株式会社アクシオ | セミナーレポート:GMOグローバルサインのIAMソリューション ~理想的なアイディンティティ&アクセス管理~

セミナーレポート:GMOグローバルサインのIAMソリューション ~理想的なアイディンティティ&アクセス管理~

株式会社アクシオ

2016年03月30日
セキュリティーソリューション部 栗原 浩行

GMOグローバルサインは電子証明書の事業を中心に、世界10拠点とダイレクトな顧客3万人以上を保有。電子証明書を利用する場合、一般的にはIDやパスワードを利用していくサービスが多いので、必要性からIAMのソリューションを展開しているそうです。本セミナーでは、GMOグローバルサイオンが考える「理想的なアイディンティティ&アクセス管理」についての紹介がありました。

Identity for Everything

IoT(Internet of Things)やIoE(Internet of Everything)が話題の中で、GMOグローバルサインでは「世の中のすべてのモノにアインディンティを」をコンセプトとし、全てのものにIDを持つことを必要と捉えているそうです。また「アイデンティはオンラインセキュリティの基本」として、活動に取り組んでいると紹介がありました。

シングルサインオンの目的を大きく捉える

IDMソリューションやシングルサインオンでは、内部向きID、外部向きIDという言葉が良く使われます。GMOグローバルサインでは、それぞれの目的を大きく捉えています。

内部向きIDは社員の生産性を高め、外部IDは利便性の追求を目的とし、双方向へのアプローチが必要という説明がありました。

内部IDは、企業の社員が社内で利用する各種システムへログインするためのIDであり、外部IDとは、YahooのログインIDのようにウェブサービスのポータルへログインすると、様々なウェブアプリションへログインすることができるIDを意味しています。

適切な権限付与による生産性の向上

多くの企業では、社員は多くのIDを利用しています。パスワードを忘れたり、有効期限が切れた場合は、システム担当者へリセットを依頼する場合が多いケースが多いですが、これらのケースは双方の割く時間を考えると生産性を低下しているとし、解決策として以下のようなケースが紹介されました。

地方の営業所が短期アルバイト採用した場合の例
地方の営業所がイベントを開催するために短期アルバイトを採用することになった場合、アルバイトの利用するIDは事前に準備しておく必要があります。一般的には、営業所からシステム部門や総務部門に準備を依頼しますが、実際のところはオンタイムで準備することは難しい場合が多いのではないでしょうか。

であれば、営業所の所長が保有する権限の中で、アルバイトの業務範囲に限定したアカウントを作成する権限を持つと、システムや総務部門を巻き込む必要も無く、オンタイムにIDの準備をすることが可能となり、生産性の低下を回避することができます。

更なる利便性の追求 グローバルサインIAMソリューション

シングルサインオンと適切な権限付与によるID管理により生産性が向上することがわかりました。次に、外部IDと連携していくなどし更なる利便性の追求をしていくことについて紹介がありました。

グローバルサインのシングルサインオンソリューションの「GlobalSign SSO」は、Web SSOのIDプロバイダとして機能し、各種社内システムへのログインの他、Salesforceなどのクラウドサービスへ同一IDでログインができるそうです。シングルサインオンを中心とする様々な構造を持っていることから、先ほどの営業所の短期アルバイトのケースでは「GlobalSign Customer ID」を利用し、ユーザ登録権限を委任することで実現ができるそうです。

IDaaS 〜Identity as a Serviceの展開

最後に、現在、開発を進めているID管理とシングルサインオン機能をクラウドで提供する「IDaaS ~dentity as a Service」の紹介がありました。

製品導入では、ライセンや構築コストの比較や導入が大変ですが、クラウド型で提供することで、スムーズな導入と低コストの実現を目指しているそうです。

AcitveDirectory導入までは敷居が高かったり、ID管理の担当者が居ない企業には特に高いメリットになるのではないかと期待を持つことができました。

主要シングルサインオン製品 徹底比較 セミナー資料はこちら

https://majisemi.com/e/c/axio-20151113
OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

セキュリティーソリューション部 栗原 浩行

最新TOPICS

【講演資料を公開】09/07 総務省策定「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に準拠する 〜Active Directoryと連携したログイン制御による自治体の情報セキュリティ強靭化〜(2022年10月07日 09:15)

2022-09-07(水)15:00 - 15:55 「総務省策定「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に準拠する 〜Active Directoryと連携したログイン制御による自治体の情報セキュリティ強靭化〜」 と題したウェビナーが開催されました。 皆様のご参加、誠にありがとうございました。 **当日の資料は**以下から無料でご覧いただけます。 ...

関連オープンソース

FreeRADIUS(フリーラディウス)

  • 認証サーバ

FreeRADIUS(フリーラディウス)とは、オープンソースの高機能RADIUSサーバです。「RADIUS」はネットワーク上で「利用者認証」「権限付与」「利用状況記録」などを実施するための認証プロトコルであり、デファクトスタンダードとして広く使用されています。

Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)

  • 認証サーバ

Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)とは、Googleが開発している2段階認証(2要素認証)用トークンソフトウェアです。「SMSテキストメッセージ」「音声通話」「モバイルアプリ」などを使用して認証コードを送信/生成します。Googleサービスのみではなく、他社サービスの認証にも利用できます。

Vuls(バルス)

  • セキュリティソフト

Vuls(バルス)とは脆弱性スキャンツールです。脆弱性データベースから脆弱性情報を取得して、「Linux(FreeBSD)系OS」「各種ミドルウェア」「各種フレームワーク」などに対する脆弱性存在を検査し、詳細情報をレポーティングします。サーバにインストールされているソフトウェアに対する脆弱性存在チェックに利用できます。

WireGuard(ワイヤーガード)

  • ネットワーク系ツール

WireGuard(ワイヤーガード)とは、VPN(Virtual Private Network)ソリューションです。「Linuxカーネルツリーにマージ」「シンプル」「使いやすい」「数行のコードで簡単に実装」「ハイパフォーマンス」「学術研究をベースとして実装されている高いセキュリティ」などを特徴としています。

OpenLDAP(オープンエルダップ)

  • 認証サーバ

OpenLDAP(オープンエルダップ)とは、ディレクトリサービスを提供するオープンソースLDAPサーバです。サーバ間やシステム間で認証連携を行い、ユーザー情報データベースを統合管理することで、シングルサインオンを実現するための共通基盤となります。ディレクトリ情報の一元管理により、運用管理の作業負荷を大幅に削減し、セキュリティを強化できます。

OpenVAS(オープンバス)

  • セキュリティソフト

OpenVAS(オープンバス)とは、セキュリティチェック用脆弱性スキャンツールです。包括的で強力な脆弱性スキャンを行うことで脆弱性管理をサポートします。対象ホストのOSやソフトウェアに既知の脆弱性が含まれているかどうかについて自動でチェックを行い、詳細レポートを作成します。

Metasploit Framework(メタスプロイトフレームワーク)

  • ネットワーク系ツール

Metasploit Framework(メタスプロイトフレームワーク)とは、セキュリティ脆弱性テストフレームワークです。コンピュータセキュリティに関するオープンソースプロジェクトで、「情報収集」「脆弱性検出」「ペネトレーションテスト」などを主な守備範囲としています。

ClamAV(クラムエーブイ)

  • セキュリティソフト

ClamAV(クラムエーブイ)とはアンチウイルスエンジンです。さまざまな「ウイルス」「マルウェア」「悪意のある脅威」などを検出します。「ファイルスキャン」「電子メールスキャン」「Webスキャン」などエンドポイントセキュリティを含むさまざまな状況で利用できます。

Snort(スノート)

  • セキュリティソフト

Snort(スノート)はネットワーク型IDS(不正侵入検知システム)です。ネットワーク上を流れるパケットを解析して、不正パターンに合致するパケットを検知したら警告を発します。「パケットスニファ」や「パケットロガー」としても利用でき、豊富なアウトプットプラグインによる機能拡張が可能です。

OpenAM(オープンエーエム)

  • シングルサインオン

OpenAM(オープンエーエム)とは、オープンソースの認証ソリューションです。「認証」「アクセス認可」「フェデレーション」などの高機能を備え、シングルサインオン機能を提供します。商用製品と同等の機能が実装されており、「アクセス制御の統合/強化」「セキュリティ対策」「個人情報漏洩防止強化」などのメリットがあります。

Keycloak(キークローク)

  • シングルサインオン

Keycloak(キークローク)とは、WebアプリケーションおよびRESTfulWebサービス用のシングルサインオン機能を提供するアクセス管理ソリューションです。「シングルサインオン認証フレームワーク」+「管理コンソール」でシングルサインオン環境を構築するための一通りの機能を提供します。

Shibboleth(シボレス)

  • シングルサインオン

Shibboleth(シボレス)とは、シングルサインオン機能を提供するソリューションです。連合アイデンティティソリューションとして世界で広く展開されており、ユーザーを組織内外の両方のアプリケーションに接続します。

Nmap(エヌマップ)

  • ネットワーク系ツール

Nmap(エヌマップ)とは、ネットワークポートスキャナ(セキュリティスキャナ)であり、ネットワークの検出とセキュリティ監査を行います。

OpenVPN(オープンブイピーエヌ)

  • ネットワーク系ツール

OpenVPN(オープンブイピーエヌ)とは、オープンソースのVPN(Virtual Private Network)構築ソフトウェアです。「堅牢なセキュリティと安定性」が特徴です。

Gluu(グルー)

  • シングルサインオン

Gluu(グルー)とは、オープンソースの認証ソリューションです。アイデンティティおよびアクセス管理を行います。多くの認証プロトコルに対応しています。

WSO2 Identity Server(ダブルエスオーツー アイデンティティ サーバ)

  • シングルサインオン

WSO2 Identity Server(ダブルエスオーツー アイデンティティ サーバ)とは、シングルサインオンソリューションです。アプリケーション/API/クラウド/モバイル間で統合ID管理を行います。

LibreSSL(リブレ エスエスエル)

  • ネットワーク系ツール

LibreSSL(リブレ エスエスエル)とは、SSL/TLSプロトコルのオープンソース実装(通信用ソフトウェア)で、「OpenSSL」の派生改良版です。圧倒的シェアを持つが問題が多い「OpenSSL」を代替できるものとして期待されています。

OpenSSH(オープンエスエスエイチ)

  • ネットワーク系ツール

OpenSSH(オープンエスエスエイチ)。ネットワーク経由通信を暗号化する「SSH」のオープンソース実装です。おもにUNIX/Linuxサーバに対するネットワーク経由でのリモートログインに使用します。

OpenSSL(オープンエスエスエル)

  • ネットワーク系ツール

OpenSSL(オープンエスエスエル)。オープンソースSSL/TLS暗号化ライブラリです。世界中のWebサイトで圧倒的シェアを持っており、事実上の業界標準となっています。

Apache DS(アパッチディーエス)

  • 認証サーバ

Apache DS(アパッチディーエス)。オープンソースのLDAP(ディレクトリ)サーバです。「Apache Directory」プロジェクトで開発されています。

389 Directory Server(389ディレクトリサーバ)

  • 認証サーバ

389 Directory Server(389ディレクトリサーバ)。オープンソースディレクトリサーバです。「Fedora Directory Server」の後継で、商用製品の流れを受けており、ユーザフレンドリーなGUIツールの充実などが特徴です。

OpenIDM(オープンアイディーエム)

  • ID管理

OpenIDM(オープンアイディーエム)。高い柔軟性と拡張性を備え、エンタープライズ/クラウド/モバイル/ソーシャル/レガシーなど多様な環境において、ユーザアカウントのプロビジョニングとライフサイクルの一元管理を実現するID管理製品です。

LISM(リズム)

  • ID管理

LISM(リズム)。シンプルな使いやすさが特徴のID統合管理ソリューションです。

OpenDJ(オープンディージェー)

  • 認証サーバ

OpenDJ(オープンディージェー)。OpenAMに内蔵されており、先進的なレプリケーションアーキテクチャや「REST API」を搭載したLDAP準拠の高機能オープンソースディレクトリサーバです。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

総務省策定「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に準拠する 〜Active Directoryと連携したログイン制御による自治体の情報セキュリティ強靭化〜

サーバールーム・工場・プラントにおける「IPKVMの中央管理システム」構築と「遠隔操作のセキュリティリスク」最小化の両立 〜オペレーションセンターからのデータ持ち出し、情報漏洩を撲滅する〜

「とりあえず導入」したリモートアクセス環境を見直す ~「次世代型シンクライアント」でコストを抑えたセキュアで快適な業務環境を実現~

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter