オープンソース活用研究所 | LiferayのCE版とEE版、サポートはどこが違うのか?(前編)

LiferayのCE版とEE版、サポートはどこが違うのか?(前編)

オープンソース活用研究所

2016年01月20日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

2015年現在、世界で最も利用されているオープンソースのWebプラットフォームと呼べる「LIFERAY PORTAL」の提供形態には2種類があります。

オープンソースとして無償で利用が可能な「Community Edition」(以下、CE版と呼ぶ。)とオープンソースでありつつ企業での利用を念頭におき有償サポートサービスを提供する「Enterprise Edition」(以下、EE版と呼ぶ。)があります。CE版とEE版の大きな違いとなるサポートの内容を中心に、それぞれの特徴について紹介します。

インタビューア:株式会社オープンソース活用研究所 寺田雄一
インタビューイ:日本ライフレイ株式会社 大関ダニエル

Liferay社のエンジニアと直接コミュニケーションできる、EE版サポート

Q.CE版とEE版のサポートについての違いを教えてください。
A.
CE版のサポートといえば、コミュニティへ質問をして回答を期待するのみです。Liferayコミュニティに集う世界中の色々な人達からの質問や回答がLiferay.comを介して寄せられています。

これらは、LiferayファンやCE版を利用している人の集まり(コミュニティ)です。このコミュニティに参加して頂いて、情報を得ることが可能です。

一方、企業の運用などを念頭にしている場合、正式な回答やサポートが必要な場合は、EE版を利用することでエンタープライズレベルのサポートを利用できます。Liferay社のエンジニアと直接に会話をしながら問題の分析とか解決することができるのは大きなメリットです。
また、Liferayに関わる製品の仕様や使い方の説明が紹介されるカスタマーポータルを利用できるなど、様々な情報を利用することができます。

EE版サポートでは、通常コンサルティングとなる範囲まで提供

Q.サポートはどのように行われているのでしょうか?
A.
サポート用に、チケット・トラッキング・サービスを提供しおり、このサービスを介して、ユーザーが、どのような問題を抱えているかについて、Liferay社のエンジニアと会話をして問題の分析と解決を行います。 また、問題の分析だけではなく、「こんなサイトを立ち上げたいが、このような機能はありますか?」「このポートレットに興味をもっているのですが、どのように使うのですか?」といった、利用に関する相談も、Liferay社のエキスパートが回答を行います。

Q.利用に関する相談やパッチ作成はコンサルティング領域ではないでしょうか?
A.
Liferayのサポートでは、Liferayに関することは全てサポート範囲としています。「セキュリティフィックスのメールが届いたけど、これはどういう内容ですか?」「障害を発見したと思われるのですが調査してもらえますか?」といった質問に関しても、エンジニアがプロジェクトに関わるように調査や回答を行います。また、Liferayが場所を提供しているポートレットマーケット、MarketPlaceに出ているLiferay製のプラグインについても、利用シーンや機能を利用していく方法を紹介することが可能です。

個社の状況に合わせた「ホットフィックス」も提供

Q.サポートの大きなメリットを教えてください。
A.
エンジニアと直接の会話をしながら問題の分析と解決ができることは大きなメリットですが、さらに大きなメリットとして、Liferayに関する障害が見つかった場合、エンジニアが障害を修正するパッチを作成してホットフィックスとして提供を行います。それぞれのシステムの利用状況でサービスパックやパッチの適用状況が違ってきますので、利用状況に合わせて正常に動作するホットフィックスを個別に作成するなど、きめ細かいサポートを提供しています。

Q.問題が発生した時の障害調査は、どのように行っていますか?
A.
まず最初に、問題の発生したシステムの環境情報を提供いただき、ほぼ同じ環境の構築を行います。その後、障害が発生した手順の情報を提供いただき、構築した環境で障害が発生するかの手順を確認します。

次に、本来、期待するシステムの動作を明確にしていきます。動作を明確にすることにより、Liferayに起因する障害かを判断し、さらなる分析や情報収集を行っていきます。Liferayの障害と判断された場合は、修正に必要なパッチを作成しホットフィックスを提供します。

Q.提供されるパッチは、問題の発生したシステムの個別パッチなのでしょうか?
A.
未知の障害についてのパッチは個別のホットフィックスとして提供しています。こうして様々な利用において作成したホットフィックスをまとめたフィックスパックを作成し、既知の問題が発生しているユーザーに提供をしています。

また、さらに様々な機能のフィックスパックが入ったサービスパックを定期的に提供することで、他の利用者が発見した障害も解決されたバージョンを利用することができるため、効率的に安定したバージョンを利用することが可能です。

グローバルサポートで実現する、5営業日でのホットフィックス提供

Q.ホットフィックスが提供されるまで、どの程度の時間でしょうか?
A.
おおよそ5営業日くらいで提供できています。

Q.それはとても早い。なぜ早い提供ができるのでしょうか?
A.
様々な考え方がありますが、一つは、CE版を含め、世界中のユーザー利用している中で発生する問題を、グローバルで取り扱っていることがあげられると思います。

そして発生した問題の分析は、世界中の様々な地域と時間帯、色々な人の視点で取り組んでいるため、話を始めてみると次の日の朝には既に話が進んでいたり、ある程度ができあがっていたりすることなどもあります。グローバルなオープンソースであるからできる非常に強い点と思います。

Q.グローバルということですが、日本のサポート体制はいかがでしょうか?
A.
日本国内のサポートは全て日本語での会話の体制が整っています。グローバルのサポートセンター同士は、英語でコミュニケーションを行っており、解決策をシームレスに提示していける体制となっています。



OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【講演資料を公開】12/18 社内やクラウド(Office365、BOX、Salesforceなど)に散在する文書を、効率よく検索(2020年01月17日 09:15)

2019年12月18日(水)15:00~16:30 関東ITソフトウェア健保会館・会議室(大久保)にて「社内やクラウド(Office365、BOX、Salesforceなど)に散在する文書を、効率よく検索 ~加えて、ペーパーレスでスキャンした画像を、自動的にOCRして検索可能にする方法も解説~」と題したセミナーを開催しました。 当日は、OSSの全文検索システム「Fess」と、OSSのコンテンツ管...

関連オープンソース

バックナンバー

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter