AI・人工知能

AI(人工知能)とは


「AI(人工知能)」とは、『人間の知能を必要とするタスクを実行できるスマートマシンの構築に関係するコンピューターサイエンスの幅広い分野』を指す言葉です。


AIは、複数のアプローチを備えた学際的サイエンスですが、「機械学習」と「ディープラーニング」の進歩により、テクノロジー業界のほぼすべてのセクターでパラダイムシフトが生じています。


AIテクノロジーをビジネス環境に統合すると、さまざまなメリットがもたらされます。


オープンソースAIフレームワーク


AI開発においては、さまざまなフレームワークが存在しており、多くのAIフレームワークは、オープンソース(OSS)として開発者に無償で提供されています。


比較的経験の浅い開発者でも、「AIツール」「フレームワーク」「ライブラリ」「ドキュメント類」などを活用することで、実践的なAIモデルを構築できます。


AIトレーニング


これらの自動化ツールは、「自然言語処理」「機械学習」「データ分析」「音声認識」などの先進的な機能を使用して、人間の知能として機能し、理解→分析→行動→進化するようにトレーニングできます。


オープンソースAIフレームワークは、開発者が「データセットを考えて管理」「フィードバックループを維持しながらパターン発見」を繰り返すことで、より優れた可視性を提供できます。

関連OSS情報

BERT(バート)

    BERT(バート)とは、自然言語処理(NLP)タスクの事前トレーニング手法です。事前トレーニングされたBERTモデルを1つの追加出力レイヤーで微調整することで、「質問応答」や「言語推論」などの幅広いタスクに対応する最先端のモデルを作成できます。Google Researchが中心となり開発が進められています。

Caffe(カフェ)

    Caffe(カフェ)とは、オープンソースのディープラーニングライブラリです。画像認識に特化しており、「高速動作」「GPU対応」「洗練されたアーキテクチャ/ソースコード」「開発コミュニティが活発」などの特徴があります。C++/Python/MATLABなどで使用できます。

Chainer(チェイナー)

    Chainer(チェイナー)とは、日本製の深層学習フレームワークです。ニューラルネットワークを誤差伝播で学習するライブラリで、Pythonで柔軟に記述し学習させることができます。特徴として「柔軟性」「直感的」「高機能」の3つを掲げています。

DSSTNE(デスティニー)

    DSSTNE(デスティニー)。ディープラーニングライブラリです。Amazonがオープンソース公開したもので、スパース(疎)データに強いという特徴があります。

Eclipse Deeplearning4j(イクリプスディープラーニングフォージェイ)

    Eclipse Deeplearning4j(イクリプスディープラーニングフォージェイ)とは分散型深層学習ライブラリです。「Java」「JVM(Java仮想マシン)」「各種アルゴリズム」をサポートします。

H2O(エイチツーオー)

    H2O(エイチツーオー)とは、オープンソースの分散型インメモリマシン機械学習プラットフォームです。

Keras(ケラス)

    Keras(ケラス)とは、Python実装の高水準ニューラルネットワークライブラリです。「TensorFlow」「Microsoft Cognitive Toolkit」「Theano」上で実行できます。

Microsoft Cognitive Toolkit(マイクロソフトコグニティブツールキット)

    Microsoft Cognitive Toolkit(CNTK)(マイクロソフトコグニティブツールキット)とは、Microsoftが提供するオープンソースの「統合ディープラーニングツールキット」です。※CNTKは消極的開発段階に入っており、「ONNX」の利用が推奨されています。

MXNet(エムエックスネット)

    MXNet(エムエックスネット)とは、フル機能のディープラーニングフレームワークです。最先端のディープラーニング技術「畳み込みニューラルネットワーク(CNN)」「長短期メモリネットワーク(LSTM)」などをサポートしており、AWSが公式サポートを表明したことで大きな注目を集めています。

Pylearn2(パイラーンツー)

    Pylearn2(パイラーンツー)とは、数値計算ライブラリ「Theano」ベースのオープンソースディープラーニングライブラリです。

scikit-learn(サイキットラーン)

    scikit-learn(サイキットラーン)とは、Pythonのオープンソース機械学習ライブラリです。機械学習アルゴリズムを幅広くサポートしており、「分類回帰クラスタ分析」「ニューラルネットワーク」「サポートベクターマシン」「ランダムフォレスト」「k近傍法」などを手軽に実装できます。

TensorFlow(テンソルフロー)

    TensorFlow(テンソルフロー)とは、Googleの機械学習/ディープラーニング/多層ニューラルネットワークライブラリです。データフローグラフを使用したライブラリで複雑なネットワークを分かりやすく記述できます。高い汎用性により研究レベルから実プロダクトにまで活用できます。

Theano(テアノ)

    Theano(テアノ)とは、Python用数値計算ライブラリです。「コンピュータ代数システム」と「最適化コンパイラ」の機能を有しており、多次元配列を含む数式について「定義」「最適化」「評価」が可能です。ディープラーニング計算処理でよく利用されています。

Torch(トーチ)

    Torch(トーチ)とは、「機械学習ライブラリ」および「科学計算フレームワーク」です。GPUを活用する機械学習のための幅広いアルゴリズムを提供します。「ディープラーニング」や「コンボリューショナルネット」などのニューラルネットワーク技術に特化しており、「シンプルプロセス」「最大限の柔軟性とスピード」などを特徴としています。

最新TOPICS

【講演資料を公開】6/29 ビッグデータ処理のデータベースとして MySQL HeatWave が最適な理由 〜AWS Aurora/Redshift、GCP BigQuery との性能&コスト比較〜(2022年07月29日 09:15)

2022-06-29(水)16:00 - 17:00 「ビッグデータ処理のデータベースとして MySQL HeatWave が最適な理由 〜AWS Aurora/Redshift、GCP BigQuery との性能&コスト比較〜」 と題したウェビナーが開催されました。 皆様のご参加、誠にありがとうございました。 当日の資料は以下から無料でご覧いただけます。 ご興味のある企業さま、ぜひ...

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

よくある失敗事例から学ぶ、データ分析の理想と現実 「私の会社でもデータ活用できるの?」という疑問に答える、自社に合ったデータ活用のはじめ方

データサイエンス専門集団が実践する医療ビッグデータ活用支援 〜 医療ビッグデータ、活用できていますか!? 〜

FAXやメールで来る大量の注文書を、自動的に受注システムに投入する ~マスターデータとの突合、データの確認・修正まで~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter