CLOSE UPコラム - 萩原秀明 - | 次世代のオープンソースERPの大本命!! iDempiere(アイデンピエレ)のご紹介

次世代のオープンソースERPの大本命!! iDempiere(アイデンピエレ)のご紹介

CLOSE UPコラム - 萩原秀明 -

2013年04月08日
株式会社オープンソース・ビジネスアプリケーションズ 萩原 秀明

1.オープンソース ERP iDempiereとは

iDempiere(アイデンピエレ)は、GPL(General Public License)のもと、無料で使用できるオープンソースのERPです。iDempiereは2012年11月1日にα(アルファー)版(※開発途中のものをテスト目的で配布する版)が公開され、2013年2月現在、β(ベータ)版(※正式版リリース直前段階の評価版)として開発が進められており、2013年の春から夏先に向けて正式版が公開される予定です。
オープンソースの活用領域は、Linuxに代表されるOS部分から、MySQLやPostgreSQLに代表されるミドルウェア部分に移り、現在は業務アプリケーション領域にまで拡大しています。そのオープンソースの業務アプリケーション領域におけるERP分野で現在デファクトスタンダードと言える存在なのはADempiere(アデンピエレ)というソフトですが、次世代のデファクトスタンダートとなる可能性が一番高いのがiDempiereです。
まだβ(ベータ)版のiDempiereに対して、なぜ次世代のオープンソースERPのデファクトスタンダードとなる可能性が一番高いと言い切れるのか、その理由はiDempiereの歴史と実装されている機能、今後の展開を知ると理解できます。

2.iDempiereの歴史

iDempiereの歴史は1999年に始まります。iDempiereには前身にあたるソフトが2つ存在し、1つが現在オープンソースERPのデファクトスタンダードとなっているADempiereで、もう1つがCompiere(コンピエール)というソフトです。1999年はCompiereがオープンソースのERPとして公開された年になります。

Compiereはソースコードの公開後、開発コミュニティーと、開発の中心人物であったヨルグ・ヤンケ (Jorg Janke)氏が設立したComPiere社(※社名を表すCompiereは"P"を大文字にするのが慣習)が中心になって開発が進められます。Compiereは2002年から4年間、SourceForge(※オープンソースのソフトウェア開発のためにデータの保管と各種サービスを提供しているサイト)のTOP10プロジェクトにランキングされ、2006年には100万ダウンロードを達成するなど、オープンソースのERPとして注目を集めます。しかし、2006年にComPiere社がベンチャーキャピタルから出資を受けると、Compiereは商業化を強く模索するようになります。このComPiere社の商業化の方針に異を唱えた開発コミュニティーのメンバーが2006年にCompiereから分離して、CompiereをもとにしてADempiereの開発を始めます。

商業化に舵を切ったCompiereは求心力を失い、ComPiere社は2010年6月にConsona社に買収され、そのConsona社は2012年8月に、CDC Software社と合併してAptean社となっています。ERPソフトとしてのCompiereは現在も存在していますが、オープンソースとして提供されているのは2009年に公開されたバージョン3.3までで、これ以降2013年2月現在の最新バージョン3.8に至るまでソースコードは公開されていません。今後も最新バージョンのソースコードが公開されるかどうかは不明であり、CompiereにはオープンソースのERPとしての発展は期待できない状況です。

Compiereの商業化後、注目を集めたのがADempiereです。ADempiereは、オープンソースとしての精神を大切にしながら開発が進められ、Compiereに代わってオープンソースERPのデファクトスタンダードになっていきます。

オープンソースとしての精神を大切にして開発が進められ、ある一定の成功を収めたとも評価できるADempiereですが、開発コミュニティーの内部はその開発方針により2分されて行きます。一方は業務アプリケーションとの性質を重んじなるべく不具合の無い状況でソースコードをコミットしようと考える開発グループと、一方はオープンソースとしての性格を利用し、不具合はソフトの利用者が発見し報告してくれれば良いとして、それほど品質の良くないソースコードもリポジトリにコミットしようとする開発グループです。

そして2011年頃、前者のグループに属する開発者の少数がADempiereを独自に開発しはじめ、OSGi(※プラグイン構造を実現するための仕様)の概念をプラスしたiDempiereに発展して行きます。今ではADempiereのトップコミッターの多くがiDempiereに移行して開発が行われており、iDempiereは実質的にADempiereの後継となるオープンソースのERPとなっています。


次のページへ続く

【次ページ】iDempiereの機能と今後

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

株式会社オープンソース・ビジネスアプリケーションズ 萩原 秀明

コンサルタント兼エンジニアとして大手商用ERPの導入/開発に4年ほど、Compiereの導入/開発に3年半ほど携わる。業務面では会計分野が得意。

最新TOPICS

【講演資料を公開】9/19 VBマイグレーション最新事例セミナー 住友金属鉱山様に学ぶ!WindowsレガシーシステムのVBマイグレーションシナリオ(2019年10月19日 09:15)

2019年09月19日(木)14:30~17:00 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター にて「VBマイグレーション最新事例セミナー 住友金属鉱山様に学ぶ!WindowsレガシーシステムのVBマイグレーションシナリオ」と題したセミナーが開催されました。 当日は、VBレガシーをどうするかについて、とるべきいくつかのアクションについてVBマイグレーションの専門家が解説しました。また、株式会社シス...

