オープンソース活用研究所 | 第三回目 「リスト攻撃や標的型攻撃のリスクから守る、無料のID管理ツールSKUIDとは?」

第三回目 「リスト攻撃や標的型攻撃のリスクから守る、無料のID管理ツールSKUIDとは?」

オープンソース活用研究所

2016年11月22日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

2016年9月15日、GMOグローバルサイン株式会社主催によるセミナー「費用をかけずに、Office365などクラウドサービスの「パスワード使い回し」を回避する方法 ~Office365やDropBoxなどの認証連携をその場で実施~」が開催されました。

不正アクセス事件が多発しID、パスワード管理の問題が深刻化するなか、GMOグローバルサイン株式会社SKUID事業部 ビジネスデベロップメント赤坂佳威氏による講演「IDアクセス管理クラウド「SKUID」でクラウド利用時のセキュリティを強化」のダイジェストを、3回に渡ってご紹介します。

第三回目は、「リスト攻撃や標的型攻撃のリスクから守る、無料のID管理ツールSKUIDとは?」と題して、無料で使えるID管理ツールSKUIDをご紹介します。

ID、パスワード管理のポイント

第一回、二回とID・パスワード流出の実際と手口についてご紹介しました。

最終回の今回は、どのようにID・パスワードの管理・運用をしていけばよいのかというポイントについてご紹介します。

パスワード管理をする上で重要なのは、次の4点です。

  1. 強固なパスワードを設定する。
  2. 同じパスワードを使い回ししない。
  3. メモ帳やExcel、ブラウザに保存しない。
  4. 企業におけるID/パスワードの管理は、管理者が個々の社員の管理状況を把握する。

現在、パスワードをブラウザなどに保存している方も多いようですが、セキュリティの観点からみるとブラウザから流出するケースも多く報告されており、この管理方法は非常に危険とされています。

スライド-ID,パスワード管理のポイント

不正アクセス対策(1) パスワードを強固にする。

スライド-使用する文字種によるパスワードの解読可能時間の変化

それでは、強固なパスワードとは、いったい何桁ぐらいのパスワードを指すのでしょうか?

パスワードの設定する際には、「●文字以上」、「大文字小文字を混ぜる」などの指定がある場合も少なくありません。これが強固なパスワードを作る上で必要な要素なのです。

たとえば上記の表は、パスワードの最大解読時間を表したものです。左側に文字の種類、右上に桁数があり、それらの違いによりパスワードの最大解読時間がどれだけ変化するかを表しています。

最も顕著な違いが見られるのは、赤枠の部分です。入力桁数が6桁であれば最大解読時間は54日ですが、2桁追加して8桁にすれば1000年になります。1000年もあれば、まず解読される心配はないでしょう。

もし皆さんが簡単なパスワードを設定している場合には、是非これを参考に文字・数字・記号などを使った、桁数の多いパスワードを設定することをお勧めします。

不正アクセス対策(2) ID管理ツールを利用する

さて、不正アクセスからID・パスワードを合理的に守るために、もっとも現実的な手段としてID管理ツールがあります。

今回ご紹介するのは、SKUID(IDaaS)というサービスです。「SKUID」はSSL国内シェアナンバーワンのGMOグローバルサインが提供するIDaaSサービスであり、認証局ならではの安全対策で、堅牢にパスワードを保護します。

IDaaS(IDentity as a Service)とは、オンプレミスとクラウドというハイブリッド環境下での業務システムの利用が広がりつつある現在、ID管理や認証の仕組みをオンプレミス側に作るのではなく、クラウド型として提供するサービスです。

SKUIDは、直感的なUIで、「ID管理」「シングルサインオン」「アクセスコントロール」を無料で提供します。

シングルサインオンのIDaaSサービス、「SKUID」。

スライド-SKUIDの機能

SKUIDの主な機能は上記の通りです。もっとも特徴的なのがシングルサインオンです。

シングルサインオンとは、1回のユーザ認証で設定された範囲のすべてのサービスにアクセス可能にする機能であり、ユーザは、ひとつのユーザIDとパスワードを入力するだけで複数のシステムを横断して利用できるようになります。

シングルサインオンは、パスワードを管理する手間や使い回しすることで高まる不正ログインの危険性を回避し、同時にログインの入り口をシングルにすることで高いセキュリティ効果を発揮します。

その他ID管理機能、アクセスコントロール機能(IPアドレスでアクセス制限するなど)、ログ/レポート機能(会社として可視化できるログ機能)も備わっています。

ビジネスユースのパスワード、ID管理を無料で行う「SKUID」。

SKUIDの最大の特徴は、何といっても無料で利用可能なところです。

シングルサインオンを行うアカウント数も、SaaS登録数も無制限でありながら、初期設定費用0円、月額費用0円で利用できます。

一定の試用期間後に有償化するといったようなバックエンド販売もありません。

ただし、シングルサインオン以外の部分で更にセキュリティを強化したい場合や、IPアドレスのアクセス制限を行う場合、またワンタイムパスワードを利用したいという場合は、有償での提供となります。

SKUIDで接続可能なアプリ一覧は、次のURLをご参照ください。
https://sku.id/service/index_list.html

ご覧いただけばわかるとおり、主だったWEBサービスでの利用が可能です。

Office365、AWS、サイボーズ、セールスフォースなど、ビジネス向けWebサービスで安心してご活用いただくことができます。

今回ご紹介したID・パスワード管理ツール「SKUID」の情報は下記のサイトにてご覧いただけます。現在β版登録を受付中です。登録も利用も無料ですので是非お試しください。 

スライド-SKUIDページの紹介

ご参考

SKUIDのサービスサイト
第二回目 「犯人はどのような手口でリスト攻撃を行うのか?」
第三回目 「リスト攻撃や標的型攻撃のリスクから守る、無料のID管理ツールSKUIDとは?」


OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【OSS】Fugue、AWS向けセキュリティ(コンプライアンス)チェックツール「Regula」をオープンソース公開---CI/CDツールと連携して動作(2020年01月23日 11:26)

「Regula」とは Regulaは、AWS環境において、展開前に「セキュリティ構成ミス」や「コンプライアンス違反の可能性」について、インフラストラクチャ定義ツール「Terraform」を使用して評価できるツール。 CI/CDパイプラインに統合することで、セキュリティおよびコンプライアンスの慣行に違反する可能性のあ...

関連オープンソース

バックナンバー

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter