SRA OSS, Inc. 日本支社 | 33種類以上のOSSをサーバ台数無制限でサポートする「OSSプロフェッショナルサポートサービス」が選択されている理由とは?(後編)

33種類以上のOSSをサーバ台数無制限でサポートする「OSSプロフェッショナルサポートサービス」が選択されている理由とは?(後編)

SRA OSS, Inc. 日本支社

2015年12月16日
SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部 マーケティンググループ 佐々木 宏一朗

33種類以上のOSSをサーバ台数無制限でサポートする「OSSプロフェッショナルサポートサービス」が選択されている理由とは?

SRA OSS, Inc. 日本支社が提供する「OSSプロフェッショナルサポートサービス」は、33種類以上のOSSをサーバ台数無制限でサポートします。今回は、本サービスがお客様に選択される理由とその事例について、2回シリーズでご紹介している中の2回目となります。

「情報セキュリティ企業B社」の場合

B社は、情報セキュリティに関するアプライアンス製品を開発、販売する企業です。

そのアプライアンス製品には、Apache、Tomcat、PostgreSQLが利用されています。アプライアンス製品なので、同じ構成の製品が大量に出荷されており、大量のサーバでOSSが稼働しています。一部、ZabbixやHinemosも利用されています。

このお客様のトラブルは性能問題でした。何らかの原因でサーバ全体のCPU負荷が上昇し、ApacheやTomcatが応答しなくなるという問題が発生していました。

最初に開発したエンジニアは既に退職

B社でも、有償のOSSサポートサービスは契約しておらず、自社エンジニアで対応していました。しかし最初にアプライアンスを開発したエンジニアは既に退職しており、技術情報が引き継がれていないという問題がありました。このため原因調査は難航しました。

まずは3ヶ月のお試しサポート

B社とは、もともとPostgreSQLのトレーニングでお付き合いがありましたので、トラブルについてご相談を頂きました。B社と相談した結果、まずは3ヶ月間だけお試しで、OSSプロフェッショナルサポートサービスをご利用いただくことにしました。

原因は各OSSの複合的な問題

当社で調査を進めていくと、原因はApacheやTomcatだけではなく、PostgreSQLとの接続部分を含めた複合的な原因で引き起こされることが分かりました。総合的な調査を進めた結果、無事問題を解決することができました。

余ったインシデントも有効的に活用

無事問題を解決でき、「OSSプロフェッショナルサポートサービス」はB社に高く評価して頂きました。現在は年間契約に切り替えて頂いています。

システムが安定している時には、たまにインシデントが余る場合もありますが、その際にはトレーニングに振り替えさせて頂くなど、柔軟に対応させて頂いております。

最後に

OSSプロフェッショナルサポートサービスの事例を2社ご紹介させて頂きました。如何でしたでしょうか。

繰り返しになりますが、OSSプロフェッショナルサポートサービスは、33種類以上のOSSをサーバ台数無制限でサポートする、画期的なサービスです。多数のOSSを、複数のサーバで稼働させているシステムにとっては、とてもメリットがあるサービスです。
また、

・まずは3ヶ月間だけ、お試しで契約できないか?
・追加でこんなOSSもサポートしてもらえないか?
・インシデントを他のサービスに振り替えてもらえないか?

といったご要望にも柔軟に対応させて頂いております。

OSSのサポートでお困りのお客様は、SRA OSSまでお気軽にお問合せ下さい。

※サービスの詳細、及びお問合せについては、以下URLをご参照下さい。

http://www.sraoss.co.jp/prod_serv/support/oss-pro-support.php
OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部 マーケティンググループ 佐々木 宏一朗

SRA OSS, Inc. 日本支社で、各種オープンソースのサポートサービスや構築サービス等の営業担当を務める。 入社時はエンジニアで、サポートサービスやサポートシステムの開発にも従事。技術経験を活かし、お客様に 最適なご提案を心がけています。

最新TOPICS

【講演資料を公開】11/15 「Oracleの次世代データベース「Autonomous Database」とは? ~Autonomousの解説と、Oracle Cloud 及びマネージドサービスの紹介~」(2019年12月15日 09:00)

2019年11月15日(金)15:30~新丸の内ビルディング14Fにて 「Oracleの次世代データベース「Autonomous Database」とは? ~Autonomousの解説と、Oracle Cloud 及びマネージドサービスの紹介~」 と題したセミナーが開催されました。 多数のお申し込みをいただき、開催前から本テーマへの関心度の高さを感じることができました。ありがとう...

関連オープンソース

バックナンバー

関連記事

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter