むAWS (Amazon Web Services)。とはいえ実際には、AWSと従来の自社データセンター(オンプレミス)を併存させるいわゆるハイブリッド環境もよくみられ、このようなハイブリッド環境において押さえておきたいいくつかのポイントがあります。

2016年9月15日に都内で、このようなポイントについて解説する「今時の企業情報システム運用、知らないと損をするオンプレミスとAWSのつきあい方 ~ 情報システム部門の方々に贈るTISからのメッセージ ~」セミナーが開催されました。

本稿では、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 市崎洋平氏によるセッション「AWSから見た、クラウドとオンプレミスとの使い分けと、クラウドの監視サービスの紹介」をレポートします。

数あるAWS のなかでもハイブリッド環境に欠かせないウェブサービスのひとつである「AWS CloudTrail」の活用のポイントを紹介します。

筆者:オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

世界190カ国で、100万ユーザを誇るAWS

2006年よりクラウドサービスの提供を開始したAWSは、着々と実績を積み重ね、現在では世界13か所に拠点を持ち、190か国にて100万人以上のユーザに利用されています。東京での拠点は2011年に開設され、国内でも大手企業での導入が活発化しています。

まず、自社運用型オンプレミスとAWSのようなクラウドサービスの運用について、基本的な考え方を紹介していました。クラウドはハードウェア・ストレージ・ネットワークの部分に代替して導入し、OSやアプリケーションはそのクラウド上で、オンプレミスと同様の方法で導入、構築するというのが一般的とのことです。

オンプレと比較したクラウド運用管理のポイント

ユーザ操作記録を容易に管理する「AWS CloudTrail」

クラウドサービスを活用する上で重要なポイントは、「誰が?」「いつ?」「何を実施したか?」という、クラウドリソースの操作記録です。

この理由は、オンプレミスでは物理的な制約で管理可能なところが、クラウドではそれらの構成の変更や操作がマネジメントコンソールやAPI経由で自由かつ即座にできるため、誤操作や不正操作等、意図しない操作が行われる可能性があるためです。

このようなケースに対してAWSには、ユーザの操作管理を円滑に行う「AWS CloudTrail」という機能があります。

「AWS CloudTrail」とは、ユーザによるマネジメントコンソールでの画面操作やAPI経由の操作、一部の非API経由の操作も含めて全ての操作ログをJSONファイルに記録し、記録されたログファイルを暗号化して Amazon S3 バケットに格納するサービスです。API に関する重要な情報、すなわち「API の名前」、「呼び出し元の ID」、「API 呼び出しの時刻」、「リクエストのパラメータ」、「AWS サービスから返された応答の要素」などを記録しますので、このサービスを活用することでユーザ操作を管理し、アクティビティを可視化することが可能になります。

なお「AWS CloudTrail」の機能そのものは無償ですが、保存先のAmazon S3やAmazon SNSを使用する場合は有償となります。

CloudTrailの特長

「AWS CloudTrail」ログをAWS KMSで暗号化保存

「AWS CloudTrail」のログは、AWS KMS (AWS Key Management Service)で暗号化して保存されます。

AWS KMSとは暗号化キーを簡単に作成および管理できるマネージド型サービスで、キーのセキュリティを保護するために Hardware Security Modules (HSM) を使用します。秘匿性の高い情報を扱う場合に、欠かせない機能です。

KMSを利用し、CloudTrailが転送するログの暗号化が可能

複数アカウントによる「AWS CloudTrail」ログ管理

複数のAWSアカウントを持つ企業におけるログ管理では、ひとつのAWSアカウントに集約してログを管理することが有効とのことです。たとえば「AWS CloudTrail」用のAWSアカウントを持つと、役割の明確化が可能です。

Bucket Policyの設定により複数アカウントのCloudTrailログを集約

CloudTrailログファイルの活用方法

CloudTrailログファイルの活用方法

このように取得したログファイルは、次のような短期・中期・長期の3つの視点からさまざまな活用が可能とのことでした。

■リアルタイムにログを通知

短期的視点では、AWS CloudWatch Logsという機能を使って、リアルタイムに何が起こっているかをアラートとしてAmazon SNSやメールで通知することができます。

■文字列検索で、ユーザの不正利用の発見

中期的視点では、文字列検索することで作業の正当性を検証します。たとえば、閲覧権限しかないユーザが権限を取得しているといったような不正利用を発見することができます。

■JSONファイルを自由にカスタマイズしてログを可視化

長期的視点では、Kibanaというオープンソースを使ってグラフ化や詳細分析を出力することができます。これにより作業の可視化を行います。

上記以外でもJSONファイルを自由にカスタマイズすることで、必要な情報を取得することが可能となります。

ご参考

本コラムの元になっているセミナーの講演資料は、マジセミからダウンロードできます。ぜひご参考ください。

第一回目「オンプレとAWSを組み合わせた運用管理の勘所」

第二回目「サービス型で実現する運用管理のすすめ」


OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

関連オープンソース

Google Cloud Endpoints(グーグル クラウド エンドポインツ)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud Endpoints(GCE)とは、Google Cloud Platformの分散API管理サービス(APIゲートウェイ)です。API の開発/デプロイ/保護/モニタリングを行えます。

Azure API Management(アジュール エーピーアイ マネジメント)

  • Microsoft Azure

Azure API Managementとは、API用マネージドサービスです。APIゲートウェイを作成し、外部/内部に対して安全かつ大規模に発行できます。

AWS Direct Connect(エーダブリュエス ダイレクト コネクト)

  • Amazon Web Services

AWS Direct Connectとは、AWSの専用線接続サービスです。「社内オンプレミス環境」と「AWSクラウド環境」を専用線で接続できます。インターネット経由では確保できない高品質なネットワークパフォーマンスを得られます。

Azure Content Delivery Network(アジュールコンテントデリバリーネットワーク)

  • Microsoft Azure

Azure Content Delivery Network(Azure CDN)とは、Azureのコンテンツ配信ネットワークサービスです。静的コンテンツ(Webコンテンツ/画像/動画など)を大多数に対して安定して配信するためのソリューションです。

AWS コマンドラインインターフェイス(エーダブリュエス コマンドライン インターフェイス)

  • Amazon Web Services

AWSコマンドラインインターフェイス(AWS CLI)とは、AWSサービスを管理するコマンドラインツールです。コマンドラインから多種多様なAWSサービスを制御し、スクリプトで処理を自動化できます。

Amazon Elastic Block Store(アマゾン エラスティック ブロックストア)

  • Amazon Web Services

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)とは、AWSの永続的ブロックストレージボリュームです。「Amazon EC2」インスタンスと組み合わせて使用できます。

Sansan(サンサン)

  • クラウドサービス

Sansanとは、法人向けクラウド型名刺管理サービスです。社内のすべての名刺を一元管理することで「名刺を企業の資産に変える」がコンセプトになっています。

freee(フリー)

  • クラウドサービス

freeeとは、株式会社freeeが提供するクラウド型会計ソフトです。「経理/簿記知識に詳しくなくても利用できる」「入出金明細を取り込み自動記帳」などの特徴があります。

Google Cloud Launcher(グーグル クラウド ランチャー)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud Launcherとは、Google Cloud Platformで動作するソフトウェアパッケージをすばやく導入するためのツールです。さまざまなパッケージが用意されており、GCP上でデプロイ/統合できます。

Google Cloud SQL(グーグル クラウド エスキューエル)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud SQLとは、Google Cloud Platformの「MySQL」および「PostgreSQL」のPaaSデータベースサービスです。リレーショナルデータベースの設定/メンテナンス/運用/管理のフルマネージドサービスを提供します。

Azure Marketplace(アジュール マーケットプレイス)

  • Microsoft Azure

Azure Marketplaceとは、Azure仮想マシン上でのサービス構築に役立つオンラインマーケットプレースです。Azureユーザーは、数クリックで、さまざまなアプリケーション/サービスについて、検索/購入/デプロイが可能です。

