オープンソース活用研究所 | 主要シングルサインオン製品 5社徹底比較(2)

主要シングルサインオン製品 5社徹底比較(2)

オープンソース活用研究所

2016年05月17日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

2016年2月19日、株式会社アクシオによる『主要シングルサインオン製品 徹底比較』セミナーが開催されました。

株式会社アクシオは、シングルサインオンなどの統合認証基盤システム分野を15年間取り扱っており、100社超の導入実績を保有しています。本セミナーでは、実際に構築を行った技術者の声を紹介するなど、5つのシングルサイオン製品の比較が行われました。

第2回目のレポートは、シングルサインオン製品の比較についてご紹介します。

シングルサイオンについてのよくある誤解

講師がシングルサイオン構築の際によく遭遇するのは、「SSOの製品を導入すれば今ある業務アプリケーションは何もしなくてもシングルサイオンできるのですよね」と勘違いされることだそうです。提案の中で細かい話をしてゆくと提案が挫折してプロジェクトが頓挫してしまうこともあるそうです。

SSO製品が完全に保証するのは一つのIDとパスワードでログインする機能までです。つまり、統合されたログイン画面を提供するまでです。ログイン画面が用意されてIDとパスワードを入れて下さいという機能までです。

SSO製品とはあくまでも基盤を作るものであり、基盤に対してアプリケーションがどうやって連携するかについてはアプリケーション側で対応しなくてはなりません。またSSO製品で基盤を作るための考え方としては、基盤を作るだけの予算だけではなく、長期的にその基盤を活かしてゆくための予算をあらかじめ確保しておくことが必要だと講師は力説しました。

SSO製品選定のポイント

講師によると、SSO製品選定のポイントの第一は運用性です。導入はプロフェッショナルが行うので特に問題はないのですが、ユーザーに引き渡して運用するフェイズになると、運用性が低い製品の場合、なかなか基盤の展開が進まない状況になるそうです。

二番目のポイントはアプリケーションの移行性です。アプリケーションの移行が容易でないとSSOの基盤に連携できないといった状態になるそうです。

三番目のポイントはカスタマイズ性です。企業の独自要件を実現するために、カスタマイズのしやすさが製品を選ぶポイントになるそうです。

ところで、SSO製品選定のポイントとして機能という言葉はあまり使われません。その理由として講師は、SSOで使われている技術、例えばHTTPの技術、SAMLの技術、LDAP認証の技術などはグローバルに規格化されている技術で、ほとんどの製品が同じような機能を持っているからだと説明しています。よって製品間の機能面の差よりも作った後の使いやすさを重点的に見た方がよいそうです。

SSO製品の比較

そしてSSO製品の比較です。今回比較対象になったのは
「IceWall」
「GlobalSign シングルサインオン」
「Novel Access Manager」
「OpenAM」
「Oracle Access Manager」
「OneLogin」
です。

インストールが簡単なIceWall

比較対象製品の全てをインストールした事があるという講師によると、インストールや設定が圧倒的に簡単なのがIceWallです。用意しなければならないミドルウェアもApacheのHTTPサーバだけで、コマンドでインストールするだけで動くそうです。

IceWallで注意が必要なのは設定が全部テキストベースであることです。他の製品のようにWEBのGUIが用意されているわけではないため、GUIに慣れている場合若干戸惑わられるかもしれないそうです。

インストールが難しいOracle Access Manager

一方、インストールが難しいのがOracle Access Managerとのことです。講師によると、Oracle DBやWebLogicの知識がないとインストールが難しく、オラクルのコンサルタントの協力を得てもインストールに丸二日かかったそうです。

また、Oracle Access Managerは、Oracle DBとOracle WebLogicが必要になります。

Oracle Access Managerについて特筆すべき事として、Oracle Access ManagerはミドルウェアとしてOracle DBが必要ですが、これをユーザーデータベースとしては使うことができず、別途LDAP製品が必要になるとのことです。

次回では引き続き他のSSO製品について紹介していきます。

主要シングルサインオン製品 徹底比較 セミナー資料はこちら

https://majisemi.com/e/c/axio-20160219
OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【OSS】Fugue、AWS向けセキュリティ(コンプライアンス)チェックツール「Regula」をオープンソース公開---CI/CDツールと連携して動作(2020年01月23日 11:26)

「Regula」とは Regulaは、AWS環境において、展開前に「セキュリティ構成ミス」や「コンプライアンス違反の可能性」について、インフラストラクチャ定義ツール「Terraform」を使用して評価できるツール。 CI/CDパイプラインに統合することで、セキュリティおよびコンプライアンスの慣行に違反する可能性のあ...

関連オープンソース

バックナンバー

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter