SRAOSSセミナーレポート(Hinemos) | クラウド時代の運用管理ツール「Hinemos Ver5.0」最新動向

クラウド時代の運用管理ツール「Hinemos Ver5.0」最新動向

SRAOSSセミナーレポート(Hinemos)

2015年07月08日
SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部 OSS技術グループ 主席エンジニア 兼 Sylpheed開発者 山本 博之 (やまもと ひろゆき)

2015 年 2 月 25 日 (水) に、当社主催にて「仮想化、クラウド、運用自動化へ、どのように対応するべきか OSS運用管理ツール(Hinemos、Zabbix)最新動向セミナー 2015春」を開催致しました。 今回は、本イベントにてNTTデータ 基盤システム事業本部 課長 大上 貴充 様にご講演いただいた「クラウド時代の運用管理ツール Hinemos 最新動向」についてご紹介致します。

(著者:SRA OSS山本博之)

Hinemosとは

Hinemos(ヒネモス)は、システム運用管理で要求される「ノード管理」、「状態監視」、「ジョブ制御」、「パフォーマンス管理」など、幅広い機能を備えたオープンソースの統合運用管理ソフトウェアです。

図1 Hinemosとは

ハイブリッドクラウド運用に必要な「見える化」と「自動化」を実現するため、高い信頼性が必要となるエンタープライズ領域でも安心してご活用いただくことができます。 さらに2015年5月には最新バージョン5.0がリリースされ、ますます機能が充実しています。

Hinemosは、多種多様な環境下での一元管理を実現します。

図2 Hinemosで管理可能なプラットフォーム

Red Hat Enterprise Linux、CentOS、Oracle Linux、Windows、Solaris、HP-UX、AIXといった各種OSのサーバだけでなく、VMware ESXi、KVM、XenServer、Hyper-V、Oracle VMなどのハイパーバイザ(仮想化OS)にも対応して監視運用を実現します。 さらに、Amazon Web Services、Cloudn、Microsoft Azureなどメジャーなパブリッククラウドにも対応しています。

監視ソフトとしての基本機能と運用自動化のためのジョブ管理

運用管理ツールの二大機能ともいうべき「監視」と「ジョブ」について、講演では解説がありましたが、本レポートは割愛させて頂きます。 Hinemosの機能については、以下のページをご参考頂ければと思います。
https://www.sraoss.co.jp/prod_serv/hinemos/

クラウド時代の運用管理

Hinemosのクラウド運用についてご紹介します。

図3 Hinemosのクラウドへの取り組み

時流に先駆けた2013年、Hinemosは、「Hinemosクラウド管理オプション」をリリースし、以来、積極的にクラウド運用の仕組みづくりに取り組んできました。 Hinemosとこのオプションを組み合わせることによって、オンプレミス環境、仮想環境、プライベートクラウド、そしてパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドクラウド環境の一元管理を実現しています。

Hinemosの特長は、プロダクトとしてパブリッククラウドの機能を実装しているところにあります。 つまり個別にクラウドサービスが公開しているスクリプトの作りこみをせずに、Hinemosさえ導入すれば、パブリッククラウドを含んだハイブリッドクラウド環境が実現するのです。

2014年に開催された「ITpro EXPO AWARD 2014」では、Hinemosが「マルチクラウド・オーケストレーションツール」として評価をいただき、優秀賞を受賞しています。

図4 マルチクラウド・オーケストレーションツール

「ITpro EXPO AWARD 2014」へ出展した際のデモ環境「マルチクラウド・オーケストレーションツール」とは、クラウド間を連携する機能を用いることで、マルチクラウド環境全体の運用を自動化するものでした。

アマゾンAWS、CloudN、マイクロソフトAzureという各クラウド環境にそれぞれシステムが付随しているという想定で、それぞれのクラウドが結合、連携しながら、ひとつの大きなシステムとなって自動的に運用管理するというデモンストレーションでした。

審査員からは机上の論ではなく、現場での再現性の高い方法でマルチクラウドを実現している点について評価をいただきました。

従来の運用とクラウド上での運用の違い

従来の運用とクラウド上での運用の違いについて、考察します。

従来は、サービス開始から更改時まで、ほぼ構成が変わらないシステムを運用し続けるという前提で、ハードウエアも将来を想定した構築を行いました。 運用管理についても、システム構成が変わらないことを前提に運用フローを設計していました。

図5 クラウド上に構築したシステムの特徴

クラウド上にシステムを構築する場合は、リソースが増減できること、従量課金制であることが最大の特徴になります。 リソースの増減でパフォーマンスがスケールするシステムでは、必要に応じてリソースを購入したほうが経済的になります。 また運用管理も、状態を把握しながら常にシステム構成を最適化できる運用フローが求められるようになりました。

クラウドならではの運用監視

クラウド上にシステムを構築する際の特徴を踏まえて、クラウドならではの運用監視について考えていきます。

図6 クラウドだから「何を」監視するべき? その1

クラウドでの運用は、「クラウドサービスそのものの正常性」 を監視する必要があります。 クラウドサービスそのものを監視することによって、障害発生時に、クラウド側の問題か、システム自体の問題かを切り分けることができます。

図7 クラウドだから「何を」監視するべき? その2

クラウドでの運用は、「クラウドサービスの利用コスト」 を監視する必要があります。

リソースが増減できるクラウドだからこそ、課金情報を把握することで、システムの全体的なコストダウンを図ることができます。 たとえばアマゾンのAWSでは、ビリング情報をAPIから取得できます。 Hinemosであれば、API経由で課金情報を取得することができ、しきい値を超えた場合に通知する設定を行えば、想定外のリソースの使い込みに気づけるようになり、コストの削減が可能です。

図8 応用: 課金配賦

たとえば、ひとつのクラウドサービスのアカウントで複数のサービスを運用する場合、課金はアカウントごとに行われるのが一般的です。この場合、「どのシステムで?」、「どのリソースを使って?」、「どれだけ料金が発生しているのか?」というシステムごとの明細がわかりにくい状況に陥ります。

Hinemosでは、ひとつのアカウント内に複数のシステムが混在している場合でも、システムごとに利用状況と課金情報を色分けしてコスト管理することができます。

図9 クラウドだから「何を」監視するべき? その3

クラウドでの運用は、「操作ログ」 を監視する必要があります。 簡単にリソースを変更できて、環境が柔軟に変えられるクラウドでは、「誰が」「どのような」変更を行ったかという状況を把握することが求められているからです。 予期せぬ操作、不正な操作を監視することで、クラウド運用のキーワードともいえる「セキュリティ」を盤石にします。

クラウドを活かす運用自動化

図10 クラウドのメリットを享受するための自動化 その1

柔軟な改変が可能なクラウドでは、システムの改変と運用管理ツールのなかの管理対象の情報を同期しておく必要があります。 Hinemosでは、アカウント情報を取り込むことで、動的なクラウド上のインスタンス情報を自動的に取得します。これにより、管理情報を常に最新の状態に保ちます。

図11 クラウドのメリットを享受するための自動化 その2

もろちんHinemosでは、作成されたインスタンスに応じて、監視とジョブを全自動で実行できます。

アマゾンのAWSでは、オートスケール機能を活用することで、特定の条件になるとインスタンスが自動的に起動するような設定が行うことができます。 たとえばWebサーバでHTTPレスポンスの監視を行い、APサーバで業務ジョブの実行を行っている場合、オートスケールが発生した時点で新しく追加されたインスタンス情報を取得し、自動的に運用が継続します。

図12 クラウドのメリットを享受するための自動化 その3

さらに攻めの自動化を行うには、リソースのコントロールを行うこともできます。

Hinemosでは、ジョブをスケジューリングすることで、IaaS環境のリソース制御を行うことができます。 監視時間外の不要なインスタンスは停止するといったように、業務特性に応じてシステム構成を制御することで、リソースを節約し、不必要な従量課金を見極めてコストダウンを図ることができます。

図13 クラウドのメリットを享受するための自動化 その4

Hinemosは、障害からの自動復旧も実現します。

HA構成(アクティブ-スタンバイ)という可用性を担保するオプションを組むことで、運用を自動的に継続することが可能になります。 このオプションはオンプレミス側に運用サーバを配置することも、クラウド上に運用サーバを立てることも可能です。 パブリッククラウド環境でも高可用性構成を組むことが可能なHinemosでは、データベースの内容は常に同期され、障害発生時には自動でフェイルオーバーを行います。

図14 Hinemosによるワンストップのクラウド運用

運用管理の「見える化」と「自動化」を実現するHinemosでは、クラウド上でのワンストップによる運用管理を推奨しています。

-サーバリソースの可視化
-サーバリソースの分析、管理
-サーバリソースの自動制御
-サーバシステム単位の課金分析

こういった運用管理にまつわるさまざまなタスクを、Hinemosというひとつのツールで実現することができます。


次のページへ続く

【次ページ】Hinemos 5.0の紹介

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部 OSS技術グループ 主席エンジニア 兼 Sylpheed開発者 山本 博之 (やまもと ひろゆき)

様々なオープンソースソフトウェアのサポート業務に従事。Hinemos は数年前から、 サポートや構築にかかわっている。現在、Hinemos を活用したクラウドサービスを開発中。 Hinemos認定プロフェッショナル保有。 学生時代から開発を継続している「Sylpheed」(シルフィード)というメールクライアントがある。

最新TOPICS

【講演資料を公開】3/17 AWSにおける運用設計のポイント(2021年04月16日 09:15)

2021/3/17「AWSにおける運用設計のポイント」と題したウェビナーを主催:東日本電信電話株式会社にて開催しました。 本セミナーでは、これからAWSを利用される方、既にAWSを利用しているがシステム運用に課題がある方に対して、オンプレミスのシステム運用との違いについて解説しました。さらに、AWSにおけるシステム運用についての「ベストプラクティス」や、「アンチパターン」についても解説してま...

関連オープンソース

JobScheduler(ジョブスケジューラ)

  • 運用管理・運用自動化

JobScheduler(ジョブスケジューラ)とは、ワークロード自動化ソリューションです。「実行可能ファイル」や「シェルスクリプト」などを起動し、データベースプロシージャなどの自動実行などに使用されます。「高可用性クラスタリング機能」や「ロードシェアリング機能」を利用可能で、エンタープライズレベルにも対応できます。

Polaris(ポラリス)

  • 運用管理・運用自動化

Polaris(ポラリス)とは、Kubernetesデプロイについて検証および実施するためのオープンソースツールです。クラスタ構成に対してさまざまなチェックを実行して、Kubernetesポッドとコントローラーがベストプラクティスを使用して構成されていることを確認し、将来の問題を回避するために役立ちます。

Chef(シェフ)

  • 運用管理・運用自動化

Chef(シェフ)とは構成管理(プロビジョニング)ツールです。インフラ環境構築を簡単に行うための各種機能が搭載されており、「ユーザー作成」「パッケージインストール」「設定ファイル編集」「システム各種設定」などの展開作業を自動化できます。「物理環境」「仮想環境」「クラウド環境」などの各種インフラ環境をサポートしています。

Spinnaker(スピネーカー)

  • 運用管理・運用自動化

Spinnaker(スピネーカー)とは、マルチクラウド継続的デリバリープラットフォームです。複数クラウドに対するデプロイやクラスタ管理を実施し、アプリケーションリリースについて高速かつ確実にリリースするためのインテリジェントな継続的デリバリープロセスを自動化できます。

SEC(Simple Event Correlator)

  • その他

SEC(Simple Event Correlator)とは、高度なイベント処理のためのイベント相関ツールです。「イベントログ監視」「ネットワーク監視」「セキュリティ監視」「不正検出」「イベント相関を含むその他のタスク」などに利用できます。単一プロセスとして実行され、プラットフォームに依存しない軽量ツールとして利用できます。

Embulk(エンバルク)

  • ログ管理

Embulk(エンバルク)とは、プラグ可能なマルチソースバルクデータローダーです。バルク処理に特化したプラグインベースのデータローダーで、大規模データセットのバルク転送を実施します。「データベース」「DWH」「NoSQL」「ファイル形式」「クラウドデータストア」などのデータ転送を強力にサポートします。

Activiti(アクティビティ)

  • ビジネスプロセス

Activiti(アクティビティ)とは、オープンソースのビジネスプロセス管理(BPM)プラットフォームです。軽量ワークフローを作成でき、プロセス自動化ニーズをサポートします。ビジネスエンドユーザー/開発者/システム管理者などを対象としており、自動化課題の解決を支援します。

Apache ZooKeeper(アパッチズーキーパー)

  • 運用管理・運用自動化

Apache ZooKeeper(アパッチズーキーパー)とは、分散環境運用サポートサービスを提供するコーディネーションエンジンです。各ノード(システム全体)を集中保守管理するための機能を提供します。「設定管理」「名前解決」「同期」「グループサービス」などの利用頻度の高いさまざまなサービスが用意されています。

Graphite(グラファイト)

  • 運用管理・運用自動化

Graphite(グラファイト)とは、高度にスケーラブルなエンタープライズ対応監視ツールで、リアルタイムグラフを作成できます。「Webサイト」「アプリケーション」「ビジネスサービス」「ネットワークサーバ」などのパフォーマンスを追跡し、時系列データの「保存」「取得」「共有」「視覚化」が可能です。

Zabbix(ザビックス)

  • 運用管理・運用自動化

Zabbix(ザビックス)とは、オープンソースの統合監視ツールです。統合監視ツールとして必要な機能を網羅的に搭載しており、「サーバ」「ネットワーク」「アプリケーション」などを高度に集中監視し、「障害検知」「アラート通知」「パフォーマンス可視化」などを行えます。システム全体を1つのZabbixで監視できます。

Puppet(パペット)

  • 運用管理・運用自動化

Puppet(パペット)とは、オープンソースの構成管理ツールです。「パッケージインストール」「サーバ構成更新」「ユーザー追加」などインフラストラクチャの管理を自動化するツールを提供します。「Linux」「UNIX」「Windows」をサポートし、システムの自動管理エンジンとして一元化された仕様に基づいて管理タスクを実行します。

NUT(ナット)

  • 運用管理・運用自動化

NUT(ナット)とは、電源デバイスを監視するために設計されたソフトウェアコンポーネントスイートです。「無停電電源装置」「配電ユニット」「ソーラーコントローラー」「サーバ電源ユニット」などの多くのブランドとモデルをサポートし、ネットワークプロトコルと標準化されたインターフェースを介して管理できます。

Graylog(グレイログ)

  • ログ管理

Graylog(グレイログ)とは、オープンソースのログ管理プラットフォームです。オープンスタンダードに基づいてさまざまなデータソースからデータを収集し、1つの中央ロケーションからデータ管理を行えます。セキュリティとコンプライアンスに関するニーズに対応できる包括的なログ管理ソリューションを構築できます。

Nagios(ナギオス)

  • 運用管理・運用自動化

Nagios(ナギオス)は統合監視フレームワークです。「サーバ」「ネットワーク」「リソース」「サービス」などの稼働状況を監視し異常時に通知を行います。Nagios本体は主に「プラグインのスケジューリング」「チェック結果保存」「チェック結果通知」「Webインターフェース提供」などを行い、実際の監視は各プラグインが実施する構造になっています。

Prometheus(プロメテウス)

  • 運用管理・運用自動化

Prometheus(プロメテウス)とは、システム監視および警告ツールキットです。柔軟なクエリとリアルタイムアラートを備えたHTTPプルモデルを使用して構築された時系列データベースにリアルタイムメトリックを記録します。時系列データに基づいたアクティブな「スクレイピング」「保存」「クエリ」「グラフ化」「アラート」を含む完全な監視および傾向分析機能を提供します。

Ansible(アンシブル)

  • 運用管理・運用自動化

Ansible(アンシブル)とは構成管理ツールです。多数の構築管理対象に対するアプリケーションとシステムの導入を容易にするシンプルなIT環境構築自動化プラットフォームです。「設定ファイルがシンプル」「使いやすい」「管理対象サーバへのエージェントソフトウェアインストール不要」など、最小限の手間で各種設定を自動化できる特徴があります。

fluentd(フルエントディー)

  • ログ管理

Fluentd(フルエントディー)とは、データコレクタ(ログデータ収集管理ツール)として、ログデータを収集しJSONに変換して出力する機能を提供します。「入力機能」や「出力機能」などはモジュール化されており、プラグインモジュールを追加することで、さまざまなデータソースや出力先に対応できます。

Grafana(グラファナ)

  • 運用管理・運用自動化

Grafana(グラファナ)とは、オープンソースのデータ時系列分析用ダッシュボードツールです。インフラやアプリケーションなどのさまざまなデータソースにアクセスして各種メトリクス情報を収集し、時系列データとして可視化できます。リッチなグラフ描画によって一目見ただけでリアルタイムにステータスを把握できます。

OTRS(オーティーアールエス)

  • ITIL管理

OTRS(オーティーアールエス)とは、「ヘルプデスク機能」+「ITIL対応運用管理機能」を備えるオープンソースの高機能チケット管理ソリューションです。会社や団体や組織などが「顧客から受け取った個々の問い合わせやクレーム」や「それに関連する対応履歴や各種事象など」を「チケット」と呼ばれる単位でまとめて効率的に管理できます。

Logstash(ログスタッシュ)

  • ログ管理

Logstash(ログスタッシュ)とは、Elastic社が提供するログ収集管理ツールです。サーバサイドデータ処理パイプラインとして、さまざまなデータソースからログを収集し、1つのサーバに集約する機能を提供します。多様なプラグインを使用して、どのようなタイプのイベント(ログ)にも対応できます。

Open-Falcon(オープンファルコン)

  • 運用管理・運用自動化

OpenFalconは、エンタープライズレベルに対応できる拡張可能なオープンソースの監視ソリューションです。

Kubernetes(クーベルネイテス)

  • 運用管理・運用自動化

Kubernetes(クーベルネイテス)とは、クラウドネイティブコンピューティング基盤のためのDockerコンテナ群管理フレームワークです。Dockerコンテナ群に対する各種管理機能を提供することで、アプリケーションコンテナを論理的な単位にグループ化し、管理性を向上させます。

FOG Project(フォグプロジェクト)

  • その他

FOG Project(フォグプロジェクト)とはオープンソースのコンピュータイメージングソリューションです。「OSイメージング(クローニング)機能」および「ネットワーク管理機能」を備えています。「Windows」「Mac OSX」「各種Linuxディストリビューション」などのデスクトップOSをサポートしています。

Bacula(バキュラ)

  • バックアップツール

Bacula(バキュラ)とは、オープンソースのバックアップ&リカバリソリューションです。複数OSが混在する異種ネットワークでのバックアップも可能であるため、エンタープライズレベルの統合的なバックアップシステムを構築できます。

Juju(ジュジュ)

  • 運用管理・運用自動化

Juju(ジュジュ)とは、アプリケーションモデリングによるデプロイツールです。パブリック(プライベート)クラウドおよびローカルコンテナに対して効率的な展開/構成/拡張/操作を行えます。

Hinemos(ヒネモス)

  • 運用管理・運用自動化

Hinemos(ヒネモス)とは、国産オープンソース統合運用管理ソリューションです。複数コンピュータ群を単一コンピュータのようなイメージで管理することを可能とします。

Beats(ビーツ)

  • 運用管理・運用自動化

Beats(ビーツ)とは、オープンソースデータ収集/転送プラットフォームです。Elastic社のプロダクト群で、サーバからあらゆる種類のオペレーショナルデータを収集して、Elasticsearch/Logstashなどに情報を転送します。

Camunda BPM(カムンダBPM)

  • ビジネスプロセス

Camunda BPM(カムンダBPM)とは、ワークフローおよび意思決定自動化プラットフォームです。

Xymon(シモン/サイモン)

  • 運用管理・運用自動化

Xymon(シモン/サイモン)とは、ネットワーク監視ツールです。サーバ/アプリケーション/ネットワークなどについてグラフィカルインターフェースでの監視を行えます。

Amanda(アマンダ)

  • バックアップツール

Amanda(アマンダ)とは、統合バックアップツールです。独自デバイスドライバ/ファイルフォーマットを使用していないため汎用的に利用できます。

Apache Maven(アパッチ メイヴン)

  • 運用管理・運用自動化

Apache Maven(アパッチ メイヴン)とは、Java用プロジェクト管理ツールです。不明瞭なソフトウェア開発プロジェクトをモデル化して、開発効率を高めます。

Draft(ドラフト)

  • 運用管理・運用自動化

Draft(ドラフト)とは、「Docker」コンテナデプロイサポートツールです。Microsoftが提供しています。「Kubernetes」クラスタ上へのデプロイと継続的インテグレーション機能を提供します。

Consul(コンサル)

  • クラスタリング

Consul(コンサル/コンスル)とは、クライアントサーバ型のクラスタ管理ツールです。同様ツール「Serf」よりも汎用的で、サービス検出(ヘルスチェック)用途などにも活用できます。

Serf(サーフ)

  • クラスタリング

Serf(サーフ)とは、非集中/分散型のクラスタ管理ツールです。対象サーバにバイナリを1つ配置して軽量エージェントを起動するだけで、手軽にクラスタを構成できます。

Packer(パッカー)

  • 運用管理・運用自動化

Packer(パッカー)とは、マシンイメージの自動生成/管理を行なうコマンドラインツールです。マシンイメージ作成に関するさまざまな問題を解決するためのサポートを行います。

Vagrant(ベイグラント)

  • 運用管理・運用自動化

Vagrant(ベイグラント)とは、仮想環境構築/共有ツールです。仮想化ツール(VirtualBoxなど)のフロントエンドラッパーとして機能し、数行のコマンドのみで簡単に仮想化環境を構築できます。

Itamae(イタマエ)

  • 運用管理・運用自動化

Itamae(イタマエ)とは、サーバ管理を自動化する構成管理ツールです。「Chef」ライクなRuby DSLで記述するツールで、必要最低限の機能のみを揃えており、非常にシンプルに使用できます。

Serverspec(サーバスペック)

  • 自動テストツール

Serverspec(サーバスペック)。サーバ状態のテスト自動化フレームワークです。UNIX/LinuxサーバとWindowsサーバに対応します。

CDIR Collector(シーディーアイアールコレクター)

  • インシデント管理

CDIR Collector(シーディーアイアールコレクター)。セキュリティインシデント初動対応時の適切なデータ保全をサポートするツールです。調査対象端末汚染を最小限に抑えながら安全にデータを収集します。

Apache Ant(アパッチアント)

  • 運用管理・運用自動化

Apache Ant(アパッチ アント)。ビルドツールです。複雑なコンパイル作業を自動化します。「XML記述」「Javaベースであるためプラットフォームに依存しない」などの特徴があります。

CuMAS(カマス)

  • ITIL管理

CuMAS(カマス)。オープンソースの問い合わせメール情報管理/運用システムです。受信メールを問い合わせ情報として登録し、進捗/対応状況の管理が可能です。

Pandora FMS(パンドラエフエムエス)

  • 運用管理・運用自動化

Pandora FMS(パンドラエフエムエス)。オープンソースの高機能統合監視ツールです。ネットワーク/コンピュータシステム/アプリケーション稼働状況などの監視を行います。

Hatohol(ハトホル)

  • 運用管理・運用自動化

Hatohol(ハトホル)。システム全体を一元的に監視する統合運用管理ツールです。複数の運用管理ツール(Zabbix、Nagiosなど)のハブとして統合的に機能します。

SyLAS(シラス)

  • ログ管理

SyLAS(シラス)。システムログを高速検索できるソフトウェアです。複数サーバログの一元管理も可能です。Webインターフェースから操作を行えます。

EasySCP(イージーエスシーピー)

  • 運用管理・運用自動化

EasySCP(イージーエスシーピー)とは、仮想ホスティングコントロールパネルです。Linux系サーバの各種管理/設定をサポートします。

Apache log4j(アパッチログフォージェイ)

  • ログ管理

Apache log4j(アパッチログフォージェイ)。オープンソースのJava プログラム用ロギングユーティリティ(API)。

バックナンバー

関連記事

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

「一人情シス」を助けるAWSのはじめ方(移行・セキュリティ・運用編)

AWSにおける運用設計のポイント

【Withコロナを生き抜く】ITIL準拠社内ヘルプデスクの実践活用法 ~DX時代に適したクラウド2.0ツールの選定のコツと 情報システム部門の在り方について~

  • オープソース書籍(サイド)

facebook

twitter