オープンソース活用研究所 | 主要シングルサインオン製品 5社徹底比較(1)

主要シングルサインオン製品 5社徹底比較(1)

オープンソース活用研究所

2016年05月13日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

2016年2月19日、株式会社アクシオによる『主要シングルサインオン製品 徹底比較』セミナーが開催されました。

株式会社アクシオは、シングルサインオンなどの統合認証基盤システム分野を15年間取り扱っており、100社超の導入実績を保有しています。本セミナーでは、実際に構築を行った技術者の声を紹介するなど、5つのシングルサイオン製品の比較が行われました。

第1回目のレポートは、シングルサインオンの基礎についてご紹介します。

企業のIDを取り巻く現状

冒頭に企業のIDを取り巻く現状につき、キーマンズネットの2014年の資料を基にした説明がありました。理想的なのは一人のユーザーが1個のIDを使うことです。しかし、それを実現している企業は全体の3.4%に過ぎず、ほとんどの企業が2個以上、多いと11個ものIDが使いまわしされている状況です。

なぜユーザーはIDをなかなか集約しないのでしょうか。これはプロジェクトの状況が大きく関係しています。例えば、ID統合のプロジェクトにおいては、ADなどの全社的なプロジェクトの優先順位が高くなっていることがあります。利用頻度や利用人数が比較的少ないアプリケーションは後回しにされ、ID統合から取り残されてしまうという実態があります。

またコストの問題も背景にあります。構築プロジェクトが終わってしまうと、ID統合から残されたアプリケーションを認証基盤に統合していくことについて予算は付きません。2個3個のIDではそれほど不便ではないということもあります。また経営層にすれば「この間、多額の予算をかけて統合プロジェクトを行ったばかりではないか」などという話になります。この様にしていくつかのアプリケーションが残ってしまうという状況があります。

アクシオの取り扱い製品の推移

続いて、アクシオの取り扱い製品の推移についての説明がありました。2000年代の前半から後半にかけて当社が主に取り扱ってきたのはNovel Access Manager、RSA Access Managerの二つです。当社はもともとNovelのeDirectoryなどの販売を手掛けていて、eDirectoryとNovel Identity Managerとの組み合わせでNovel Access Managerを販売してきました。

2010年以降になると当社の主要取扱製品はOpenAM、IceWallにシフトしてきました。

シングルサイオンの二つの意味

続いて、シングルサイオンの二つの意味について解説がなされました。一つは、1つのIDとパスワードでログインするということ。もう一つは、一回ログインすれば色々な業務アプリケーションが使用できるということです。

ところで、SSO製品だけではその二つを満たすことは出来ず、IDMも一緒に導入してSSOを実現するのが実態とのことです。

シングルサインオンを実現する三つの基本構成

続けて、シングルサインオンを実現する三つの基本構成について解説が行われました。「リバースプロキシ型」「エージェント型」「ハイブリッド型」です。

「リバースプロキシ型」はリバースプロキシというサーバがユーザーからのアクセスをいったん受け付け、バックエンドのWEBサーバに流す仕組みです。Apacheのリバースプロキシ機能を使ったり、独自のCGIで開発したリバースプロキシのモジュールを使っているケースがあります。また、リバースプロキシがバックエンドのWEBサーバの代理となってコンテンツをユーザーに返すので、リバースプロキシで色々な加工をすることも可能です。

以前はリバースプロキシにサーバの負荷が集中するとして嫌煙されることもあったそうですが、最近はサーバのスペックが上がってきて問題にならなくなっているようです。またログが集中管理出来ることもリバースプロキシのメリットだそうです。

「エージェント型」は、ユーザーが実際にアクセスしているWEBサーバの中にSSOのエージェントをインストールする構成です。フィルター的な形でユーザーとサーバ間の通信を監視しているという位置づけです。

次回は、実際の製品の比較をご紹介致します。

主要シングルサインオン製品 徹底比較 セミナー資料はこちら

https://majisemi.com/e/c/axio-20160219
OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【OSS】Fugue、AWS向けセキュリティ(コンプライアンス)チェックツール「Regula」をオープンソース公開---CI/CDツールと連携して動作(2020年01月23日 11:26)

「Regula」とは Regulaは、AWS環境において、展開前に「セキュリティ構成ミス」や「コンプライアンス違反の可能性」について、インフラストラクチャ定義ツール「Terraform」を使用して評価できるツール。 CI/CDパイプラインに統合することで、セキュリティおよびコンプライアンスの慣行に違反する可能性のあ...

関連オープンソース

バックナンバー

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter