オープンソース活用研究所 | LIFERAYのCE版とEE版、サポート以外での違いは?後編

LIFERAYのCE版とEE版、サポート以外での違いは?後編

オープンソース活用研究所

2016年03月28日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

前回に引き続き、CE版とEE版との違いについて、さらに掘り下げていきたいと思います。
今回は、コンサルティングサービスについて、聞いていきます。

インタビュアー:株式会社オープンソース活用研究所 寺田雄一
インタビュイー:日本ライフレイ株式会社 並木幸太
       :日本ライフレイ株式会社 高田景之

EE版だからこその、充実したコンサルティングサービス

Q.コンサルティングサービスについて教えていただけますか?

A.一番多くご提供しているのは、Kick-StartパッケージとGo-Liveパッケージです。

Kick-Startパッケージではプロジェクトの初期段階で、効率的なリスクの少ない開発計画を実現するための要件レビューや設計支援を行います。要件を整理したりプロジェクトの進め方について議論したりします。システムの規模により、2~4週間かけて実施し、お客様の要件に対する解決方法の提案を行います。また、要件ごとの対応も可能です。例えばお客様が必要としている機能は、どのポートレットを使ってカスタマイズすると良いかなど、LIFERAYでのベストプラクティスをアドバイスします。

一方Go-Liveパッケージでは、ローンチ前の重要なタイミングでご支援します。パフォーマンステストとチューニングの専門家が、各種の設定をチューニングしながらパフォーマンスや安定性を向上させていきます。

この2つがお客様に最もご利用いただいているサービスです。

Kick-StartパッケージとGo-Liveパッケージでは共通した支援内容が含まれるため、Kick-Startを4週間など長めに実施するとGo-Liveは2週間程度の短期間で済むケースもございます。メニューはパッケージ化されていますが、プロジェクトの規模によっては必要な日数が増減することがあります。

その他には、アップグレードのサポートや、オンデマンドでコンサルティングも行っています。オンデマンドコンサルティングでは、「この部分を手伝ってほしい」というお客様のご要望に合わせて内容をカスタマイズした支援です。

Q.例えば権限まわりのコンサルティングは難しくはないですか?

A.あるお客様のKick-Startパッケージでロール設計についてヒアリングさせていただいたのですが、その想定だと将来的にロールの数が無限に増えていきますよという話になりました。そしてロール数が増えていくとパフォーマンスに影響が出てきますから、一からロールを設定し直しましょうという結果になりました。最初の設計フェーズで対応出来たので、今では特に大きな問題もなく運営されているようです。

サイトというものは次々に新しいコンテンツや機能、仕組みが追加されてくるので、それぞれのサイト管理者の権限もどんどん変わってきます。サイトが大きくなっていくほど破綻するリスクが膨らんでくるのがロールの設定だと思います。初めにある程度の規模を想定しておいて、それ以上になったらロールを再設定するといった線引きが大切です。

また、Javaは使えるけれどLIFERAYは使ったことがないというお客様でも、我々のコンサルタントがご支援させていただくことで、プロジェクト全体を通して大体3ヶ月位でスキルトランスファーが行えて、システムの基礎が出来上がった状態からその後の開発・運用をスムーズに行えるようになります。一方、とりあえず無償のCE版を使ってみようというような場合、LIFERAYに馴染みのない方が基本的な知識のないままに基礎の部分を作ってしまうと、あとあとトラブルになるケースが多いようです。つまり、極論するとEE版とCE版の違いは、しっかりした基礎の上に家を建てるかそうでないかの違いになります。

Q.最近はプロジェクトをまずはスモールスタートさせるお客様が多いです。最初の設計が間違っていて、それが複製されて増殖すると最終的には大変なことになります。そういうリスクを考えるとやはり初めが肝心なのですね。ところでKick-Startパッケージではエンジニアへのトレーニングも提供されるのですか?

A.Kick-Startパッケージではなく、オンデマンドのメニューとして提供されます。

Q.それはKick-Startパッケージに含まれている、開発のベストプラクティスの提供とは別なのですね?

A.はい、「ベストプラクティスの提供」であって開発方法論そのものをお教えするわけではないので、それとは別に必要なトレーニングの受講をお勧めしています。いずれにせよ、Kick-StartパッケージもGo-LiveパッケージもEE版のお客様だけに提供しています。また、トレーニングもEE版をベースにしていますので、EE版を使っていただく大きなメリットになると思います。

Q.パフォーマンスチューニングについてですが、Go-Liveではなく、例えば運用開始してから一年後に突然パフォーマンスが落ちたといった場合にも対応していただけますか?

A.その場合は、必要なサービス内容だけをオンデマンドで提供させていただきます。

事例紹介

Q.最後に、LIFERAYの最近の導入事例を教えて下さい。

A.昨年11月のLIFERAYシンポジウム(米国、シカゴ)で発表された、ヒューレッド・パッカード・エンタープライズ(以下、HPE)様の事例をご紹介します。HPE様は全世界174ヶ国で25万のパートナーを抱え、パートナーのユーザー数は65万に達していました。その膨大なユーザーが7つの別々のポータルサイトを利用していましたが、ポータルサイトは10年以上前のテクノロジーをベースに構築され、使い勝手も良くありませんでした。ユーザーガイドも56ページに達し、ユーザーのフラストレーションも相当なものでした。

同社はポータルサイトのアプローチを再検証し、社内の情報を社外に発信していたインサイドアウト型から、パートナーなど外部の情報を社内に取り込むアウトサイドイン型に転換することを決め、そのパートナー向けポータルサイトをLIFERAYで再構築しました。再構築のプロジェクトは2013年7月に開始され、データ戦略・統合、コンテンツ・UX、ビルドのフェーズを含めても、開始からわずか半年後にはパートナーによるプレビューが行われ、その2か月後にはベータ版がローンチされました。そしてその3か月後、プロジェクト開始からわずか1年後に、全世界のパートナーに向けてグローバルローンチすることができたのです。

HPユニゾン・パートナー・ポータルと名付けられた新ポータルサイトは、ユーザーに非常に好評です。シンプルなインターフェースで、且つ必要なコンテンツへ簡単にアクセスできるため、パートナーから高い評価を得ています。

HPユニゾン・パートナー・ポータルのユーザーの92%は週に数回利用し、83%が毎日複数回利用しています。旧ポータルサイトに比べ、訪問者数が49%増加しました。利用満足度も大幅に増加し、新ポータルサイトを活用しているユーザーのビジネス機会獲得率は、使ってないユーザーの17倍にも達しています。パートナーの気づきは広がり、より多くの収益をパートナーにもたらしつつ、運用コストは逆に低下させることに成功しました。今ではHPE様における最も「クリティカル」なシステムの1つとされ、1時間のシステム停止で30万ドル(日本円で約3,600万円)の損失が生じると試算されています。

Q.それは素晴らしい効果ですね!ぜひ紹介させてください。本日はどうもありがとうございました。

A.ありがとうございました。

日本ライフレイのセミナー講演資料はこちら

https://majisemi.com/e/c/liferay-20160304
OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【OSS】ファイル同期/共有ソフトウェア「Nextcloud 11」リリース---「ownCloud」からのフォークプロジェクト(2016年12月19日 11:03)

nextcloudは、12月13日(現地時間)、 ファイル同期/共有ソフトウェア「Nextcloud 11」をリリースした。 【Nextcloudとは】 ・オープンソース ・「ownCloud」プロジェクトからフォークしたプロジェクト 【ポイント】 ・セキュリティ関連強化 ・Kerberos認証サポート ・「Content Security Policy(CSP)」「Sam...

関連オープンソース

Nextcloud(ネクストクラウド)

  • ドキュメント管理

Nextcloud(ネクストクラウド)とは、オンラインストレージ機能を提供するサーバソフトウェアです。同様製品である「ownCloud」からフォークしたプロジェクトが主要な開発を行っています。

baserCMS(ベーサーシーエムエス)

  • ポータル/CMS

baserCMS(ベーサーシーエムエス)。「日本人が日本人のために開発している」国産CMS(コンテンツマネージメントシステム)です。CakePHPで実装されており、主にコーポレートサイト向きに設計されています。

Concrete5(コンクリートファイブ)

  • ポータル/CMS

Concrete5(コンクリートファイブ)。ブラウザから直感的にサイトの運営管理が行えるCMSです。人気/シェアともに高まってきている注目のCMSです。

Movable Type Open Source(ムーバブルタイプオープンソース)

  • ポータル/CMS

Movable Type Open Source(ムーバブルタイプオープンソース)。CMS製品です。静的出力の仕組みにより比較的安価なサーバで大量のアクセスに対応しやすい特徴があります。

Geeklog(ギークログ)

  • ポータル/CMS

Geeklog(ギークログ)。セキュアなオープンソースCMSです。一般的サイト/グループウェアサイト/高機能ポータルサイトなどを構築できます。日本語版が充実している点が特徴です。

WordPress(ワードプレス)

  • ポータル/CMS

WordPress(ワードプレス)。オープンソースCMS(Contents Management System、コンテンツ管理システム)です。シンプルで直感的な操作性、ユーザビリティの良さ、Web標準設計準拠構造、自由度/拡張性の高さなどを評価され、全世界で多くの人々に利用されている人気のCMSです。

ownCloud(オウンクラウド)

  • ドキュメント管理

ownCloud(オウンクラウド)。専用サーバー環境に構築可能し、セキュアにファイル共有するためのオープンソースのオンラインストレージ。

Aipo(アイポ)

  • グループウェア

Aipo(アイポ)。ウェブブラウザから利用するグループウェア。

Liferay(ライフレイ)

  • ポータル/CMS

liferay(ライフレイ)。オープンソースの企業情報ポータル

Joomla!(ジュームラ)

  • ポータル/CMS

Joomla!(ジュームラ)。サイト構築や運営を、パワフルに、拡張的に、一元的に管理できる特徴を持つCMS(Content Management System、コンテンツ管理)ソリューションです。

Drupal(ドゥルーパル)

  • ポータル/CMS

Drupal(ドルーパル)とは、米ホワイトハウスやNASAにも導入実績があるほどの堅牢なアーキテクチャを誇る、オープンソースCMS(Content Management System)です。

Alfresco(アルフレスコ)

  • ドキュメント管理

Alfresco(アルフレスコ)。世界中で数多くの導入実績を誇る企業向けコンテンツ管理システム。

バックナンバー

関連記事

6

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

facebook

twitter