オープンソース活用研究所 | (採用ご担当者様)今なら間に合う!優秀なエンジニアを採用する、確実な方法とは

(採用ご担当者様)今なら間に合う!優秀なエンジニアを採用する、確実な方法とは

オープンソース活用研究所

2014年06月05日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

「2015年問題」で不足するITエンジニア

今、IT業界では、みずほ銀行のシステム統合プロジェクトや、マイナンバー制度による自治体のシステム改修などを始め、企業のシステム投資が増加していることから、エンジニアが大幅に不足しています。これは「2015年問題」とも「2020年問題」とも言われ、しばらくはこの状態が続くことが予想されます。

「転職エージェント」も苦戦

このような状況の中、従来は優秀な人材を採用するのに有効な手段であった「転職エージェント」も、なかなか人材を集めることができずに、苦戦をしています。

採用に成功している企業は「転職フェア」を活用している

このような状況でも、優秀なエンジニアを採用できているIT企業もあります。それらの企業は「転職フェア」を活用しています。

「転職フェア」は、転職を希望するエンジニアと、採用したい企業との、マッチングイベントです。 中でも、DODAの転職フェアは日本最大で、約1万人の転職希望者が会場に足を運びます。

また、転職希望者が事前に登録した情報を元にマッチングを行い、出展したIT企業に適した人材をそのブースに誘導する仕組みもあります。 さらには、出展したIT企業が、来場した転職希望者に「スカウトメール」を送ることも可能です。

このような仕組みで、出展したIT企業は1回で約50~100名程度の転職希望のエンジニアと、1対1で面談することができるため、とても効率的なのです。

OSSNewsとの連携で、優秀なOSSエンジニアを採用

さらに、DODAのWebサイトでの募集も並行して行うため、フェア当日だけではなく、数ヶ月間募集を継続することができます。

今回、DODA代理店である(株)オープンソース活用研究所を通して出展していただいたIT企業は、特別にOSSNewsサイトから出展したIT企業のDODAページに誘導します。 これによって、OSSに強いエンジニアを採用することが可能となります。




いますぐ、ご連絡を!

2014年10月のDODA転職フェアは、出展企業の募集を開始しましたが、おそらく1~2週間で埋まってしまう見込みです。 出展ご希望のIT企業は、いますぐ下記のリンク先のフォームから、件名に「転職フェア」と入れて、(株)オープンソース活用研究所までご連絡ください。


OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【PICKUP】Linuxコミュニティが選ぶ、人気プロジェクト投票結果---デスクトップLinux部門「Slackware」、サーバ部門「CentOS」(2017年02月22日 20:03)

Linux業界でも屈指の規模を誇るグループ「LinuxQuestions」で、 「Linuxディストリビューション」や「主要オープンソースプロジェクト」の人気投票が行われ結果が発表された。 【ポイント】 ・デスクトップLinux部門「Slackware」 ・サーバ部門「CentOS」 ・モバイルOS部門「Android」 ・オフィススイート部門「LibreOffice」 など ...

関連オープンソース

バックナンバー

関連記事

14

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

facebook

twitter