関連オープンソース

moodle(ムードル)

  • eラーニング

Moodle(ムードル)はオープンソースのeラーニングプラットフォームです。LMS(Learning Management System)としての強力な機能を備えており、煩雑な学習状況の管理や採点をサポートし、より高い水準でのeラーニングの提供を可能とします。

Evergreen(エバーグリーン)

  • その他

Evergreen(エバーグリーン)は、図書館向けのエンタープライズクラス統合管理システムです。図書館の規模や複雑さに関係なく対応できる拡張性を特徴としています。「図書館スタッフ用図書資料管理サポート機能」や「利用者用図書資料検索機能」などを提供します。

Canvas LMS(キャンバスLMS)

  • eラーニング

Canvas LMS(キャンバスLMS)とは、オープンソース学習管理システム(LMS:Learning Management System)です。学習教材配信管理や成績管理など、学習に必要な各種要素を統合して管理できます。世界中の多くの学校で採用されています。

Odoo(オドゥー)

  • オフィススイート

Odoo(オドゥー)とは、オープンソースのWebベースビジネスアプリケーションスイートです。必要となるさまざまなアプリを組み合わせてカスタマイズすることで、ビジネスにフィットするアプリケーションスイートにすることができます。世界中で3700万人を超えるユーザーによって利用されています。

Vtiger CRM(ブイタイガーシーアールエム)

  • CRM

Vtiger CRM(ブイタイガーシーアールエム)とは、オープンソースのCRM/SFAを中心とするビジネス管理スイートです。「営業管理」「マーケティング管理」「サポートサービス管理」「顧客管理」などの幅広い領域をカバーして企業の営業力を向上できます。

MosP(モスプ)

  • 人事給与/勤怠

MosP(モスプ)とは、「勤怠管理」「人事管理」「給与計算」機能を提供するWebアプリケーションです。日本製であり日本の法令やビジネス慣習に的確に対応できるため日本企業が安心して利用できるプロダクトです。

LibreOffice(リブレオフィス)

  • オフィススイート

LibreOffice(リブレオフィス)とは、「Microsoft Office」と同等の機能を持つ、オープンソース高機能オフィススイート製品です。一般的なLinuxディストリビューションのデフォルトオフィススイートになっており、世界で多くのユーザーが利用しています。

OnlyOffice(オンリーオフィス)

  • オフィススイート

OnlyOffice(オンリーオフィス)とは、「オンラインオフィススイート機能」+「各種オンラインコラボレーション機能」を提供する多機能ポータルです。

Sakai(サカイ)

  • eラーニング

Sakai(サカイ)とは、オープンソースの教育用ソフトウェアプラットフォーム(学習管理システム)です。

OSSカレンダー(オーエスエスカレンダー)

  • グループウェア

OSSカレンダーはシンキングリード社が企業での利用を想定して開発されたスケジュール管理アプリケーションです。また、日本の企業が開発を行っているため日本での利用がしやすいのが特徴です。

Mautic(マウティック)

  • マーケティングオートメーション

Mautic(マウティック)。オープンソースのマーケティングオートメーションツールです。クラウドでもオンプレミスでも導入可能な点が特徴です。

F-RevoCRM(エフレボシーアールエム)

  • CRM

F-RevoCRM(エフレボシーアールエム)は、高機能なオープンソースCRMアプリケーションとして世界中で活用されているvtigerCRMをベースに、日本の企業文化に合わせシンキングリード社が独自にカスタマイズを行ったフリー&オープンな高機能CRMアプリケーションです。

BudgetRunner(バジェットランナー)

  • 予算管理

BudgetRunner(バジェットランナー)。中小企業向け経営管理サポートを実現するための予算編成製品です。

SugarCRM(シュガーシーアールエム)

  • CRM

SugarCRM(シュガーシーアールエム)。オープンソースCRM(顧客関係管理)/SFA(営業管理)ソリューションです。顧客情報/営業案件情報などを管理し営業活動をサポートします。

iDempiere(アイデンピエレ)

  • ERP

iDempiere(アイデンピエレ)。OSGi、Buckminster、ZK Web UI6.0、Java7などの最新アーキテクチャを採用した、ADempiereの後継の高機能ERPパッケージ

ADempiere(アデンピエレ)

  • ERP

ADempiere(アデンピエレ)。販売管理、購買管理、在庫管理、生産管理、人事給与管理、財務会計などの高機能ERPパッケージ。

Apache OpenOffice(アパッチオープンオフィス)

  • オフィススイート

Apache OpenOffice(アパッチオープンオフィス)。「Microsoft Office」と同等の機能を持つ、オープンソース高機能オフィススイート製品。

バックナンバー

関連記事

  • Zabbixカンファレンス2019

facebook

twitter