Visual Studio Tools for Azure(ビジュアルスタジオツールズ フォー アジュール)

  • Microsoft Azure

Visual Studio Tools for Azureとは、統合開発環境「Visual Studio」でAzure上のアプリケーション/サービスを開発するための機能群です。

AWS Identity and Access Management(エーダブリュエス アイデンティティ アンド アクセスマネージメント)

  • Amazon Web Services

AWS Identity and Access Management(AWS IAM)とは、AWSユーザーに対して、各種AWSリソースへのアクセス権限について設定/制御を行うサービスです。ユーザーとグループに対する詳細なアクセス権限設定を行えます。

AWS Simple Monthly Calculator(エーダブリュエス シンプルマンスリーカリキュレーター)

  • Amazon Web Services

AWS Simple Monthly Calculatorとは、AWSの料金をシミュレーションできる見積作成サービスです。各サービスの使用想定に応じて詳細な見積が可能です。

Twilio(トゥイリオ)

  • クラウドサービス

Twilioとは、電話/SMS/ビデオ/チャットを用いたクラウドアプリケーションを構築するための「クラウド電話API」サービスです。数行のコードを書くだけで「ネット」と「電話/SMS」をつなぐサービスを構築できます。

Speak2Leads(スピークツーリード)

  • クラウドサービス

Speak2Leads(S2L)とは、API経由での通話サービスを提供する「クラウド電話サービス」です。「1行のAPIコールで実装できる」点が特徴で、用途にマッチしていれば、すぐに使い始めることが可能です。

Google Cloud Virtual Network(グーグル クラウドバーチャルネットワーク)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud Virtual Networkとは、仮想ネットワークを構築できるサービスです。Google Cloud Platformのリソースをプロビジョニングして、「リソース間接続」や「Virtual Private Cloud(VPC)内での相互接続/分離」などを行えます。

Google Cloud Vision API(グーグル クラウドビジョンエーピーアイ)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud Vision APIとは、Google Cloud Platform(GCP)が提供する画像認識サービスです。機械学習モデルを利用して、対象画像を分析し、さまざまな情報を取得できます。

Azure Virtual Machines(アジュール バーチャルマシン)

  • Microsoft Azure

Azure Virtual Machines(Azure VM)とは、Azureの仮想マシン提供サービスです。Windows系/Linux系/各種オープンソースプロダクトなどの多くのマシンイメージが用意されています。

Azure Active Directory(アジュール アクティブディレクトリ)

  • Microsoft Azure

Azure Active Directory(Azure AD)とは、クラウドベースのID(ディレクトリ)管理サービスです。統合的なID管理により、「シングルサインオンによる生産性向上」「ITプロセス効率化」「セキュリティ強化」「コスト削減」などの効果を見込めます。

Amazon Virtual Private Cloud(アマゾン バーチャルプライベートクラウド)

  • Amazon Web Services

Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)とは、AWS上で利用者が占有可能な仮想プライベートネットワークを構築できるサービスです。「ネットワーク設計自由度」「多様な外部通信」「セキュリティ」などの特徴があります。

Amazon CloudWatch(アマゾン クラウドウォッチ)

  • Amazon Web Services

Amazon CloudWatchとは、「AWSクラウドリソース」と「AWS上で実行されるアプリケーション」のモニタリングサービスです。アラーム設定による自動対応も可能です。

IBM Bluemix Infrastructure(アイビーエム ブルーミックス インフラストラクチャ)

  • クラウドサービス

IBM Bluemix Infrastructure(旧名:SoftLayer)とは、IBMのクラウドサービスです。IaaSサービスを提供し、「独自グローバルネットワーク」「物理サーバプロビジョニング」「プライベートネットワーク内のデータ転送料が無料」などの特徴があります。

Box(ボックス)

  • クラウドサービス

Boxとは、企業向けファイルストレージサービスです。米国Fortune500社においてビジネスユース実績No.1のシェアを獲得しています。

Cloud Console(クラウド コンソール)

  • Google Cloud Platform

Cloud Consoleとは、Google Cloud Platformの統合型管理コンソールです。Webベースのシンプルインタフェースで各種管理を行えます。

Cloud Storage(クラウド ストレージ)

  • Google Cloud Platform

Google Cloud Storageとは、Google Cloud Platformの統合型オブジェクトストレージです。「頻繁にアクセスするホットデータ」や「アーカイブ用データ」などの各種クラスによるデータライフサイクルに対応できます。

Azure Backup(アジュール バックアップ)

  • Microsoft Azure

Azure Backupとは、Azureのバックアップサービスです。クラウド環境データ、オンプレミス環境データ、仮想マシン環境データなどをAzure上ストレージにバックアップし、元環境へ復元できます。

Azureポータル(アジュール ポータル)

  • Microsoft Azure

Azureポータルとは、Azureの統合コンソールです。さまざまなクラウド機能について構築/管理/監視を行えます。デプロイ管理機能も統合されている点が特徴です。

Amazon Relational Database Service(アマゾン リレーショナル データベース サービス)

  • Amazon Web Services

Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)とは、AWS上で各種リレーショナルデータベースを利用できるマネージドサービスです。各種DBのセットアップ/運用/スケーリングを容易に行なえます。

AWSマネジメントコンソール(エーダブリューエスマネジメントコンソール)

  • Amazon Web Services

AWSマネジメントコンソールとは、AWSの管理用Webインタフェースです。AWSの各サービスへのアクセスなどを行い、シンプルで直感的な操作が可能です。

Compute Engine(コンピュート エンジン)

  • Google Cloud Platform

Compute Engineとは、「Google Cloud Platform」の仮想マシン提供サービスです。「Googleアカウント一元管理」「ライブマイグレーション」「高速性」「大規模クラスタ対応」などの特徴があります。

OneDrive(ワンドライブ)

  • クラウドサービス

OneDriveとは、Microsoftのクラウドストレージサービスです。「Microsoft Officeとの親和性」「高度な写真管理機能」などが特徴です。

Googleドライブ(グーグル ドライブ)

  • クラウドサービス

Googleドライブとは、Googleが提供するオンラインストレージサービスです。「使いやすい共有機能」「ファイル形式変換機能」「Googleドライブ形式ファイルは容量無制限」などの特徴があります。

Commerce Cloud Einstein(コマースクラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Commerce Cloud Einsteinとは、Salesforceの電子商取引(EC)向けクラウドサービスです。さまざまなチャネル(Web、モバイル、ソーシャル、実店舗など)を横断した運営業務を支援します。

Stream Analytics(ストリーム アナリティクス)

  • Microsoft Azure

Stream Analyticsとは、Azureのリアルタイムストリーム処理サービスです。デバイス、センサー、アプリケーションなどのデータをリアルタイム集計するIoT対応分析ソリューションを開発できます。

Azure Bot Service(アジュール ボット サービス)

  • Microsoft Azure

Azure Bot Serviceとは、AzureのサーバレスBOTサービスです。テンプレートを使用して迅速なBOT開発を行えます。

Amazon Polly(アマゾン ポリー)

  • Amazon Web Services

Amazon Pollyとは、テキストをリアルな音声に変換するAWSのサービスです。フルマネージド型の「Text-to-speech」機能を提供します。

Amazon Lex(アマゾン レックス)

  • Amazon Web Services

Amazon Lexとは、会話型インタフェースアプリケーションを構築するためのAWSサービスです。音声やテキストを使用したアプリケーション(対話ボットなど)を構築できます。

Aipo.com(アイポ)

  • クラウドサービス

Aipo.comとは、グループウェアサービスです。35000社以上の企業に導入されている実績があります。

サイボウズLive(サイボウズ ライブ)

  • クラウドサービス

サイボウズLiveとは、チーム運営に必要な機能を提供するグループウェアサービスです。利用者が100万人を超える日本最大級のグループウェアです。

App Cloud(アップ クラウド)

  • Salesforce

App Cloudとは、Salesforceのアプリケーション開発プラットフォームです。アプリ開発/実行/管理/最適化の各種機能を提供します。

Analytics Cloud Einstein(アナリティクス クラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Analytics Cloud Einsteinとは、Salesforceが提供する分析プラットフォームです。AI「Einstein」を取り入れた効率的な分析機能が特徴です。

Azure HDInsight(アジュール エイチディ インサイト)

  • Microsoft Azure

Azure HDInsightとは、クラウドによって機能強化されたHadoopディストリビューションです。エンタープライズ向けの大規模データ分散処理サービスを提供します。

Azure Machine Learning(アジュール マシンラーニング)

  • Microsoft Azure

Azure Machine Learningとは、Microsoft Azureの機械学習サービスです。コーディングを行なうことなくドラッグ&ドロップで機械学習を行える点が特徴です。

Amazon Rekognition(アマゾン リコグニション)

  • Amazon Web Services

Amazon Rekognitionとは、ディープラニング技術を利用したフルマネージド型の画像認識サービスです。画像分析機能を簡単にアプリケーションに追加できます。

Amazon Machine Learning(アマゾン マシン ラーニング)

  • Amazon Web Services

Amazon Machine Learningとは、AWSが提供する機械学習用プラットフォームです。どのスキルレベルの開発者でも、簡単に機械学習テクノロジーを使用できるサービスです。

Brabio!(ブラビオ)

  • クラウドサービス

Brabio!とは、国産のプロジェクト管理用クラウドサービスです。プロジェクト進捗をガントチャートで管理できます。「ガントチャートをExcelより遥かにラクに作れる」サービスです。

Dropbox(ドロップボックス)

  • クラウドサービス

Dropboxとは、代表的なクラウドストレージサービスです。世界中で多くのユーザーに利用されています。

Community Cloud Einstein(コミュニティ クラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Community Cloud Einsteinとは、Salesforceが提供するコミュニケーションプラットフォームです。「企業」「顧客」「パートナー」「社員」などをつなげるコミュニティを作成できます。

Marketing Cloud Einstein(マーケティング クラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Marketing Cloud Einsteinとは、Salesforceの統合マーケティングサービスです。AI「Einstein」を活用した豊富なマーケティングサービスを提供します。

Cloud Services(クラウド サービス)

  • Microsoft Azure

Cloud Servicesとは、PaaS(Azureのホスティングサービスの1つ)です。アプリケーション(API)をデプロイして動作させます。OSのメンテナンスから解放されるメリットがあります。

Azure Storage(アジュール ストレージ)

  • Microsoft Azure

Azure Storageとは、Azure用のストレージサービスです。用途に応じたストレージタイプを選択して利用します。「拡張性」「柔軟性」「安全性」が特徴です。

AWS Database Migration Service(アマゾン データベース マイグレーション サービス)

  • Amazon Web Services

AWS Database Migration Serviceとは、既存データベースをAWSへ移行するサービスです。データベースプラットフォームの同種異種を問わず、ダウンタイム最小限で移行できる点が特徴です。

Amazon Aurora(アマゾン オーロラ)

  • Amazon Web Services

Amazon Auroraとは、クラウドネイティブなリレーショナルデータベースエンジンです。MySQLおよびPostgreSQL互換で、「高速性」「可用性」「コストメリット」が特徴です。

Xen(ゼン)

  • 仮想化ソフト

Xen(ゼン)とは、仮想化ソフトウェアです。1つのホストサーバ上で複数OSを同時並行で動作させます。

ChatWork(チャットワーク)

  • クラウドサービス

ChatWorkとは、メール/電話/会議に代わるコミュニケーションツールです。業務効率化を目的としていて、ビジネスチャットNo1を獲得しています。

kintone(キントーン)

  • クラウドサービス

kintoneとは、Webデータベース型ビジネスアプリ構築クラウドサービスです。「cybozu.com」プラットフォーム上のサービスで、ドラッグ&ドロップで簡単にさまざまなビジネスアプリを作成できます。

Service Cloud Einstein(サービス クラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Service Cloud Einsteinとは、Salesforceのカスタマーサービスを支援するオペレーター向けクラウドサービスです。AI「Salesforce Einstein」によるインテリジェントなサポート機能が特徴です。

Sales Cloud Einstein(セールス クラウド アインシュタイン)

  • Salesforce

Sales Cloud Einsteinとは、クラウド型CRM/SFAサービスです。世界トップシェアを誇るサービスで、AI「Salesforce Einstein」によるサポート機能が特徴です。

SQL Database(エスキューエル データベース)

  • Microsoft Azure

Azure SQL Databaseとは、「Microsoft SQL Server」ベースのクラウドネイティブリレーショナルデータベースサービス(PaaS/DBaaS)です。開発者の生産性を向上させる点に重点が置かれています。

App Service(アップ サービス)

  • Microsoft Azure

Azure App Serviceとは、Microsoft Azureが提供するPaaS(Platform as a Service)です。統合クラウドアプリケーションサービスとして、各種プラットフォーム用Web/モバイルアプリケーション環境を提供します。

Amazon Simple Storage Service(アマゾン シンプル ストレージ サービス)

  • Amazon Web Services

Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)とは、AWSの中核となるオブジェクトストレージサービスです。「シンプル」「可用性」「スケーラブル」などの特徴があります。

Amazon Elastic Compute Cloud(アマゾン エラスティック コンピュート クラウド)

  • Amazon Web Services

Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)とは、商用パブリッククラウドタイプの仮想サーバホスティングサービスです。仮想マシンをWebサービスとして提供します。「堅牢性」を特徴としており、非常に多くのシェアを誇ります。

CephFS(セフエフエス)

  • 仮想化ソフト

CephFS(セフエフエス)。分散ファイルシステムです。分散マルチプロトコルストレージシステム「Ceph」のストレージクラスタで使用されます。

Ceph(セフ)

  • 仮想化ソフト

Ceph(セフ)。分散マルチプロトコルストレージシステムです。オブジェクト単位/ブロック単位/ファイル単位のアクセスが可能で、OpenStack環境向けストレージとしても利用されています。

Oracle VM VirtualBox(オラクルブイエムバーチャルボックス)

  • 仮想化ソフト

Oracle VM VirtualBox(オラクルブイエムバーチャルボックス)。マルチプラットフォーム仮想化ソフトウェアです。コンピュータ上に仮想的コンピュータ(仮想マシン)を構築し、その中でゲストOSを起動して操作できます。

CoprHD(カッパーヘッド)

  • 仮想化ソフト

CoprHD(カッパーヘッド)。ストレージ仮想化ソリューションです。「SDS(Software-Defined Storage、ソフトウェア定義ストレージ)」により、マルチベンダーストレージを一元管理して、シンプルで拡張可能なプラットフォームを実現します。

CloudStack(クラウドスタック)

  • クラウド基盤

CloudStack(クラウドスタック)。オープンソースのIaaSクラウド基盤ソフトウェアです。「Amazon EC2」に相当する機能を備えており、パブリック/プライベートクラウドを構築できます。

Docker(ドッカー)

  • 仮想化ソフト

Docker(ドッカー)。オープンソースのコンテナ型仮想化ソフトウェアです。ソフトウェアコンテナ内のアプリケーションデプロイメントを自動化します。コンテナ管理の手軽さ/インスタンス操作(起動など)の高速性は、クラウドサービス/ビッグデータ基盤などを管理するためのIT基盤として高く評価されています。

OpenStack(オープンスタック)

  • クラウド基盤

OpenStack(オープンスタック)。IaaS(Infrastructure as a Service:ITインフラサービス)環境構築のためのオープンソースのマルチテナント型クラウド環境構築/管理用のソフトウェア群です。

バックナンバー

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter